坂本 武史 (サカモト タケシ)

SAKAMOTO Takeshi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

有機化学、医薬品化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1985年03月

    城西大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1986年03月

    城西大学  薬学系研究科  薬品製造化学  修士課程  中退

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年09月
    -
    2006年08月

    パデュー大学   客員教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   教授  

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    城西大学   薬学部   准教授  

  • 2006年10月
    -
    2010年03月

    城西大学   薬学部   助教  

  • 1986年04月
    -
    2006年09月

    城西大学   薬学部   助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ化学会

  • 1989年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 化学系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • フェルラ酸誘導体の効率的合成法の確立と生物活性の評価

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

    生物活性を有するフェルラ酸誘導体の分子設計、合成、生物活性の評価

  • 脱芳香化型酸化反応によるスピロシクロヘキサジエノンーラクタム環の合成と応用

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2013年04月  -  継続中

    超原子価ヨウ素試薬を用いて種々のアザスピロ環化合物の効率的な合成法の開発と生物活性の検討

  • HIV-1非核酸系逆転写酵素阻害剤アルケニルジアリールメタン類の開発

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2006年10月  -  継続中

    非核酸系逆転写酵素阻害剤としてのアルケニルジアリルメタン類の分子設計と阻害活性の検討

  • N-アルコキシアミド及びN-アルコキシイミドイルハライドの化学

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1992年04月  -  継続中

    N-アルコキシアミド類の反応性の検討と医薬品化学への応用

論文 【 表示 / 非表示

  • Protective effects of ferulic acid against chronic cerebral hypoperfusion-induced swallowing dysfunction in rats

    ・ Asano T., Matsuzaki H., Iwata N., Xuan M., Kamiuchi S., Hibino Y., Sakamoto T., Okazaki M.

    International Journal of Molecular Sciences     2017年  [査読有り]

    共著

  • Abnomalities in the Metabokisum of Fatty Acids and Triacetylglycerols in the Liver of the Goto-Kakizaki Rat: A Model for Non-Obese Type 2 Diabetes

    Minako Karahashi, Yuko Hirata-Hanta, Kohei Kawabata, Daisuke Tsutsumi, Misaki Kametani, Nanako Takamatsu, Takeshi Sakamoto, Tohru Yamazaki, Satoshi Asano, Atsushi Mitsumoto, Yoichi Kawashima, Naomi Kudo

    Lipid     2016年  [査読有り]

    共著

  • Fatty Acid β-Oxidation Plays a Key Role in Regulating cis-Palmitoleic Acid Levels in the Liver

    Kohei Kawabata, Minako Karahashi, Takeshi Sakamoto, Yukiho Tsuji, Tohru Yamazaki, Mari Okazaki, Atushi Mitsumoto, Naomi Kudo, Yoichi Kawashima

    Biological and Pharmaceutical Bulletin     2016年  [査読有り]

    共著

  • Systematic evaluation of methyl ester bioisosteres in the context of developing alkenyldiarylmethanes (ADAMs) as non-nucleoside reverse transcriptase inhibitors (NNRTIs) for anti-HIV-1 chemotherapy

    Ayako Hoshi, Takeshi Sakamoto, Jun Takayama, Meiyan Xuan, Mari Okazaki, Tracy Hartman, Robert W. Buckheit, Jr., Christophe Pannecouque, Mark Cushman

    bioorganic & medicinal chemistry     2016年  [査読有り]

    共著

  • Oxidative De-aromatic Cyclization of N-Substituted Benzanilide Derivatives: Conformational Effect of Amide Groups on the Reaction

    Kousuke Hayashi, Jun Takayama, Meiyan Xuan, Misaki Suda, Hiroyuki Teramae, Takeshi Sakamoto

    Heterocycles     2016年

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎有機化学問題集 第2版

    西出喜代治, 片岡貞, 廣田耕作 (担当: 共著 )

    廣川書店  2017年

  • 化学構造と薬理作用 医薬品を化学的に読む 第2版

    柴崎正勝, 赤池昭紀, 橋田充, 西出喜代治, 佐々木茂貴, 栄田敏之 (担当: 共著 )

    廣川書店  2015年

  • 基礎有機化学問題集

    廣田 耕作, 西出 喜代治, 片岡 貞 他 (担当: 共著 )

    廣川書店  2014年

  • パートナー薬品製造学改訂第2版

    野上靖純, 田口武夫, 長普子 他 (担当: 共著 )

    南江堂  2012年

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規フェルラ酸誘導体FAD012の虚血性脳障害抑制メカニズムに関する基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  岡崎 真理

研究発表 【 表示 / 非表示

  • MALDI-TOFMS PMF解析用マトリックスとしてのフェルラ酸誘導体の評価

    ・ 加藤 洋介, 松田 千代子, 辻村 和搏, 玄 美燕, 高山 淳, 岡崎 真理, 坂本 武史, 広澤 成美, 坂本 安

    日本薬学会第137年会  2017年03月  -  2017年03月   

  • 慢性脳低灌流ラットにおいてフェルラ酸誘導体FAD012は黒質線条体ドパミン神経系を保護し嚥下反射機能を改善する

    ・ 浅野 昂志, 松崎 広和, 岩田 直洋, 林 浩輔, 玄 美燕, 坂本 武史, 日比野 康英, 岡崎 真理

    日本薬学会第137年会  2017年03月  -  2017年03月   

  • CF3置換オキサジアゾールを有するADAM誘導体の合成と抗HIV-1活性の評価

    ・ 星 絢子, 二本木 奏美, 吉川 千尋, 本山 貴之, 玄 美燕, 高山 淳, 岡崎 真理, 坂本 武史

    日本薬学会第137年会  2017年03月  -  2017年03月   

  • スルホキシド置換アルケニルジアリールメタン類の合成と抗HIV-1活性の評価

    ・ 武井 貴紀, 林 浩輔, 岩本 悠, 久津間 貴司, 新井 悠太, 星 絢子, 玄 美燕, 高山 淳, 岡崎 真理, 坂本 武史

    日本薬学会第137年会  2017年03月  -  2017年03月   

  • PC12細胞におけるフェルラ酸誘導体FAD012の酸化ストレス障害抑制メカニズムの検討

    ・ 玄 美燕, 中村 梨花, 林 浩輔, 加藤 洋介, 高山 淳, 坂本 武史, 松崎 広和, 岡崎 真理

    日本薬学会第137年会  2017年03月  -  2017年03月   

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年01月
    -
    継続中

    基礎有機化学演習 第2版

  • 2015年04月
    -
    継続中

    化学構造と薬理作用 医薬品を化学的に読む 第2版

  • 2013年05月
    -
    2016年12月

    基礎有機化学問題集

  • 2013年04月
    -
    継続中

    分子モデリング演習

  • 2012年04月
    -
    継続中

    パートナー薬品製造化学 第2版

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
      入試部長   (全学委員会)

  • 2017年04月
    -
    継続中
      薬学科教科委員会副委員長   (部局内委員会)

  • 2010年04月
    -
    2016年03月
      薬学科実習教育委員会副委員長   (部局内委員会)

  • 2010年04月
    -
    2016年03月
      薬学科学内実習委員会副委員長   (部局内委員会)

  • 2010年04月
    -
    2013年03月
      CBT対策委員会副委員長   (部局内委員会)