植村 武史 (ウエムラ タケシ)

UEMURA Takeshi

写真a

所属

薬学部 薬学科

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医薬学) ( 2005年03月   千葉大学 )

  • 学士(薬学) ( 2000年03月   東邦大学 )

  • 修士(臨床薬学) ( 2000年03月   千葉大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 老化

  • ポリアミン

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬系衛生、生物化学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 東邦大学   薬学部   薬学科   卒業

    1996年04月 - 2000年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学   薬学研究科   先進医療科学専攻博士課程   博士課程   修了

    2002年04月 - 2005年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学   薬学研究科   医療薬学専攻博士前期課程   修士課程   修了

    2000年04月 - 2002年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月 - 2012年03月   アリゾナ大学アリゾナがんセンター   博士研究員

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 京都府立医科大学   大学院医学研究科   大学等非常勤研究員

    2014年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学   大学院薬学研究院   大学等非常勤研究員

    2014年10月 - 2021年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 株式会社アミンファーマ研究所   主任研究員

    2014年10月 - 2021年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 京都府立医科大学   大学院医学研究科   助教

    2012年04月 - 2014年09月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • アリゾナ大学   アリゾナがんセンター   研究員

    2007年10月 - 2012年03月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

    2019年04月 - 現在

  • American Society for Biochemistry and Molecular Biology

    2019年02月 - 現在

  • 日本ポリアミン学会

    2010年06月 - 現在

  • 日本生化学会

    2004年04月 - 現在

  • 日本薬学会

    2002年04月 - 現在

取得資格 【 表示 / 非表示

  • TOEIC(730点~)

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Correlation of polyamines, acrolein-conjugated lysine and polyamine metabolic enzyme levels with age in human liver. 査読あり

    Uemura Takeshi, Akasaka Yoshihisa, Ikegaya Hiroshi

    Heliyon   6 ( 9 )   e05031 - e05031   2020年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The polyamines spermidine, spermine and putrescine are essential for normal cellular functions. The contents of polyamines in tissue decreased in aged mice compared to young mice. In this study, the polyamine contents and their metabolic byproduct acrolein-conjugated lysine (N (ε)-(3-formyl-3,4-dehydropiperidino)-lysine, FDP-Lys) in human liver tissue were measured and analyzed the correlation with age of the subjects. The putrescine and FDP-Lys levels were significantly increased with age. On the other hand, spermine level was decreased with age. Spermidine did not significantly correlate with age. The relative amount of spermine oxidase (SMOX) significantly correlated with the age of subjects whereas ornithine decarboxylase (ODC) and adenosylmethionine decarboxylase (AMD1) significantly reduced by the age. Our results suggested that an increase in oxidation and reduction in polyamine synthesis may cause the change of polyamine profile in the elderly.

    DOI: 10.1016/j.heliyon.2020.e05031

    PubMed

  • A search for acrolein scavengers among food components 査読あり

    Uemura T, Uchida M, Nakamura M, Shimekake M, Sakamoto A, Terui Y, Higashi K, Ishii I, Kashiwagi K, Igarashi K.

    Amino Acids   2023年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nα-(5-Fluoro-2,4-dinitrophenyl)-L-leucinamide-derivatized LC/MS/MS Analysis of Amino Acid Enantiomers in HepG2 Cells 査読あり

    Takano Y, Takahashi M, Kobayashi M, Uemura T, Furuchi T.

    Chromatography   42 ( 3 )   143 - 149   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Structural change and degradation of cytoskeleton due to the acrolein conjugation with vimentin and actin during brain infarction. 査読あり

    Uemura Takeshi, Suzuki Takehiro, Ko Kenta, Nakamura Mizuho, Dohmae Naoshi, Sakamoto Akihiko, Terui Yusuke, Toida Toshihiko, Kashiwagi Keiko, Igarashi Kazuei

    Cytoskeleton (Hoboken)   77 ( 10 )   414 - 421   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have found recently that dendritic spine extension is inhibited through acrolein conjugation with α- and β-tubulin proteins during brain infarction. In this current study, we looked for other acrolein-conjugated proteins in the 100,000g precipitate fraction, to clarify how cytoskeleton structure is modified by acrolein. Acrolein-conjugated proteins were sought from acrolein-treated mouse FM3A and Neuro2a cells and from tissues isolated from mouse brain infarction. It was found that vimentin was conjugated with acrolein, and the conjugated amino acid residue was Cys328, which is the only Cys residue in vimentin. It was also found that Cys207, 257, 285, and Lys118 in actin, another cytoskeleton protein, were conjugated with acrolein. The structure and localization of vimentin and actin filaments were changed greatly in infarct brain in photochemically induced thrombosis model mice and in acrolein-treated Neuro2a cells. In addition, degradation of cytoskeleton proteins was accelerated in the order vimentin > tubulin > actin in mouse brain infarction. These findings indicate that a dysfunction of the cytoskeleton by acrolein is strongly involved in the tissue damage during brain infarction, together with the apoptosis caused by glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase and protein degradation by matrix metalloproteinase-9.

    DOI: 10.1002/cm.21638

    PubMed

  • Urinary Amino Acid-Conjugated Acrolein and Taurine as New Biomarkers for Detection of Dementia 査読あり

    Yoshida M, Uemura T, Mizoi M, Waragai M, Sakamoto A, Terui Y, Kashiwagi K, Igarashi K.

    J Alzheimers Dis.   2023年01月

     詳細を見る

    担当区分:第二著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Aging associated change in polyamine metabolism 招待あり 国際会議

    Takeshi Uemura, Yuka Yokota, Miki Matsunaga, Yoshihisa Akasaka, Koichi Takao, Hiroshi Ikegaya, Takemitsu Furuchi

    Sixth International Conference on Polyamines: Biochemical, Physiological and Clinical Perspectives  2022年09月  Enzo Agostinelli

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年09月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tivoli, Rome   国名:イタリア共和国  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 博慈会 ダ・ビンチ賞

    2018年11月   博慈会  

    植村武史

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 加齢によるスペルミン分解活性化機構解明と新規抗老化物質の創出

    研究課題/領域番号:22K11860  2022年04月 - 2024年03月

    基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • タンパク質翻訳合成およびアミン類代謝経路の補正による抗老化機構の解明

    研究課題/領域番号:22H03515  2022年04月 - 2024年03月

    基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • ポリアミンが誘導するリピート病の発症機構とその制御による病態抑制効果の解明

    研究課題/領域番号:22K07357  2022年04月 - 2024年03月

    基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

 

担当経験のある科目(本学以外) 【 表示 / 非表示

  • 中毒学

    機関名:警察学校

  • 医学研究方法概論

    機関名:京都府立医科大学

  • 分析化学III

    機関名:千葉大学

  • 法医学

    機関名:京都府立医科大学

  • 法医学実習

    機関名:京都府立医科大学

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本ポリアミン学会   企画運営委員会委員、学会誌編集委員  

    2014年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会