佐野 香織 (サノ カオリ)

SANO Kaori

写真a

生年

1982年

研究分野・キーワード

分子進化、形態・構造、共進化

メールアドレス

メールアドレス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2011年03月

    上智大学  理工学研究科  生物科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 上智大学 -  博士(理学)

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

      上智大学   理工学部   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月
    -
    継続中
     

    日本動物学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本進化学会

  • 2015年06月
    -
    継続中
     

    日本魚類学会

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    Society for Integrative and Comparative Biology

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 形態・構造

  • 進化生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mother-to-embryo vitellogenin transport in a viviparous teleost Xenotoca eiseni.

    Atsuo Iida, Hiroyuki N. Arai, Yumiko Someya, Mayu Inokuchi, Takeshi A. Onuma, Hayato Yokoi, Tohru Suzuki, Eiichi Hondo, and Kaori Sano

    PNAS   116 ( 44 ) 22359 - 22365   2019年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Male parental assistance in embryo hatching of barred-chin blenny Rhabdoblennius nitidus.

    Kaori Sano, Risa Yokoyama, Takako Kitano, Takeshi Takegaki, Nobumasa Kitazawa, Toyoji Kaneko, Yoshihide Nishino, Shigeki Yasumasu, Mari Kawaguchi

    J Exp Zool B Mol Dev Evol.   332 ( 3-4 ) 81 - 91   2019年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Fibroblast growth factor signaling is required for early somatic gonad development in zebrafish.

    Leerberg Dena M, Sano Kaori, Draper Bruce W

    PLoS Genet   13 ( 9 ) e1006993 - e1006993   2017年09月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • Comparison of Egg Envelope Thickness in Teleosts and its Relationship to the Sites of ZP Protein Synthesis.

    Sano Kaori, Kawaguchi Mari, Katano Keita, Tomita Kenji, Inokuchi Mayu, Nagasawa Tatsuki, Hiroi Junya, Kaneko Toyoji, Kitagawa Takashi, Fujimoto Takafumi, Arai Katsutoshi, Tanaka Masaru, Yasumasu Shigeki

    J Exp Zool B Mol Dev Evol   328 ( 3 ) 240 - 258   2017年05月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • Evolutionary Changes in the Developmental Origin of Hatching Gland Cells in Basal Ray-Finned Fishes.

    Nagasawa Tatsuki, Kawaguchi Mari, Yano Tohru, Sano Kaori, Okabe Masataka, Yasumasu Shigeki

    Zoolog Sci   33 ( 3 ) 272 - 281   2016年06月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子から解き明かす「魚」の不思議な世界

    編集:神田真司, 分担執筆:他14名 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 11章 魚の卵の膜とそれを分解する酵素の共進化 )

    一色出版  2019年08月 ISBN: 978-4909383075

  • In Medaka: A Model for Organogenesis, Human Disease and Evolution.

    Edited by H Takeda, K Naruse and M Tanaka. (担当: その他 , 担当範囲: chapter 24: Molecular Evolution of Teleostean Hatching Enzymes and Their Egg Envelope Digestion Mechanism: An aspect of Co-Evolution of Protease and Substrate. )

    Springer Japan  2011年 ISBN: 978-4-431-92691-7

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肝臓で作られる魚類の強固な卵膜~その形成機構の解明~

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  佐野香織

  • 進化過程における新規機能遺伝子の誕生~真骨魚類孵化酵素をモデルとして

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

  • 卵膜タンパク質と孵化酵素遺伝子の分子共進化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  安増茂樹

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水産資源を守る卵膜の構造進化の理解

    提供機関:  文部科学省  私学事業団 女性研究者奨励金

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  佐野香織