酒井 宏平 (サカイ コウヘイ)

SAKAI Kohei

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

防災、減災、まちづくり、エージェントシミュレーション、ゲーミング&シミュレーション

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://www.sakaikoheilab.com/

プロフィール

政策学は未来を考える学問です。人口減少、新興感染症、地球環境変動、DXなどの様々な変化や、Society 5.0時代に向けて、人類は何のために生き、何を残すべきなのでしょうか?
これら人類が抱える問いについて共に考えましょう。
興味のある方は、ぜひ個人研究室へお越しください。

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学 -  博士(政策科学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    城西大学   現代政策学部   社会経済システム学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

      龍谷大学   国際学部   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    2020年09月

      立命館大学   政策科学部   授業担当講師

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

      立命館大学   OIC総合研究機構   専門研究員

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

      名古屋工業大学大学院   工学研究科   日本学術振興会特別研究員

  • 2016年04月
    -
    2017年09月

      立命館大学大学院   政策科学研究科   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月
    -
    継続中
     

    日本環境共生学会

  • 2017年11月
    -
    継続中
     

    地域安全学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本地域学会

  • 2011年06月
    -
    継続中
     

    日本シミュレーション&ゲーミング学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会システム工学・安全システム

  • 自然災害科学・防災学

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年08月
     
     

    10th ISAGA Summer School 2013

  • 2012年09月
     
     

    International Summer School The Future of The Past

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evacuation Simulation Considering Tourists’ Attempts to Return Home: A Case of the Kiyomizu-dera Temple Area, Japan

    Kohei Sakai, Hidehiko Kanegae

    Historic Cities in the Face of Disasters: Reconstruction, Recovery and Resilience of Societies ( Springer )    2021年09月  [査読有り]

    共著

  • 地域コミュニティに内在する防災と⽂化遺産保全の隔たり:都市縮⼩段階をむかえた京都市を事例に

    留野僚也、大橋弘明、豊田祐輔、酒井宏平、壽崎かすみ、鐘ヶ江秀彦

    歴史都市防災論文集 ( 立命館大学歴史都市防災研究所 )  15   161 - 168   2021年07月  [査読有り]

    共著

  • 都市縮小時代での伝統的建造物群保存地区の社会的脆弱性と 今後のコミュニティ防災に関する考察:豊岡市出石伝統的建造物群保存地区を事例として

    大橋弘明、留野僚也、豊田祐輔、酒井宏平、鐘ヶ江秀彦

    歴史都市防災論文集 ( 立命館大学歴史都市防災研究所 )  15   201 - 208   2021年07月  [査読有り]

    共著

  • 安全安心マップ作成を通じた防災力向上と課題 : 「第14回みんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト」の事業報告

    酒井 宏平, 大橋 弘明, Shakya Lata, 村中 亮夫

    京都歴史災害研究 ( 立命館大学歴史都市防災研究所 )  ( 22 ) 49 - 56   2021年03月  [査読有り]

    共著

  • 安全安心マップ作成を通じた小学生親子の防災力向上と課題 : 第13回みんなでつくる地域の安全安心マップコンテスト関連事業報告

    石田 優子, 酒井 宏平, 村中 亮夫

    京都歴史災害研究 ( 立命館大学歴史都市防災研究所 )  ( 21 ) 31 - 41   2020年03月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presenter Award

    2018年10月   7th International Conference on Sustainable Future for Human Security (7th SustaiN Conference 2018)   A Study on Change in the Tourists’ Intention to Stay by Public Support at Himeji Castle for Mitigating Simultaneous Returning Home after Large Scale Earthquake  

    受賞者:  Sakai K., Toyoda Y., Kanegae H.

  • 日本地域学会田中啓一賞

    2018年10月   日本地域学会   大震災を想定した集中型観光客への公的対応フレームワーク(PSDR フレームワーク)による避難帰宅政策に関する研究:世界遺産姫路城を事例として  

    受賞者:  酒井宏平

  • Best Paper Award

    2018年07月   The 49th Conference of the International Simulation and Gaming Association (ISAGA 2018)   A Study on Participatory Evacuation Planning in Tourist Areas Using Agent Simulation  

    受賞者:  Sakai K., Shimizu H., Toyoda Y., Kanegae H.

  • Best Paper Award

    2014年11月   2nd Care about Risk and Environment International Conference   A Study on Evacuation Intention of Tourists considering Multicriteria Decision Making from Viewpoints of Tourism Styles and Attributes  

    受賞者:  Sakai K., Kanegae H.

  • Best Paper Award

    2014年09月   International Academic Conference on Tourism (INTACT)   A Study on Evacuation Guide Considering Behavioral Characteristics in a Tourism Area, Himeji Castle  

    受賞者:  Sakai K., Honda A., Mongkonkerd S., Perera S., Cui M., Toyoda Y., Taniguchi H., Kanegae H.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 観光時における自助力向上のためのシミュレーション&ゲーミングに関する研究

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人科学技術融合振興財団助成

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者:  酒井宏平

  • 日本人・外国人観光客に向けた震災時の情報提供に関する研究

    提供機関:  地方自治体  姫路市大学発まちづくり研究助成事業

    研究期間: 2018年04月  -  2019年02月  代表者:  酒井宏平

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A Study on tourists' intention factors to return home in an earthquake using decision tree analysis

    Kohei Sakai, Hidehiko Kanegae

    Invisible Reconstruction  (Ritsumeikan University, Kyoto)  2021年09月  -  2021年09月   

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 龍谷大学国際学部   まちづくり入門

  • 立命館大学政策科学部   ゲーミング&シミュレーション

  • 立命館大学政策科学部   コミュニティ防災論

  • 龍谷大学国際学部   調査分析の基礎A

  • 龍谷大学国際学部   調査分析の基礎B

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年08月
    -
    継続中

    ソルト・パヤタス   サポーター会員

  • 2021年07月
    -
    継続中

    ハビタット・フォー・ヒューマニティ・​ジャパン   賛助会費(個人会員)

  • 2021年06月
    -
    継続中

    埼玉県国際交流協会   賛助会員(個人会員)

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本地域学会   日本地域学会第58回(2021)年次大会サイバー実行委員会

  • 2020年
    -
    2021年03月

    立命館大学 歴史都市防災研究所   国際・社会連携委員会委員

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高校生、保護者向け動画コンテンツの作成・編集・公開

    現代政策学部オープンキャンパス2021 - YouTube  (YouTube) 

    2021年07月
    -
    現在

  • 高校生向け模擬授業

    埼玉県立上尾橘高等学校  (埼玉県立上尾橘高等学校) 

    2021年07月
     
     

  • 高校生向け模擬授業

    栃木県立宇都宮北高等学校  (栃木県立宇都宮北高等学校) 

    2021年07月
     
     

  • 高校生向け模擬授業

    埼玉県立杉戸農業高等学校  (埼玉県立杉戸農業高等学校) 

    2021年07月
     
     

  • 高校生向け模擬授業

    限定合理性(政策過程論第3回講義より) - YouTube  (YouTube) 

    2021年06月
    -
    現在

全件表示 >>

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • 兼田研究室 - 名古屋工業大学建築・デザイン分野

    https://archi2.ace.nitech.ac.jp/kaneda2/

    日本学術振興会特別研究員(PD)として勤務した研究室。エージェントモデリング、シミュレーション、都市計画、空間利用をキーワードにした研究を行なっている。

    複合領域

  • 立命館大学歴史都市防災研究所

    https://r-dmuch.jp/

    文化遺産防災の分野におけるユネスコ・チェア認定の研究所。研究所メンバーとして勤務していた。

    複合領域

  • 立命館大学OIC総合研究機構

    http://www.ritsumei.ac.jp/research/ro_oic/

    立命館大学大阪いばらきキャンパスを拠点とする研究機構。専門研究員として勤務していた。

    複合領域

  • 龍谷大学国際学部

    https://www.world.ryukoku.ac.jp/

    非常勤講師として「まちづくり入門」を担当していた。

    複合領域

  • 立命館大学政策科学部

    http://www.ritsumei.ac.jp/ps/

    出身大学であり、政策系学部の一つ。授業担当講師として「コミュニティ防災論」、「ゲーミング&シミュレーション」を担当していた。

    複合領域