江川 祐哉 (エガワ ユウヤ)

EGAWA Yuya

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

超分子化学、シクロデキストリン、ボロン酸

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東北大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    東北大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

    城西大学   薬学部   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2008年04月

      東北大学   助教

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

      日研化学㈱   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本薬剤学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    シクロデキストリン学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • インプリントポリマーおよび基板表面に固定化されたシクロデキストリンの機能に関する研究

    江川 祐哉

      2006年01月

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrogen peroxide-triggered conversion of boronic acid-appended insulin into insulin and its application as a glucose-responsive insulin formulation, Mol. Pharm

    Hinako Kikuchi, Yuki Nakamura, Chika Inoue, Sayaka Nojiri, Miho Koita, Minori Kojima, Hiroki Koyama, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa

    Molecular Pharmaceutics ( American Chemical Society )  18   4224 - 4230   2021年10月  [査読有り]

    単著

  • Multinuclear NMR study on the formation and polyol-induced deformation mechanisms of worm-like micelles composed of cetyltrimethylammonium bromide and 3-fluorophenylboronic acid

    Ryotaro Miki, Tomoya Yamauchi, Kosuke Kawashima, Yuya Egawa, Toshinobu Seki

    Langmuir ( American Chemical Society )  37   3438 - 3445   2021年03月  [査読有り]

    共著

  • Rotaxa-polymeric-gelation of acrylamides with vinyl-β-cyclodextrin

    Yuki Kobayashi, Yu Kojima, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem. ( Springer Nature )  98   43 - 48   2020年07月  [査読有り]

    共著

  • Investigation of factors that cause insulin precipitation and/or amyloid formation in insulin formulations

    Yui Ohno, Tomohiro Seki, Yu Kojima, Ryotaro Miki, Yuya Egawa, Osamu Hosoya, Keizo Kasono, Toshinobu Seki

    J. Pharm. Health Care Sci. ( 日本医療薬学会 )  5   22   2019年10月  [査読有り]

    共著

  • Single-step preparation of topological gels using vinyl-modified β-cyclodextrin as a figure-of-six cross-linker

    Yuki Kobayashi, Yu Kojima, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Takashi Fujihara, Yoshihiro Ishimaru, Yuya Egawa

    Journal of inclusion phenomena and macrocyclic chemistry ( Springer )  92 ( 3-4 ) 311 - 317   2018年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • PRACTICAL基礎化学 第2版 ―高校化学から大学専門化学へ・・・―

    関 俊暢 編、江川 祐哉 他 (担当: 共著 )

    京都廣川書店  2021年03月 ISBN: 978-4-909197-78-8

  • Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds

    Yuya Egawa, Toshinobu Seki (担当: 共著 , 担当範囲: Related Topic: Cyclodextrin, pp.233–239 )

    Springer Japan  2017年12月 ISBN: 978-4-431-56526-0

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Sugar-responsive smart materials based on phenylboronic acid and cyclodextrin

    Yuya Egawa, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem. ( Springer Nature )  94   1 - 10   2019年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 糖応答性分子マシンによるインスリンコントロールドリリース

    江川祐哉

    薬剤学   77   242 - 247   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Colorimetric sugar sensing using boronic acid-substituted azobenzenes

    Yuya Egawa, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki

    Materials     2014年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 糖応答性インスリンリリースシステムを指向した超分子ナノマシン

    江川 祐哉, 関 俊暢

    薬学雑誌   133   1287 - 1295   2013年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Electrochemical and optical sugar sensors based on phenylboronic acid and its derivatives

    Yuya Egawa, Toshinobu Seki, Shigehiro Takahashi, Jun-ichi Anzai

    Mater. Sci. Eng. C   31   1257 - 1264   2011年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ボロン酸と細胞の動的共有結合を利用した新たなDDS概念の創出

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2021年03月 

  • 皮下動態制御可能なインスリン分子マシンの開発とハイブリッド人工膵臓への展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • 分子ネックレス構造による人工膵臓分子マシン

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • グルコースで崩壊しインスリン誘導体を放出する交互累積膜の作製

    小山 結生、中村 優季、藤井 美帆、三木 涼太郎、関 俊暢、江川 祐哉

    日本薬学会第139年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • 臭化セチルトリメチルアンモニウム/3-フルオロフェニルボロン酸混合系中の分子集合体構造の解明に向けたレオロジー特性調査

    三木 涼太郎、塩野 さやか、山崎 聖仁、江川 祐哉、関 俊暢

    日本薬学会第139年会  2019年03月  -  2019年03月   

  • インスリンアナログのアミロイド形成に関する基礎的検討

    大野 由依、江川 祐哉、三木 涼太郎、細谷 治、関 俊暢

    第28回日本医療薬学会年会  2018年11月  -  2018年11月   

  • 糖応答性紐状ミセルゲルからのグルコース依存的薬物放出性

    三木 涼太郎、吉田 綾華、武井 千弥、江川 祐哉、関 俊暢

    第24回創剤フォーラム若手研究会  (神戸)  2018年09月  -  2018年09月    創剤フォーラム

  • 生理的 pH における糖応答性紐状ミセルの調製およびレオロジー特性の評価

    三木 涼太郎、川嶋 康介、塩野 さやか、江川祐哉、関 俊暢

    日本油化学会第57回年会  (神戸学院大学 有瀬キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月    日本油化学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子化学計算によるボロン酸糖センサ化合物の解析

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    物理化学B

  • 2012年09月
    -
    継続中

    物理化学演習

  • 2012年04月
    -
    継続中

    化学A演習

  • 2009年09月
    -
    継続中

    分析化学B

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    授業ノート評価

  • 2015年04月
    -
    継続中

    PRACTICAL基礎化学

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中
      卒業研究委員会委員長   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2021年03月
      学生支援委員会副委員長   (部局内委員会)

  • 2013年04月
    -
    2021年03月
      共通機器・設備管理委員会副委員長   (部局内委員会)

  • 2013年04月
    -
    2018年03月
      CBT対策委員会副委員長   (部局内委員会)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    日本薬学会   代議員

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    日本薬学会   ファルマシアアドバイザー

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    日本薬学会   ファルマシア委員

  • 2016年09月
    -
    継続中

    シクロデキストリン学会   評議員

  • 2009年10月
     
     

    日本薬学会   日本薬学会関東支部若手シンポジウム実行委員