小林 順 (コバヤシ ジュン)

KOBAYASHI Jun

写真a

所属

薬学部 医療栄養学科

職名

教授

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1

研究室電話番号

049-271-7223

研究室FAX番号

049-271-7223

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1996年03月   浜松医科大学 )

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 浜松医科大学   医学部   医学科   卒業

    - 1981年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年07月 - 1994年03月   トロント小児病院 心血管研究所   Reserch Fellow

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学   薬学部   教授

    2002年04月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養食糧学会

    2002年04月 - 現在

  • 日本NO学会

    2002年04月 - 現在

  • 日本薬学会

    2002年04月 - 現在

  • 日本循環器学会

    1994年07月 - 現在

  • 日本小児科学会

    1981年04月 - 現在

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nitric oxide bioavailability for red blood cell deformability in the microcirculation: A review of recent progress. 査読あり

    Jun Kobayashi, Kazuo Ohtake, Isamu Murata, Kunihiro Sonoda.

    Nitric Oxide,   129   25 - 29   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.niox.2022.09.004

  • Salvianolic acid B improves the survival rate, acute kidney dysfunction, inflammation and NETosis‑mediated antibacterial action in a crush syndrome rat model 査読あり

    Isamu Murata, Tsugumi Sugai,Yumiko Murakawa,Yoshiaki Miyamoto, Jun Kobayashi, Yutaka Inoue, Ikuo Kanamoto

    Experimental and Therapeutic Medicine   23 ( 5 )   2022年05月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPAMDIDOS PUBLICATIONS  

    Crush syndrome (CS) is a potentially lethal condition characterized by muscle cell damage resulting from decompression following compression. Patients with CS can develop cardiac failure, kidney dysfunction, shock, systemic inflammation and sepsis. Salvianolic acid B (SalB) has cardiac and kidney protective effects and anti‑oxidative, anti‑inflammatory, anti‑apoptotic and anti‑bacterial properties. The present study aimed to demonstrate the survival benefit of SalB in the CS rat model, which comprised anesthetized rats with bilateral hindlimb compression by a rubber tourniquet for 5 h. The rats examined were randomly divided into four groups: i) Sham; ii) sham treated with SalB; iii) CS rat model without treatment; and iv) CS rat model treated with SalB. Under continuous monitoring and recording of arterial blood pressures, blood and tissue samples were collected for biochemical analyses at designated timepoints before and after reperfusion. SalB administration improved the survival rate, kidney function (by treating shock and metabolic acidosis) and inflammation (by reducing mitochondrial dysfunction and endothelial damage). Reduced incidence of cardiac failure due to hyperkalemia was associated with reduced muscle injury via the prevention of mitochondrial dysfunction. Additionally, indirect antibacterial action by the neutrophil extracellular trap system (NETs) was observed. SalB administration to the CS rat model led to a substantial improvement in survival following CS by decreasing kidney and cardiac dysfunctions, inflammation, and endothelial dysfunction by improving the mitochondrial function and through antibacterial effects via NETs.

    DOI: 10.3892/etm.2022.11249

  • Beneficial Effects of Dietary Nitrite on a Model of Nonalcoholic Steatohepatitis Induced by High-Fat/High-Cholesterol Diets in SHRSP5/Dmcr Rats: A Preliminary Study 査読あり

    Kunihiro Sonoda,Yuka Kono,Kazuya Kitamori,Kazuo Ohtake,Sachiko Shiba,Keizo Kasono and Jun Kobayashi

    International Journal of Molecular Sciences   23 ( 6 )   1 - 16   2022年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    Nonalcoholic steatohepatitis (NASH) is a chronic liver disease that leads to liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma. Endothelial dysfunction caused by hepatic lipotoxicity is an underlying NASH pathology observed in the liver and the cardiovascular system. Here, we evaluated the effect of dietary nitrite on a rat NASH model. Stroke-prone, spontaneously hypertensive 5/Dmcr rats were fed a high-fat/high-cholesterol diet to develop the NASH model, with nitrite or captopril (100 mg/L, each) supplementation in drinking water for 8 weeks. The effects of nitrite and captopril were evaluated using immunohistochemical analyses of the liver and heart tissues. Dietary nitrite suppressed liver fibrosis in the rats by reducing oxidative stress, as measured using the protein levels of nicotinamide adenine dinucleotide phosphate oxidase components and inflammatory cell accumulation in the liver. Nitrite lowered the blood pressure in hypertensive NASH rats and suppressed left ventricular chamber enlargement. Similar therapeutic effects were observed in a captopril-treated rat NASH model, suggesting the possibility of a common signaling pathway through which nitrite and captopril improve NASH pathology. In conclusion, dietary nitrite attenuates the development of NASH with cardiovascular involvement in rats and provides an alternative NASH therapeutic strategy.

    DOI: 10.3390/ijms23062931

  • Lifestyle-mediated nitric oxide boost to prevent SARS-CoV-2 infection: A perspective. 査読あり 国際誌

    Jun Kobayashi

    Nitric Oxide   115   55 - 61   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    The severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) has spread worldwide and has seriously threatened public health by causing significant morbidity and mortality. Patients with coronavirus disease (COVID-19) with preexisting endothelial dysfunction caused by aging, diabetes, hypertension, and obesity are at high risk for life-threatening thromboembolic complications. This suggests a possibility that reduced endothelial nitric oxide (NO) production and NO bioavailability could be a common underlying pathology for the progression of COVID-19. Increasingly, evidence from experimental and clinical studies of SARS-CoV-2 infection shows that NO inhibits the pathogenesis of COVID-19, including virus entry into host cells, viral replication, host immune response, and subsequent thromboembolic complications. Restoring NO bioavailability may have the potential to be a preventive or early-treatment option for COVID-19. This review aims to provide in-depth discussion of NO bioavailability to prevent SARS-CoV-2 infection, particularly by focusing on lifestyle factors such as nitrate-rich diets, physical exercise, and nasal breathing, which could be easily performed on a daily basis to boost NO bioavailability.

    DOI: doi: 10.1016/j.niox.2021.08.001

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8340570/

  • Letter to the editor: Effects of inhaled nitric oxide in COVID‐19‐induced ARDS–Is it worthwhile? 査読あり 国際誌

    Jun Kobayashi

    Acta Anaesthesiologica Scandinavica   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: DOI: 10.1111/aas.13961

    その他リンク: https://www.researchgate.net/publication/353468132_Letter_to_the_editor_Effects_of_inhaled_nitric_oxide_in_COVID-19-induced_ARDS_-_Is_it_worthwhile

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Health Benefits of “Well Chewing” during Meals via Enterosalivary Nitrate–Nitrite–Nitric Oxide Pathway 査読あり 国際共著

    Jun Kobayashi( 担当: 共著 ,  範囲: Perspective of Recent Advances in Medical Research Vol. 8)

    BP International  2023年01月  ( ISBN:978-81-19039-29-6

     詳細を見る

    総ページ数:138   担当ページ:91-99   記述言語:英語   著書種別:学術書

    DOI: 10.9734/bpi/pramr/v8

  • Nitric Oxide Bioavailability and Insulin Resistance: An Overview 査読あり 国際共著

    ( 担当: 単著)

    2022年10月  ( ISBN:978-93-5547-807-8

     詳細を見る

    担当ページ:79-95   著書種別:学術書

    DOI: 10.9734/bpi/capr/v8/4440A

  • An Overview on NO-Rich Diet for Lifestyle-Related Diseases

    Jun Kobayashi、Kazuo Ohtake, Hiroyuki Uchida( 担当: 共著)

    B P International  2021年02月 

     詳細を見る

    担当ページ:39-61   記述言語:英語   著書種別:学術書

  • Nutrition Reviews 日本語版の『栄養学レビュー』最新刊  特集 硝酸塩摂取と健康:最新知見

    小林順、大竹一男、薗田邦博( 担当: 共著)

    女子栄養大学出版部  2020年05月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:学術書

  • Top 5 Contributions in Food and Nutrition、2nd Edition, Chapter: NO-Rich Diet for Lifestyle-Related Diseases

    Kobayashi J, Ohtake K, Uchida H( 担当: 共著)

    Avid Science  2020年 

     詳細を見る

    担当ページ:2-45   記述言語:英語   著書種別:学術書

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度栄養関係功労者厚生労働大臣表彰

    2021年09月   厚生労働省   栄養士養成功労者

    小林順

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第34回日本小児循環器学会 肺高血圧症シンポジウム

    1998年07月   日本小児循環器学会  

    小林順

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第44回日本心臓病学会学術集会 主演題 優秀賞

    1996年09月   日本心臓病学会  

    小林順

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • The Award of Medical Research Council of Canada Fellowship.

    1991年07月   カナダ政府  

    Jun Kobayashi

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 簡易型一酸化窒素発生装置を用いたラットクラッシュ症候群モデル救命治療に関する研究

    2021年09月 - 2023年08月

    城西大学  2021年度学長所管研究 

    村田 勇、小林順、石原伸輔(国立研究開発法人物質・材料研究機構)

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    簡易型一酸化窒素(NO)発生装置を用いた災害現場でのクラッシュ症候群救命治療に関する研究。ラットモデルを使いNO吸入療法による治療効果並びに、他の注射用薬剤との併用による相加的、相乗的治療効果を検討すし、実用化に繋げる。

  • 胃液及び胃組織中のニトロソ化タンパク質の分析とその生理的機能変化に関する研究

    2002年04月 - 2003年03月

    平成14年度研究奨励金(共同研究) 

    小林順、内田博之、大竹一男

  • 肺動脈選択性一酸化窒素供与体による実験的肺高血圧症治療への応用

    1999年04月 - 2000年03月

    母子健康協会  母子健康協会第11回医学助成研究 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    原発性肺高血圧症の治療は静注用プロスタグランデン製剤が中心となっているが、高価なこと副作用の点から、NO製剤の期待がある。しかし吸入用NOは、その毒性から医薬品として認められておらず、在宅などでの使用に制限がある。我々は静注用NOドナーとしてのGSNOの有効性を他のNOドナーと比較し、実験的肺高血圧症モデルを使って、証明した。さらに肺で選択的にガス状一酸化窒素を放出するメカニズムについても検討した。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 静電霧化微粒子水の生体へのNO作用に関する寄付金

    寄附者名称:松下電工株式会社 2009年04月

  • ニトロソ化蛋白検出法の確立のための寄付金

    寄附者名称:日産化学工業株式会社 2007年04月

 

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 栄養関係功労者厚生労働大臣表彰

    2021年08月   厚生労働省

    受賞者:小林順

     詳細を見る

    多年にわたる栄養士養成に貢献した功績

  • 平成30年度埼玉県栄養関係功労者知事表彰

    2018年05月   埼玉県

    受賞者:小林順

     詳細を見る

    多年にわたり栄養士養成と栄養士の資質向上に尽力し県民の食生活改善に寄与した功績

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本小児肺循環研究会   会長  

    2003年02月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • Is that a Blue Miracle? What do we know about Viagra and COVID-19? Did it really saved life? インターネットメディア

    You Tube (https://www.youtube.com/watch?v=7-hKNd9x6uM)  2022年01月

  • The Unexpected Dangers of Mouthwash インターネットメディア

    You Tube (https://www.youtube.com/watch?v=moKsVeL6sZs)  2022年05月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Topic editor for ”Nitrite and Nitric Oxide in Life” 国際学術貢献

    役割:監修, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    Biology, Biomedicined, Current Issues in Molecular Biology, IJMS,J Mol Biol, life)  2022年 - 2023年

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • Guest editor for “Nitric Oxide Biosynthesis Pathway and Nitric Oxide Signaling in Human Diseases” 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 学術調査立案・実施, 査読

    International Journal of Molecular Sciences  2022年 - 2023年

  • Guest editor of the special issue on "Nutrients and Nitrite" 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 学術調査立案・実施

    Internationa Journal of molecular science   2020年 - 2022年

  • Associate editor 国際学術貢献

    役割:監修, 審査・評価

    Immunoendocrinology   2015年 - 現在

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • A member of editorial advisory board 国際学術貢献

    役割:査読

    Journal of Nutritional Medicine and Diet Care   2015年 - 現在

     詳細を見る

    種別:査読等 

全件表示 >>