古地 壯光 (フルチ タケミツ)

FURUCHI Takemitsu

写真a

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1989年03月

    千葉大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1994年03月

    東京大学  薬学研究科  博士課程  修了

  • 1989年04月
    -
    1991年03月

    千葉大学  薬学研究科  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    アメリカ合衆国 テキサス大学サウスウェスタンメディカルセンター   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  薬学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    継続中

      北里大学薬学部   非常勤教員

  • 2010年04月
    -
    2013年08月

      北里大学薬学部   准教授

  • 2004年04月
    -
    2010年03月

      北里大学薬学部   講師

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      北里大学薬学部   助手

  • 2001年08月
    -
    2002年03月

      東北大学薬学部   助手

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 異性化タンパク質修復酵素 protein L-isoaspartyl(D-aspartyl) O-methyltransferase (PIMT) の生理機能ならびに発現調節機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2004年04月  -  2011年03月

  • D-アスパラギン酸の生理機能ならびに細胞内濃度調節機構の解明

    共同研究  

    研究期間: 2002年04月  -  継続中

  • 薬毒物耐性因子の検索とその耐性獲得機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1998年04月  -  2002年03月

  • 細胞膜カベオラにおけるコレステロールの役割

    共同研究  

    研究期間: 1996年04月  -  1998年03月

  • 生殖細胞の発生分化における細胞死の役割

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1994年04月  -  1996年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Simplification of FDLA Pre-Column Derivatization for LC/MS/MS Toward Separation and Detection of d,l-Amino Acids

    Kobayashi M., Takano Y., Takishima H., Sakaitani S., Niitsu M., Furuchi T.

    Chromatographia ( Springer Nature )  82 ( 3 ) 705 - 708   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Polyamine analysis of leguminous seed, sprout, leaf, flower, pod, root and root nodule : distribution of diaminohexane, aminobutyl cadaverine, methyl polyamines and alkanol polyamines

    Hamana K., Furuchi T., Hayashi H., Niitsu M.

    International Journal of Agriculture and Environmental Research   5 ( 1 ) 113 - 129   2019年01月  [査読有り]

    共著

  • Polyamine distribution profiles in unicellular and multicellular red algae (phylum Rhodophyta) —Detection of 1,6-diaminohexane, aminobutylcadaverine, canavalmine and aminopropylcanavalmine—

    Hamana K., Kobayashi M., Furuchi T., Hayashi H., Niitsu M.

    Microbial Resources and Systematics ( 日本微生物資源学会 )  34 ( 2 ) 83 - 91   2018年12月  [査読有り]

    共著

  • Polyamine analysis of unicellular, colonial, and multicellular green algae –Detection of aminobutylcadaverine, N1-aminopentylspermidine, N8-aminopentylspermidine, and penta-amines –,

    Hamana K., Kobayashi M., Furuchi T., Hayashi H., Niitsu M.

    Microbial Resources and Systematics ( 日本微生物資源学会 )  34 ( 2 ) 73 - 82   2018年12月  [査読有り]

    共著

  • Identification of a novel acetylated form of branched-chain polyamine from a hyperthermophilic archaeon Thermococcus kodakarensis

    Hidese R., Im, K.-H. Kobayashi, M. Niitsu M., Furuchi T., Fujiwara S.

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry ( 公益社団法人日本農芸化学会 )  81 ( 9 ) 1845 - 1849   2017年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 生命科学における分析化学

    中村 洋 他 (担当: 分担執筆 )

    朝倉書店  2015年03月 ISBN: 978-4-254-34021-1

  • 生化学辞典

    今堀和友, 山川民夫 他 (担当: 分担執筆 )

    東京化学同人  2007年12月 ISBN: 978-4-8079-0670-3

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • The role of protein L-isoaspartyl/D-aspartyl O-methyltransferase (PIMT) in intracellular signal transduction.

    Furuchi T, Sakurako K, Katane M, Sekine M, Homma H.

    Chemistry & Biodiversity   7 ( 6 ) 1337 - 1348   2010年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI PubMed

  • 異性化タンパク質修復酵素PIMTの細胞機能における役割

    Furuchi T, Homma H.

    Yakugaku Zasshi.   127 ( 12 ) 1927 - 1936   2007年12月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI PubMed

  • D-Glutamic acid induced muscle contraction in silkworm larva.

    Hamamoto H., Larranaga J., Sekine M., Furuchi T., Katane M., Homma H., Matsuki N., Sekimizu K.

    D-Amino Acids: A New Frontier in Amino Acid and Protein Research ―Practical Methods and Protocols― ( Nova Science Publishers, Hauppauge, New York, U.S.A. )    2007年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Free D-aspartate in mammals.

    Furuchi T, Homma H.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   28 ( 9 ) 1566 - 1570   2005年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    DOI PubMed

  • Investigation of intracellular factors involved in methylmercury toxicity

    Naganuma A, Furuchi T, Miura N, Hwang GW, Kuge S.

    Tohoku Journal of Experimental Medicine   196 ( 2 ) 65 - 70   2002年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    PubMed

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • キラル誘導体化GC法を用いたD,L-アミノ酸の分析

    矢島弘基、小川友紀子、小林正樹、新津 勝、古地壯光

    日本薬学会 第140年会  (京都)  2020年03月  -  2020年03月    日本薬学会

  • FDLA誘導体化LC/MS/MS法を用いたヨーグルト中のD,L-アミノ酸分析

    宮本楓加、西 昂介、高野友輔、小林正樹、新津 勝、古地壯光

    日本薬学会 第140年会  (京都)  2020年03月  -  2020年03月    日本薬学会

  • FDLA誘導体化LC/MS/MS法を用いた味噌中のD, L-アミノ酸分析

    原之薗彩華, 高野 友輔, 三渡 満里奈, 小林 正樹, 新津 勝, 古地 壯光

    日本薬学会 第140年会  (京都)  2020年03月  -  2020年03月    日本薬学会

  • FDLA誘導体化LC/MS/MS法を用いた果汁飲料中のD,L-アミノ酸分析

    木村俊介、高野友輔、小林正樹、新津 勝、古地壮光

    日本薬学会 第140年会  (京都)  2020年03月  -  2020年03月    日本薬学会

  • FDLA誘導体化LC/MS/MS法を用いたHepG2細胞中D-アミノ酸の分析

    高野友輔、堺谷晋太郎、高橋将司、小林正樹、新津 勝、古地壯光

    第92回 生化学会  (パシフィコ横浜)  2019年09月  -  2019年09月    生化学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    化学B演習

  • 2017年04月
    -
    継続中

    分析化学A

  • 2016年04月
    -
    継続中

    分析化学B

  • 2017年04月
    -
    継続中

    生化学C

  • 2015年04月
    -
    継続中

    生物薬学特論

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 北里大学   分析科学1

  • 北里大学   分析科学2

  • 北里大学   分析科学3

  • 北里大学   情報リテラシー

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月
     
     

    作成した教科書

  • 2014年04月
    -
    継続中

    講義方法の工夫

  • 2014年04月
    -
    継続中

    研究室内における教育環境の整備

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本薬学会 物理系薬学部会   バイオメディカル分析科学シンポジウム 世話人

  • 2017年09月
    -
    継続中

    日本生化学会 関東支部   幹事

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

    日本薬学会   ファルマシアトピックス小委員