関口 祐介 (セキグチ ユウスケ)

SEKIGUCHI Yuusuke

写真a

職名

助教

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1

研究分野・キーワード

食品機能学、給食経営管理、スポーツ栄養

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

049-271-7265

プロフィール

祝!献血200回(現在202回)赤十字より感謝状もらいました。
赤ビーツなどの機能性食材の研究をやってます。
栄養コラムはこちらから↓
https://www.josai.ac.jp/education/pharmacy/nutrition_dep/sport_nutrition_column/index.html
2020.1.27 NHKで赤ビーツについて放送されました↓
https://www.josai.ac.jp/news/20200125-03.html
2021.2.10 産経新聞に赤ビーツの記事が掲載されました↓
https://www.sankei.com/life/news/210210/lif2102100008-n1.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    城西大学   薬学部   医療栄養学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   医療栄養学科   助教  

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    城西大学   薬学部   医療栄養学科   助手  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

      華学園栄養専門学校   栄養士科   講師

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      華学園栄養専門学校   栄養士科   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    日本食生活学会

  • 2016年04月
    -
    継続中
     

    日本栄養改善学会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    給食経営管理学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本骨代謝学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 給食経営管理

  • 食品機能学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 管理栄養士

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Salacia reticulataによる関節リウマチの改善効果に関する研究

    関口祐介

      2012年03月  [査読有り]

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 赤ビーツ(Beetroot)の機能性

    関口祐介

    機能性食品と薬理栄養 ( 日本機能性食品医用学会 )  14 ( 5 ) 257 - 263   2021年04月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • Molecular regulation of skeletal muscle mass and the contribution of nitric oxide: a review

    Jun Kobayashi Hiroyuki Uchida Ayaka Kofuji Junta Ito Maki Shimizu Hyounju Kim Yusuke Sekiguchi Seiji Kushibe

    FASEB BioAdvances ( Wiley Online Library )    2019年03月  [査読有り]

    共著

  • Mangiferin positively regulates osteoblast differentiation and suppresses osteoclast differentiation.

    Sekiguchi Y, Mano H, Nakatani S, Shimizu J, Kataoka A, Ogura K, Kimira Y, Ebata M, Wada M.

    Molecular Medicine Reports ( Spandidos Publications )    2017年  [査読有り]

    共著

    Mangiferin is a polyphenolic compound present in Salacia reticulata. It has been reported to reduce bone destruction and inhibit osteoclastic differentiation. This study aimed to determine whether mangiferin directly affects osteoblast and osteoclast proliferation and differentiation, and gene expression in MC3T3‑E1 osteoblastic cells and osteoclast‑like cells derived from primary mouse bone marrow macrophage cells. Mangiferin induced significantly greater WST‑1 activity, indicating increased cell proliferation. Mangiferin induced significantly increased alkaline phosphatase staining, indicating greater cell differentiation. Reverse transcription‑polymerase chain reaction (RT‑PCR) demonstrated that mangiferin significantly increased the mRNA level of runt‑related transcription factor 2 (RunX2), but did not affect RunX1 mRNA expression. Mangiferin significantly reduced the formation of tartrate‑resistant acid phosphatase‑positive multinuclear cells. RT‑PCR demonstrated that mangiferin significantly increased the mRNA level of estrogen receptor β (ERβ), but did not affect the expression of other osteoclast‑associated genes. Mangiferin may inhibit osteoclastic bone resorption by suppressing differentiation of osteoclasts and promoting expression of ERβ mRNA in mouse bone marrow macrophage cells. It also has potential to promote osteoblastic bone formation by promoting cell proliferation and inducing cell differentiation in preosteoblast MC3T3‑E1 cells via RunX2. Mangiferin may therefore be useful in improving bone disease outcomes.

    DOI

  • Age-related decrease of IF5/BTG4 in oral and respiratory cavities in mice.

    Mano H, Nakatani S, Kimira Y, Mano M, Sekiguchi Y, Im RH, Shimizu J, Wada M.

    Biosci Biotechnol Biochem. ( Japan Society for Bioscience, Biotechnology and Agrochemistry. )    2015年  [査読有り]

    共著

    An IF5 cDNA was isolated by expression cloning from a mouse oocyte cDNA library. It encoded a protein of 250 amino acids, and the region of it encoding amino acids 1-137 showed 86.8% alignment with the anti-proliferative domain of BTG/TOB family genes. This gene is also termed BTG4 or PC3B. Transiently expressed IF5/BTG4 induced alkaline phosphatase activity in human embryonic kidney (HEK293T) and 2T3 cells. IF5/BTG4 mRNA was detected by reverse transcription polymerase chain reaction in pharynx, larynx, trachea, oviduct, ovary, caput epididymis, and testis, but not in lung, intestine, or liver. Immunohistochemistry showed the IF5/BTG4 protein to be present in epithelial cells of the tongue, palate, pharynx, internal nose, and trachea. Both protein and mRNA levels of IF5/BTG4 were reduced by aging when comparing 4-week-old mice with 48-week-old mice. Our findings suggest that IF5/BTG4 may be an aging-related gene in epithelial cells.

  • Citrus limonoid nomilin inhibits osteoclastogenesis in vitro by suppression of NFATc1 and MAPK signaling pathways.

    Kimira Y, Taniuchi Y, Nakatani S, Sekiguchi Y, Kim HJ, Shimizu J, Ebata M, Wada M, Matsumoto A, Mano H.

    Phytomedicine.     2015年  [査読有り]

    共著

    BACKGROUND:
    Animal experiment studies have revealed a positive association between intake of citrus fruits and bone health. Nomilin, a limonoid present in citrus fruits, is reported to have many biological activities in mammalian systems, but the mechanism of nomilin on bone metabolism regulation is currently unclear.
    PURPOSE:
    To reveal the mechanism of nomilin on osteoclastic differentiation of mouse primary bone marrow-derived macrophages (BMMs) and the mouse RAW 264.7 macrophage cell line into osteoclasts.
    STUDY DESIGN:
    Controlled laboratory study. Effects of nomilin on osteoclastic differentiation were studied in in vitro cell cultures.
    METHODS:
    Cell viability of RAW 264.7 cells and BMMs was measured with the Cell Counting Kit. TRAP-positive multinucleated cells were counted as osteoclast cell numbers. The number and area of resorption pits were measured as bone-resorbing activity. Osteoclast-specific genes expression was evaluated by quantitative real-time PCR; and proteins expression was evaluated by western blot.
    RESULTS:
    Nomilin significantly decreased TRAP-positive multinucleated cell numbers compared with the control, and exhibited no cytotoxicity. Nomilin decreased bone resorption activity. Nomilin downregulated osteoclast-specific genes, NFATc1 and TRAP mRNA levels. Furthermore, nomilin suppressed MAPK signaling pathways.
    CONCLUSION:
    This study demonstrates clearly that nomilin has inhibitory effects on osteoclastic differentiation in vitro. These findings indicate that nomilin-containing herbal preparations have potential utility for the prevention of bone metabolic diseases.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 給食経営管理テキスト第4版

    岡本裕子, 加藤由美子, 金光秀子, 君羅 満, 秋山聡子, 荒井健, 荒川京子, 池田昌代, 伊澤正利, 加藤勇太, 狩野恵美子, 鈴木睦代, 角南祐子, 関千代子, 関口祐介, 関戸元恵, 髙橋加代子, 西村美津子, 深澤早苗, 不破眞佐子 (担当: 共著 , 担当範囲: 第2章 特定給食施設における栄養・食事管理 )

    学建書院  2021年03月 ISBN: 978-4-7624-3879-0

  • 栄養科学シリーズNEXT 給食経営管理論 第4版

    市川陽子,大槻尚子,岡村吉隆,小椋真理,加藤勇太,香西はな,神田知子,幸林友男,柴﨑みゆき,首藤恵泉,関口祐介,曽川美佐子,田中弘美,田村朝子,富安広幸,平田芳浩,古橋啓子,堀内理恵,丸山智美,吉村智春,渡邉喜弘 (担当: 共著 , 担当範囲: 4.1栄養・食事管理 )

    講談社サイエンティフィク  2019年03月 ISBN: 978-4-06-514066-6

  • 大地の贈り物 サラシア

    角谷晃司,小林誠,関口祐介,田邉元三,仲西功,中村真也,松田久司,宮成健司,村岡修,吉川雅之,和田政裕,Yutana Pongpiriyadacha (担当: 共著 , 担当範囲: サラシア属植物による関節リウマチ改善効果 )

    サラシア属植物普及協会  2018年02月 ISBN: 978-4-7792-2010-4

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • リモートによる調理学実習A

    山王丸靖子、関口祐介、伊東順太、深谷睦、中里見真紀

    教職課程センター紀要 ( 城西大学 教職課程センター )  ( 5 ) 27 - 32   2021年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 簡単夏冷え対処法

    山王丸靖子、関口祐介

    LOVELY TALK ( 日経メディカル開発 )  ( 72 ) 4 - 7   2020年08月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

    発行:豊中阪急クリニックセンター秋田内科医院

  • 簡単夏冷え対処法

    山王丸靖子、関口祐介

    杉本クリニックだより ( 日経メディカル開発 )  ( 104 ) 2 - 3   2020年08月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

    発行:医療法人社団杉本クリニック

  • 簡単夏冷え対処法

    山王丸靖子、関口祐介

    小森耳鼻咽頭科医院だより ( 日経メディカル開発 )  ( 103 ) 2 - 3   2020年08月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

    発行:小森耳鼻咽頭科医院

  • 簡単夏冷え対処法

    山王丸靖子、関口祐介

    遠山病院だより ( 日経メディカル開発 )  ( 90 ) 4 - 7   2020年08月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

    発行:特定医療法人同心会遠山病院

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 赤ビーツを用いた抗糖化作用に関する研究

    関口祐介、山王丸靖子、和田政裕

    第67回日本栄養改善学会  2020年09月  -  2020年09月   

  • 加熱調理による赤ビーツ含有成分の溶出に関する研究

    関口祐介、山王丸靖子、和田政裕

    第15回日本給食経営管理学会  (名古屋文理大学文化フォーラム)  2019年11月  -  2019年11月   

  • 健康食品の使用に影響する要因の検討ー生活習慣とイメージを中心としてー

    山王丸靖子、山田沙奈恵、関口祐介、和田政裕

    第66回日本栄養改善学会  (富山県)  2019年09月  -  2019年09月   

  • 赤ビーツ含有成分の溶出に関する研究

    関口祐介、山王丸靖子、和田政裕

    第66回日本栄養改善学会  (富山県)  2019年09月  -  2019年09月   

  • 地域連携による住民への健康・食育政策

    中里見真紀、関口祐介、古屋牧子、井口毅裕、井上雄介、真野博

    第76回日本経済政策学会  (埼玉県)  2019年06月  -  2019年06月    日本経済政策学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中

    栄養教育論実習

  • 2018年04月
    -
    継続中

    給食経営管理論

  • 2014年11月
    -
    2018年03月

    臨床栄養学実習B

  • 2014年09月
    -
    継続中

    調理学実習B

  • 2014年06月
    -
    継続中

    臨床栄養学実習A

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 華学園栄養専門学校   基礎科学、生物有機化学、生物学、生化学実習、栄養学実習、解剖学実習、食品衛生学実習

  • 服部栄養専門学校   食材学、食品衛生学

  • 八王子栄養専門学校   食品学

  • 帝京短期大学   公衆衛生学

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中
      医療栄養学科料理レシピ集   (その他の主要活動)

  • 2014年04月
    -
    継続中
      こま川めしプロジェクト   (その他の主要活動)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本栄養改善学会   会員

  • 2014年04月
    -
    継続中

    給食経営管理学会   評議員

  • 2009年04月
    -
    継続中

    日本薬学会   会員

  • 2009年04月
    -
    継続中

    日本骨代謝学会   会員

  • 2006年04月
    -
    継続中

    日本栄養・食糧学会   会員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 坂戸市食を通じた健康づくり応援店認定検討委員会

    坂戸市役所  (坂戸市役所) 

    2020年04月
    -
    現在

  • 鶴ヶ島市サフランスーパーサポーターズ

    (埼玉県鶴ヶ島市) 

    2019年04月
    -
    現在

  • 行田市健康レシピプロジェクト

    2017年04月
    -
    現在