菊地 秀与 (キクチ ヒデトモ)

KIKUCHI Hidetomo

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

天然物、細胞恒常性、がん、幹細胞、栄養・薬物情報

ホームページ

https://yakuryou.jimdo.com/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    東京薬科大学   薬学部   製薬学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京薬科大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   医療栄養学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

      安田女子大学   薬学部 薬学科   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2007年07月
    -
    継続中
     

    日本組織細胞化学会

  • 2011年05月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本細胞生物学会

  • 2018年10月
    -
    継続中
     

    日本科学教育学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食生活学

  • 生物系薬学

  • 解剖学一般(含組織学・発生学)

  • 生命・健康・医療情報学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 食品と医薬品の相互作用に関する研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

  • 天然物が及ぼす細胞恒常性への影響とその機構解析

    その他の研究制度  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中

  • Vitex agnus-castus果実とそのフラボノイド成分casticinによる抗腫瘍機構解析

    その他の研究制度  

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhanced cytotoxic effects of arsenite in combination with anthocyanidin compound, delphinidin, against a human leukemia cell line, HL-60

    Yuta Yoshino⁠, Bo Yuan, Saki Okusumia, Reiji Aoyama⁠, Ryo Murota, Hidetomo Kikuchi⁠, Norio Takagi⁠, Hiroo Toyoda⁠

    Chemico-Biological Interactions ( ELSEVIER )  294   9 - 17   2018年10月  [査読有り]

    共著

    Among five major anthocyanin compounds, delphinidin exhibited the most potent and selective cytocidal effect against HL-60, a trivalent arsenic (As(III))-resistant cell line. Co-treatment with delphinidin and As(III) resulted in the reduction of IC50 value for As(III) from 11.2 to 1.5 μM, which was considered as clinically achieved concentrations of As(III). The combination treatment strongly preferred to selectively enhance the cytotoxicity of As(III) against HL-60 cells rather than human peripheral blood mononuclear cells. The induction of apoptosis as evidenced by the increase of sub-G1 cells, DNA fragmentation, annexin V-positive cells and the activation of caspase-8, -9 and -3 was observed in HL-60 cells co-treated with As(III) and delphinidin. Similar to the activation pattern of caspases, a substantial decrease in the expression level of Bid along with the loss of mitochondrial membrane potential was also observed. These results suggested that the combination treatment triggered a convergence of the intrinsic and extrinsic pathways of apoptosis via the activation of caspase-8 and cleaved Bid. Delphinidin itself significantly decreased the intracellular GSH ([i]GSH) and nuclear factor-κB (NF-κB) binding activity, and further returned As(III)-triggered increment of [i]GSH and enhancement of NF-κB binding activity to control level. Additionally, buthionine sulfoximine, a GSH depletor; JSH-23, a NF-κB inhibitor, also mimicked the capacity of delphinidin to significantly induce the reduction of [i]GSH along with the potentiation of As(III) cytotoxicity in HL-60 cells. These observations suggested that delphinidin-induced sensitization of HL-60 cells to As(III) was caused by the reduction of [i]GSH, which was probably associated with the inhibitory effect of delphinidin on NF-κB binding activity. These findings further suggest that delphinidin-induced sensitization of HL-60 cells to As(III) may lead to dose reduction of As(III) in clinical application, and ultimately contribute to minimizing its side effects.

    DOI

  • Rosehip inhibits xanthine oxidase activity and reduces serum urate levels in a mouse model of hyperuricemia

    Hidetomo Kikuchi, Satomi Kogure, Rie Arai, Kouki Saino, Atsuko Ohkubo, Tadashi Tsuda and Katsuyoshi Sunaga

    Biomedical Reports ( Spandidos Publications )  6 ( 5 ) 539 - 544   2017年  [査読有り]

    共著

    Rosehip, the fruit of Rosa canina L., has traditionally been used to treat urate metabolism disorders; however, its effects on such disorders have not been characterized in detail. Therefore, the present study investigated the effects of hot water, ethanol and ethyl acetate extracts of rosehip on xanthine oxidase (XO) activity in vitro. In addition, the serum urate lowering effects of the rosehip hot water extract in a mouse model of hyperuricemia (male ddY mice, which were intraperitoneally injected with potassium oxonate) were investigated. Furthermore, the influence of rosehip hot water extract on CYP3A4 activity, which is the most important drug‑metabolizing enzyme from a herb‑drug interaction perspective, was investigated. Rosehip extracts of hot water, ethanol and ethyl acetate inhibited XO activity [half maximal inhibitory concentration (IC50) values: 259.6±50.6, 242.5±46.2 and 1,462.8±544.2 µg/ml, respectively]. Furthermore, the administration of 1X rosehip hot water extract significantly reduced the levels of serum urate at 8 h, which was similar when compared with the administration of 1 mg/kg allopurinol. Rosehip hot water extract only marginally affected CYP3A4 activity (IC50 value, >1 mg/ml). These findings indicate that rosehip hot water extract may present as a functional food for individuals with a high urate level, and as a therapeutic reagent for hyperuricemic patients.

    DOI

  • Effects of tomato juice on the pharmacokinetics of CYP3A4-substrate drugs

    Atsuko Ohkubo, Tomomi Chida, Hidetomo Kikuchi, Tadashi Tsuda, Katsuyoshi Sunaga

    Asian Journal of Pharmaceutical Sciences ( Elsevier )  12 ( 5 ) 464 - 469   2017年  [査読有り]

    共著

    We previously demonstrated that tomato juice (TJ) contains potent mechanism-based inhibitor(s) of CYP3A4. In this study, we investigated the effects of TJ and grapefruit juice (GFJ) on the pharmacokinetics of the CYP3A4-substrate drugs, nifedipine (NFP) and midazolam (MDZ), in male Wistar rats. Oral administration of GFJ 90 min before the intraduodenal administration of NFP or MDZ increased the area under the concentration–time curves (AUCs) of NFP and MDZ by 32.4% and 89.4%, respectively. TJ increased MDZ blood concentrations and AUC after intraduodenal MDZ administration; however, it had no effect on NFP. When MDZ and NFP were intravenously administered, GFJ significantly increased the AUC of MDZ, but only slightly increased that of NFP. In contrast, TJ only slightly increased the AUC of MDZ. These results suggest that, similar to GFJ, TJ influences the pharmacokinetics of CYP3A4-substrate drugs; however, it may be a drug-dependent partial effect.

    DOI

  • Involvement of histone H3 phosphorylation via the activation of p38 MAPK pathway and intracellular redox status in cytotoxicity of HL-60 cells induced by Vitex agnus-castus fruit extract

    Hidetomo Kikuchi, Bo Yuan, Eisuke Yuhara, et al.

    International Journal of Oncology   45 ( 2 ) 843 - 852   2014年  [査読有り]

    共著

    Vitex agnus-castus成熟果実からのエタノール抽出物(Vitex)のHL-60細胞に対する細胞増殖抑制作用について検討した。VitexはHL-60細胞に対して、構成成分であるcasticinと同様に、細胞内ATP量の増加による細胞内既存p38MAPKリン酸化体の活性化およびhistone H3のリン酸化を介したアポトーシスおよびG2/M arrestを誘導することを明らかにした。さらに、Vitexによる細胞内ROS量の減少はNADPH oxidaseとHO-1による親密な酸化還元状態によって誘導され、結果アポトーシスを誘導することも明らかにした。

    DOI

著書 【 表示 / 非表示

  • 患者さん目線から考える がんの栄養・食事ガイドブック

    松浦 成昭,‎ 左近 賢人,‎ 矢野 雅彦,‎ 飯島 正平, 他 (担当: 分担執筆 )

    メディカルレビュー社  2017年03月 ISBN: 978-4-7792-1854-5

  • 管理栄養士過去問ここだけ丸暗記

    城西大学薬学部医療栄養学科 (担当: 共著 )

    技術評論社  2016年12月 ISBN: 978-4-7741-8527-9

  • 管理栄養士国家試験対策問題集

    城西大学薬学部医療栄養学科 (担当: 共著 )

    技術評論社  2015年06月 ISBN: 978-4-7741-7393-1

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 機能性表示食品制度における食品‐医薬品相互作用

    菊地 秀与, 古屋 牧子, 日比野 康英

    New Food Industry ( エヌエフアイ合同会社 )  61 ( 1 )   2019年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 食品と医薬品の相互作用に関する書籍の紹介(2)

    菊地 秀与, 日比野 康英

    食品と開発   53 ( 2 ) 85 - 86   2018年02月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 抗がん剤と食事の相互作用・禁忌食品データベースの開発

    菊地 秀与, 神内 伸也, 金 賢珠 他

    城西情報科学研究 ( 城西大学情報科学研究センター )  25 ( 1 ) 13 - 18   2018年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 食品と医薬品の相互作用に関する書籍の紹介(1)

    菊地 秀与, 日比野 康英

    食品と開発   52 ( 8 ) 65 - 66   2017年08月

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 医薬品ー食品相互作用ハンドブックー書籍の意義と活用ー

    城西大学薬学部データベース委員会

    食品と開発   52 ( 3 ) 88 - 90   2017年03月

    総説・解説(商業誌)   共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 抗がん剤と食事の相互作用・禁忌食品データベース

    その他 

    2016年08月
    -
    継続中
     

  • 食品‐医薬品相互作用データベース

    その他 

    2016年04月
    -
    継続中
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 医薬応用に向けたジヒドロピリミジン誘導体のレチノイドとしての機能開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  西村良夫

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヒト肝キメラマウスを用いたカクテル基質試験法による食品-医薬品相互作用の網羅的解析の確立を目指した研究基盤

    提供機関:  城西大学  学長所管研究奨励金

    研究期間: 2018年07月  -  継続中 

  • 食品‐医薬品相互作用データベースの再構築に向けた戦略的取組み

    提供機関:  城西大学  学長所管研究奨励金

    研究期間: 2016年11月  -  2018年03月  代表者:  日比野 康英

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ローズヒップ抽出物のキサンチンオキシダーゼ阻害作用および高尿酸血症モデルマウスにおける血清尿酸値低下作用の検討

    木暮 里美, 菊地 秀与, 新井 理絵, 齋野 幸樹, 大久保 温子, 津田 整, 須永 克佳

    第136回日本薬理学会関東部会  (東京)  2017年07月  -  2017年07月    公益社団法人 日本薬理学会

  • ロテノン及び1-methyl-4-phenylpyridinium誘発性神経細胞死に対するメディカルハーブの保護効果

    新井 理絵, 江澤 怜子, 菊地 秀与, 須永 克佳

    第71回 日本栄養・食料学会大会  (沖縄)  2017年05月  -  2017年05月    公益社団法人 日本栄養・食糧学会

  • ロテノン及び1-methyl-4-phenylpyridinium誘発性神経細胞死に対するメディカルハーブの保護効果

    新井 理絵, 江澤 怜子, 菊地 秀与, 津田 整, 須永 克佳

    日本薬学会 第137年会  (仙台)  2017年03月  -  2017年03月    公益社団法人 日本薬学会

  • ローズヒップ抽出物のキサンチンオキシダーゼ(XOD)活性およびCYP3A4活性に及ぼす影響

    菊地 秀与, 木暮 里美, 新井 理絵, 齋野 幸樹, 大久保 温子, 津田 整, 須永 克佳

    日本薬学会 第137年会  (仙台)  2017年03月  -  2017年03月    公益社団法人 日本薬学会

  • メディカルハーブによるα-グルコシダーゼ阻害作用の検討

    江澤 怜子, 新井 理絵, 菊地 秀与, 津田 整, 須永 克佳

    日本薬学会 第137年会  (仙台)  2017年03月  -  2017年03月    公益社団法人 日本薬学会

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    医療栄養学概論

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬物療法学A

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬物療法学B

  • 2017年04月
    -
    継続中

    解剖生理学実験B

  • 2017年04月
    -
    継続中

    栄養情報科学演習

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度公民館事業「三芳野大学」2月講座

    坂戸市立三芳野公民館 

    2019年02月
     
     

    2019年2月12日(火)
    「食品と薬の関係」をテーマに講演

  • モバイル・ラーニング講座

    一般社団法人 薬局共創未来人財育成機構 

    2019年02月
     
     

    2019年2月20日(水)
    「がん治療薬と食品の相互作用」をテーマに講演

  • 2017年度 栄養管理講習会 第3回

    東京都町田市保健所 

    2017年07月
     
     

    2017年7月24日(月)
    「食品と医薬品の相互作用について」をテーマに講演