岩舘 怜子 (イワダテ レイコ)

IWADATE Reiko

写真a

所属

薬学部 薬学科

職名

助教

外部リンク

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学   薬学部   薬学科   助教

    2021年04月 - 現在

  • 城西大学   薬学部   薬学科   助手

    2018年04月 - 2021年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

    2011年06月 - 現在

  • 日本人類遺伝学会

    2011年06月 - 現在

  • 日本癌学会

    2011年06月 - 現在

  • 日本臨床薬理学会

    2011年03月 - 現在

  • 日本時間生物学会

    2009年06月 - 2012年01月

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • p62/SQSTM1タンパク質の高発現と婦人科癌の悪性形質および不良な予後との関連

    (選択しない)  

    研究期間: 2013年06月  -  2015年03月

  • オートファジー障害を持つ癌細胞株における化合物スクリーニング

    (選択しない)  

    研究期間: 2012年04月  -  2014年03月

  • 子宮体癌細胞株における抗癌剤耐性の誘導

    (選択しない)  

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月

  • ヘム代謝異常マウスの概日リズム解析

    (選択しない)  

    研究期間: 2008年12月  -  2011年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Urinary bile acid shows diurnal fluctuation and phase shift with daytime-restricted feeding in rats 査読あり 国際誌

    Hiroshi Kawai, Ai Kurokawa, Takuya Ishibashi, Reiko Iwadate, Naomi Kudo, Yoichi Kawashima, Atsushi Mitsumoto

    BPB Reports   3 ( 2 )   60 - 64   2020年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1248/bpbreports.3.2_60

  • The efficacy of a mattress type sleep measuring device in analyzing sleep in healthy university students: comparison with actigraphy. 査読あり 国際誌

    Hiroshi Kawai, Yutaro Togashi, Takuya Ishibashi, Reiko Iwadate, Atsushi Mitsumoto

    BPB Reports   2 ( 6 )   125 - 129   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1248/bpbreports.2.6_125

  • Antidepressants with different mechanism of action show different chronopharmacological profiles in the tail suspension test in mice. 査読あり 国際誌

    Hiroshi Kawai, Reiko Iwadate, Takuya Ishibashi, Naomi Kudo, Yoichi Kawashima, Atsushi Mitsumoto.

    Chronobiology International   36 ( 9 )   1194 - 1207   2019年09月

     詳細を見る

    担当区分:第二著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1080/07420528.2019.1625360

  • High Expression of p62 Protein Is Associated with Poor Prognosis and Aggressive Phenotypes in Endometrial Cancer. 査読あり 国際誌

    Reiko Iwadate, Jun Inoue, Hitoshi Tsuda, Masashi Takano, Kenichi Furuya, Akira Hirasawa, Daisuke Aoki, and Johji Inazawa

    The American journal of pathology.   185 ( 9 )   2523 - 2533   2015年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.ajpath.2015.05.008

    PubMed

  • SQSTM1/p62 タンパク質の高発現は表層上皮性卵巣癌の悪性予後と関連する

    岩舘怜子

    慶應義塾大学医学研究科博士論文   2015年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)   出版者・発行元:慶應義塾大学大学院医学研究科  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 若年成人における睡眠習慣と血糖日内変動の解析

    河合 洋、原田 真季、岩舘 怜子

    日本薬学会第143年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年03月

    開催地:札幌  

  • タダラフィルの血中動態に及ぼすフェノバルビタールおよび投与時刻の影響

    河合 洋、武田 直樹、兒嶋 眞子、岩舘 怜子

    日本薬学会第142年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年03月

    開催地:名古屋(オンライン)  

  • SGLT2阻害薬empagliflozinのケトン体 増加効果は夜間投与において大きい

    橋本 直人、岩舘 怜子、河合 洋

    日本薬学会第141年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年03月

    開催地:広島(オンライン)  

  • コルチコステロン投与マウスにおいて糖尿病発症より早期に生じる概日リズム異常

    岩舘 怜子、河合 洋

    日本薬学会第141年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年03月

    開催地:広島(オンライン)  

  • コルチコステロン投与マウスにおける糖尿病病態への日照条件の影響

    岩舘 怜子、河合 洋

    日本薬学会第140年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年03月

    開催地:京都  

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学A

    2021年05月 - 現在

  • 放射化学実習

    2018年09月 - 現在

  • 薬学実習F

    2018年09月 - 現在

  • 薬学総合演習B