二橋 元紀 (フタツバシ ゲンキ)

FUTATSUBASHI Genki

写真a

所属

経営学部 マネジメント総合学科

職名

准教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術) ( 2015年03月   東京学芸大学大学院(千葉大学配属) )

  • 修士(教育学) ( 2010年03月   千葉大学大学院 )

  • 学士(教育学) ( 2001年03月   千葉大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学   教育学部   スポーツ科学課程   卒業

    1997年04月 - 2001年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京学芸大学大学院(千葉大学配属)   連合学校教育学研究科   学校教育学専攻   博士課程   修了

    2010年04月 - 2015年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学大学院   教育学研究科   保健体育専攻   修士課程   修了

    2007年04月 - 2010年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学   経営学部   准教授

    2020年04月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 上武大学   ビジネス情報学部   講師

    2014年04月 - 2020年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本アスレティックトレーニング学会

    2019年07月 - 現在

  • 北米神経科学会

    2013年05月 - 現在

  • 日本体力医学会

    2010年04月 - 現在

  • 日本体育学会

    2009年04月 - 現在

  • 日本運動生理学会

    2009年04月 - 現在

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭専修免許

  • 柔道整復師

  • 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Side-to-side difference in dynamic unilateral balance ability and pitching performance in Japanese collegiate baseball pitchers 査読あり 国際誌

    Yanagisawa O, Futatsubashi G, Taniguchi H

    Journal of Physical Therapy Science   30 ( 1 )   58 - 62   2018年01月

     詳細を見る

    担当区分:第二著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1589/jpts.30.58.

  • History-dependent changes in the recovery process of the middle latency cutaneous reflex gain after ankle sprain injury 査読あり 国際誌

    Futatsubashi G, Sasada S, Ohtsuka H, Suzuki S, Komiyama T

    European Journal of Applied Physiology   116 ( 3 )   459 - 470   2016年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s00421-015-3292-8.

  • Soleus Hoffmann reflex amplitudes are specifically modulated by cutaneous inputs from the arms and opposite leg during walking but not standing 査読あり 国際誌

    Suzuki S, Nakajima T, Futatsubashi G, Mezzarane RA, Ohtsuka H, Ohki Y, Zehr EP, Komiyama T

    Experimental Brain Research   234 ( 8 )   2293 - 2304   2016年08月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s00221-016-4635-3

  • Regionally distinct cutaneous afferent populations contribute to reflex modulation evoked by stimulation of the tibial nerve during walking 査読あり 国際誌

    Nakajima T, Suzuki S, Futatsubashi G, Ohtsuka H, Mezzarane R.A., Barss T, Klarnrer T, Zehr E.P., Komiyama T

    Journal of neurophysiology   116 ( 1 )   183 - 190   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:the American Physiological Society.  

    DOI: 10.1152/jn.01011.2015

  • A common neural element receiving rhythmic arm and leg activity as assessed by reflex modulation in arm muscles 査読あり 国際誌

    Sasada S, Tazoe T, Nakajima T, Futatsubashi G, Ohtsuka H, Suzuki S, Zehr E.P., Komiyama T

    Journal of neurophysiology   115 ( 4 )   2065 - 2075   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:the American Physiological Society.  

    DOI: 10.1152/jn.00638.2015.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 皮質脊髄路興奮性と足関節捻挫受傷リスクに関する前向き研究

    二橋元紀、関口浩文、小宮山伴与志

    第74回日本体力医学会大会(in つくば) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年09月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 慢性的足関節不安定性における皮質脊髄路興奮性の変容

    二橋元紀、佐藤大志、箕輪洸洋、岡田卓也、関口浩文、小宮山伴与志

    第72回日本体力医学会大会(in 愛媛) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年09月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Change in the cutaneous reflexes during walking in patient with chronic ankle instability 国際会議

    Futatsubashi G, Suzuki S, Ohtsuka H, Komiyama T

    Neuroscience 2016 (San Diego) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 慢性的足関節不安定性における足関節肢位変化と皮膚反射機構との関係性

    二橋元紀、笹田周作、鈴木伸弥、小宮山伴与志

    第71回日本体力医学会大会(in 岩手) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年09月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 足関節捻挫受傷頻度の違いに伴う神経生理学的回復過程の変化

    二橋元紀、笹田周作、大塚裕之、鈴木伸弥、小宮山伴与志

    第70回日本体力医学会大会(in 和歌山) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年09月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • スポーツ外傷の慢性化予防のための神経系指標を基にした新たなリハビリテーション戦略

    2018年04月 - 現在

    科学研究費補助金  若手研究

    二橋元紀

  • ACL損傷後の皮質脊髄路変化を考慮した実践的リハビリ戦略の確立を目指して

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 足関節捻挫再受傷に関する新たな評価指標の策定-皮質脊髄路の可塑的変化に着目して-

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    二橋元紀

  • 発育期からの足関節捻挫の再受傷予防を目指した神経系評価指標の確立

    2014年08月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

    二橋元紀

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月 - 現在   (公財)日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)

  • 2019年03月 - 現在   (公財)日本ラグビーフットボール協会男子セブンズユースアカデミートレーナー

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 体力測定評価実習

    2020年04月 - 現在

  • 生涯スポーツ論

    2020年04月 - 現在

  • 機能的解剖学

    2020年04月 - 現在

  • 健康スポーツマネジメント入門

    2020年04月 - 現在

  • 基礎ゼミⅠ(キャリア研究含む)

    2020年04月 - 現在

担当経験のある科目(本学以外) 【 表示 / 非表示

  • レジスタンストレーニングとコンディショニング

    機関名:上武大学

  • 臨床柔道整復学

    機関名:上武大学

  • トレーニングプログラム論

    機関名:上武大学

  • トレーニング指導論

    機関名:上武大学

  • 外傷予防トレーニング指導実習

    機関名:上武大学

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本アスレティックトレーニング学会   資格審査委員会委員  

    2019年07月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月 - 現在   入試広報委員会   (部局内委員会)