鹿毛 まどか (カゲ マドカ)

KAGE Madoka

写真a

所属

薬学部 薬科学科

職名

助教

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1 18-711

研究室電話番号

049-271-7798

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学) ( 2013年03月   城西大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • HA4

  • ヒアルロン酸

  • 皮膚科学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 城西大学   薬学研究科   薬学専攻   博士課程   修了

    2010年04月 - 2013年03月

      詳細を見る

    国名:日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学   薬学部   薬科学科   皮膚生理学研究室   助教

    2018年04月 - 現在

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 順天堂医療短期大学   環境医学研究所   研究員

    2016年04月 - 2018年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アトピー性皮膚炎および乾癬の皮膚バリア機能改善に対するヒアルロン酸オリゴ糖の効果

    研究期間: 2020年04月  -  現在

  • ヒアルロン酸オリゴ糖の皮膚機能への影響

    研究期間: 2018年04月  -  現在

     詳細を見る

    四糖ヒアルロン酸オリゴ糖の皮膚機能に及ぼす影響を調査

  • 乾癬とアトピー性皮膚炎患者皮膚における脂質代謝産物とその受容体の 発現変動について

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月

  • ヒトM1およびM2マクロファージの炎症応答におけるプロポフォールの効果

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月

  • ホスファチジルグルコシドを介したアポトーシス制御について

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • 2-kDa hyaluronan ameliorates human facial wrinkles through increased dermal collagen density related to promotion of collagen remodeling. 査読あり

    Yukina Abe, Satoshi Seino, Hitoshi Kurihara, Madoka Kage, Yoshihiro Tokudome.

    Journal of Cosmetic Dermatology   19   2022年

  • Enhancement of cornified envelope-related gene and protein expression by carba cyclic phosphatidic acid in normal human epidermal keratinocytes. 査読あり

    Erika Saito, Madoka Kage and Yoshihiro Tokudome

    Biol. Pharm. Bull.   44 ( 3 )   453 - 457   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Lysophosphatidylglucoside is a GPR55 -mediated chemotactic molecule for human monocytes and macrophages. 査読あり

    Xiaojia Li, Kei Hanafusa, Madoka Kage, Noriko Yokoyama, Hitoshi Nakayama, Tomomi Hotta, Eriko Oshima, Koki Kano, Ichiro Matsuo, Yasuko Nagatsuka, Kenji Takamori, Hideoki Ogawa, Yoshio Hirabayashi, Kazuhisa Iwabuchi.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   569 ( 10 )   86 - 92   2021年

  • Effect of galactosylceramide on stratum corneum intercellular lipid synthesis in a three-dimensional cultured human epidermis model. 査読あり

    Madoka Kage, Yurina Itaya, Jumpei Horikoshi and Yoshihiro Tokudome

    Biochemistry and Biophysics Reports   28   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Expression of hyaluronan synthase and collagen type I mRNA by hyaluronan tetrasaccharides in normal human dermal fibroblasts 査読あり

    Madoka Kage, Yoshihiro Tokudome, Yukiko Matsunaga, Takeshi Hariya, Fumie Hashimoto

    37 ( 1 )   1 - 5   2013年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(その他)  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 四糖ヒアルロン酸オリゴ糖のアトピー性皮膚炎誘発モデルマウスにおける皮膚機能改善メカニズムの解明

    飯野 由雅、鹿毛 まどか、髙木 豊

    日本薬学会第144年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年03月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • アトピー性皮膚炎誘発モデルマウスにおける四糖ヒアルロン酸オリゴ糖のin vivo試験

    飯野 由雅、髙木 豊、鹿毛 まどか

    日本薬学会第143年会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

  • 四糖ヒアルロン酸オリゴ糖の天然保湿因子産生に及ぼす影響

    安中 晴海、鹿毛 まどか、髙木 豊

    日本薬学会第143年会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

  • 乾癬モデルマウスにおける四糖ヒアルロン酸オリゴ糖の角層機能への効果

    谷口 歩実、鹿毛 まどか、髙木 豊

    日本薬学会第143年会  2023年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

  • 環状ホスファチジン酸のヒト表皮角化細胞株におけるアミノ酸産生に与える影響

    鈴木 智也、鹿毛 まどか、徳留 嘉寛

    日本薬学会第142年会  2022年03月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アトピー性皮膚炎および乾癬の皮膚バリア機能改善に対するヒアルロン酸オリゴ糖の効果

    研究課題/領域番号:20K17327  2021年 - 2024年

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • マイクロニードルの性能評価

    2023年04月 - 2024年03月

  • 皮膚における細胞接着分子の測定に関する研究

    2022年02月 - 2023年01月

  • エアゾール噴射ガスによる皮膚刺激原因の解明および刺激を緩和する原料の模索あるいは開発

    2021年11月 - 2024年11月

  • 保湿剤、界面活性剤の性能評価

    2021年04月 - 2024年03月

    国内共同研究 

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用薬科学英語

    2020年04月 - 現在

  • フレッシュマンセミナー(薬科学)A

    2018年04月 - 現在

  • 薬科学実習D

    2018年04月 - 現在

  • フレッシュマンセミナー(薬科学)B

    2018年04月 - 現在

  • 薬科学実習F

    2018年04月 - 現在