工藤 なをみ (クドウ ナオミ)

KUDO Naomi

写真a

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    北海道大学   薬学部   卒業

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年05月
    -
    1995年04月

    アルバータ州立大学   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  薬学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    城西大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    城西大学   薬学部   助教授  

  • 2003年04月
    -
    2006年03月

    城西大学   薬学部   講師  

  • 1996年04月
    -
    2003年03月

    城西大学   薬学部   助手  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年05月
    -
    1995年04月

      カナダアルバータ州立大学医学部   博士研究員

  • 1986年04月
    -
    1996年03月

      帝京大学薬学部   助手

  • 1983年04月
    -
    1986年03月

      帝京大学薬学部   教務職員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月
    -
    継続中
     

    日本アイソトープ協会

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    日本毒性学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    日本食品衛生学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本中毒学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本脂質生化学研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線・化学物質影響科学

  • 環境・衛生系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 放射線取扱主任者(第1~2種)

  • 薬剤師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月
     
     

    放射線取扱主任者定期講習

  • 2004年06月
     
     

    平成16年度薬局・病院薬剤師指導者研修会

  • 2004年04月
    -
    2004年05月

    薬学教育ワークショップ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Reduction in Secretion of Very Low Density Lipoprotein–Triacylglycerol by a Matrix Metalloproteinase Inhibitor in a Rat Model of Diet-Induced Hypertriglyceridemia

    Yoichi Kawashima, Yoshihiro Eguchi, Tohru Yamazaki, Minako Karahashi, Hiroshi Kawai, and Naomi Kudo

    Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics ( The American Society of Pharmacology and Experimental Therapeutics )  366 ( 7 ) 194 - 204   2018年07月  [査読有り]

    共著

    Matrix metalloproteinase inhibitors (MMPIs) reduced serum triacylglycerol (TAG) levels in streptozotocin-induced diabetic rats and Zucker fa/fa rats in our previous study. However, the mechanisms underlying TAG reduction by MMPIs remain unclear. The present study aimed to elucidate the mechanism by which F81-1144b, an MMPI, lowers serum TAG levels in an animal model of high-sucrose diet (HSD)-induced hypertriglyceridemia. F81-1144b was repeatedly administered to rats fed HSD, and its effects were evaluated on TAG levels in serum and the liver, very low density lipoprotein (VLDL) secretion, de novo fatty acid (FA) synthesis in the liver, and the expression of genes regulating the metabolism of FA, TAG, and VLDL in the liver and serum. F81-1144b lowered TAG levels in serum and the liver, VLDL-TAG secretion, de novo FA synthesis in the liver, and serum levels of insulin and glucose. F81-1144b suppressed the expression of genes related to the de novo synthesis of FA and TAG, key proteins (lipin 1 and apolipoprotein CIII) responsible for VLDL metabolism, and sterol regulatory element-binding protein-1c and carbohydrate response element-binding protein. F81-1144b little affected the expression of genes related directly to the degradation of TAG or FA, but it upregulated that of gene for uncoupling protein 2 in the liver. These results suggest that MMPIs are a novel type of therapeutic agent for the treatment of hypertriglyceridemia, because the metabolic effects of F81-1144b expected from changes in the expression of genes regulating lipid metabolism would alter metabolism differently from those induced by fibrates, niacin, or n-3 FAs.

    DOI

  • Time of Administration of Acute or Chronic Doses of Imipramine Affects its Antidepressant Action in Rats

    Hiroshi Kawai, Natsumi Kodaira, Chika Tanaka, Takuya Ishibashi, Naomi Kudo, YoichiKawashima, Atsushi Mitsumoto

    Journal of Circadian Rhythms ( Bio Med Central )  16   5   2018年05月  [査読有り]

    共著

    The pathogenesis and therapeutics of depression are linked to the operation of the circadian system. Here, we studied the chronopharmacological action of a tricyclic antidepressant, imipramine. Male adult Wistar–Hannover rats were administered imipramine acutely or chronically in the morning or in the evening. The antidepressant action of imipramine was analyzed using the forced swim test (FST). A single dose of imipramine (30 mg/kg) in the morning, but not in the evening, reduced immobility and increased climbing in the FST. The plasma concentrations of imipramine and its metabolite, desipramine, were slightly higher in the morning than in the evening, which might explain the dosing time-dependent action of imipramine. Next, we analyzed the effect of chronic imipramine treatment. Rats received imipramine in the morning or in the evening for 2 weeks. The morning treatment resulted in larger effects in the FST than the evening treatment, and was effective at a dose that was ineffective when administered acutely. The levels of brain α-adrenergic receptors tended to decrease after chronic imipramine treatment. Imipramine might interact with noradrenergic neurons, and this interaction might chronically alter receptor expression. This alteration seemed greater in the morning than in the evening, which might explain the dosing time-dependent action of imipramine.

    DOI

  • Chronopharmacological Analysis of Antidepressant Activity of a Dual-Action Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor (SNRI), Milnacipran, in Rats

    Hiroshi Kawai, Megumi Machida, Takuya Ishibashi, Naomi Kudo, Yoichi Ka ...

    Biological and Pharmaceutical Bulletin ( The Pharmaceutical Sciety of Japan )  41 ( 2 ) 213 - 219   2018年02月  [査読有り]

    共著

    Biological rhythms are thought to be related to the pathogenesis and therapy of various diseases including depression. Here we investigated the influence of circadian rhythms on the antidepressant activity of the dual-action serotonin-noradrenaline reuptake inhibitor (SNRI) milnacipran. Rats administered milnacipran in the morning (8:00 a.m.; zeitgeber time [ZT]1) or in the evening (8:00 p.m.; ZT13) were analyzed in a forced swim test (FST). At ZT1, the rats’ immobility was reduced and the swimming was increased, whereas at ZT13, their climbing was increased. These results suggest that the serotonergic and noradrenergic systems are preferentially affected at ZT1 and ZT13, respectively by milnacipran. We analyzed the plasma and brain levels of milnacipran after administration, and there were no differences between ZT1 and ZT13. The circadian rhythm of monoamine neurotransmitters was analyzed in several brain regions. The serotonin turnover showed rhythms with a peak during ZT18–ZT22 in hippocampus. The noradrenaline turnover showed rhythms with a peak during ZT22–ZT2. There was a difference of approx. 4 h between the serotonergic and noradrenergic systems. This time difference might be one of the factors that affect the action of milnacipran and contribute to the dosing time-dependent behavioral pattern in the FST.

    DOI

  • Short and long photoperiods differentially exacerbate corticosterone-induced physical and psychological symptoms in mice.

    Hiroshi KAWAI, Jin INABE, Takuya ISHIBASHI, Naomi KUDO, Yoichi KAWASHI ...

    Biomedical Research ( Biomedical Research Press )  39 ( 1 ) 47 - 55   2018年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Disposition of perfluorododecanoic acid in male rats after an oral administration

    Fundamental Toxicological Sciences ( 日本毒性学会 )  4 ( 4 ) 179 - 186   2017年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 衛生化学詳解 第2版

    浅野哲、阿部すみ子、大塚文徳、川嶋洋一、工藤なをみ、杉山晶規、中川靖一、光本篤史 (担当: 共著 , 担当範囲: 第5部 毒性学 )

    京都廣川書店  2016年09月 ISBN: 9784906992881

  • Toxicological Effects of Perfluoroalkyl and Polyfluoroalkyl Substances

    Christopher Lau, Sonia Dagnino, Naomi Kudo, et al. (担当: 共著 , 担当範囲: Metabolism and Pharmacokinetics )

    Humana Press  2015年 ISBN: 978-3-319-15517-3

  • 新放射化学・放射性医薬品学 改定第3版

    工藤なをみ (担当: 共著 )

    南江堂  2011年03月

  • 衛生薬学 改訂第3版

    佐藤政男 他 (担当: 共著 )

    南江堂  2011年03月

  • 環境・健康科学辞典(共著)

    工藤なをみ (担当: 共著 )

    丸善 日本薬学会編  2005年01月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • フッソ系界面活性剤の生体内蓄積機構と安全性評価に関する研究

    工藤なをみ

    薬学研究の進歩 ( 薬学研究奨励財団 )  22   21 - 26   2006年03月

    総説・解説(その他)   単著

    フッソ系界面活性剤であるペルフルオロオクタン酸およびその類縁体であるテロマーアルコールについて、体内動態と排泄機構を明らかにした。

  • Toxicity and toxicokinetics of perfluorooctanoic acid in humans and animals.

    Kudo, N. and Kawashima, Y.

    J Toxicol Sci. ( The Japanese Society of Toxicology )  28 ( 2 ) 49 - 57   2003年05月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 不飽和脂肪酸の代謝とその調節機構

    工藤なをみ、川嶋洋一

    Radioisotopes ( 日本アイソトープ協会 )  45   601 - 602   1996年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ペルフルオロ化合物の生体残留性の検討と排泄促進剤の探索

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2010年03月 

    ペルフルオロ化合物の生体残留性の検討と排泄促進剤の探索

  • フッ素系界面活性剤は代謝により活性化される

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月 

    フッ素系界面活性剤は代謝により活性化される

  • ペルフルオロアルキルテロマーアルコールの体内動態の解明とヒトにおける残存性の評価

    基盤研究(C)

    研究期間:  2003年04月  -  2006年03月 

    ペルフルオロアルキルテロマーアルコールの体内動態の解明とヒトにおける残存性の評価

  • 培養細胞系を用いた化学物質の吸収、排泄機構系の確立と安全性評価に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2000年04月  -  2003年03月 

    培養細胞系を用いた化学物質の吸収、排泄機構系の確立と安全性評価に関する研究

  • フッ素化脂肪酸化合物を認識する新規細胞膜輸送体の検索とそのクローニング

    奨励研究(A)

    研究期間:  1997年04月  -  1999年03月 

    フッ素化脂肪酸化合物を認識する新規細胞膜輸送隊の検索

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • フッ素系界面活性剤の生体内蓄積機構と安全性評価に関する研究

    提供機関:  民間財団等  薬学研究奨励財団

    研究期間: 2002年04月  -  2003年03月 

    フッ素系界面活性剤の生体内蓄積機構と安全性評価に関する研究

  • 難代謝性フッ素化脂肪酸の生体作用メカニズムの解明

    提供機関:  民間財団等  武田科学振興財団

    研究期間: 1999年04月  -  2000年03月 

    難代謝性フッ素化脂肪酸の生体作用メカニズムの解明

  • 化学物質により誘発される脂肪肝の魚油摂取による改善の試み

    提供機関:  民間財団等  医薬資源研究振興会

    研究期間: 1997年04月  -  1998年03月 

    化学物質により誘発される脂肪肝の魚油摂取による改善の試み

  • ペルフルオロカルボン酸の炭素鎖長の違いによる体内動態と肝特異性ペルオキシソーム増殖作用の解析

    提供機関:  民間財団等  島原科学振興会研究助成金

    研究期間: 1996年04月  -  1997年03月 

    ペルフルオロカルボン酸の炭素鎖長の違いによる体内動態と肝特異性ペルオキシソーム増殖作用の解析

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究補助金基盤研究(C)

    提供機関:    学内共同研究

    研究期間:  2000年04月  -  2003年03月 

    文部科学省科学研究補助金基盤研究(C)薬物による不飽和脂肪酸合成制御の試みにおいて、研究代表者 川嶋洋一教授(本学)の研究分担者として研究に参画した。

  • 文部省科学研究補助金基盤研究(C)

    提供機関:    学内共同研究

    研究期間:  1997年04月  -  2000年03月 

    文部省科学研究補助金基盤研究(C)ぺるふるおろ化合物の生体残留性の検討と再説促進剤の探索」において、研究代表者川嶋洋一 教授(本学)の分担研究者として研究を行った。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Tokicokinetics of PFAA

    Naomi Kudo

    PFAA Mode of Action  (Research Triangle Park, NC, USA)  2007年08月  -  2007年08月    United States of Environmental Protection Agency

    米国環境保護局の招待により、ペルフルオロアルキル化合物の安全性評価に関する最新の情報の発表と意見交換を行った。

  • Comparative toxicokinetics among PFAA and related chemistries

    Naomi Kudo

    Perfluoroalkyl acids and related chemistries: Tokicokinetics and mode of action Workshop  (Arlington, VA, USA)  2007年02月  -  2007年02月    Society of Toxicology, USA

    米国毒性学会の招待により、ペルフルオロアルキル化合物の体内動態に関する招待講演を行った。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    論文作成法特論

  • 2012年04月
    -
    継続中

    生体防御特論

  • 2010年04月
    -
    継続中

    薬毒物分析(演習を含む)

  • 2010年04月
    -
    継続中

    生体防御特論

  • 2009年04月
    -
    継続中

    食品医薬品相互作用論

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    継続中

    衛生化学詳解改訂第2版下

  • 2014年09月
    -
    2016年08月

    衛生化学詳解下

  • 2008年04月
    -
    継続中

    薬学教育協議会衛生薬学部会薬剤師国家試験問題検討委員会委員

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中
      動物広報委員会委員   (全学委員会)

  • 2004年04月
    -
    2007年03月
      公開講座委員   (全学委員会)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2013年02月
    -
    継続中

    日本薬学会   代議員

  • 2012年09月
    -
    2013年09月

    日本薬学会   薬学教育モデルコアカリキュラム改訂に関する調査研究チーム委員

  • 2008年02月
    -
    継続中

    日本薬学会   関東支部幹事

  • 2005年12月
    -
    継続中

    日本薬学会   ファルマシア地区通信委員

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    日本薬学会   ホームページ・薬学用語辞典小委員会委員

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働省薬事・食品衛生審議会臨時委員(動物用医薬品等部会)

    厚生労働省薬事・食品衛生審議会 

    2017年01月
    -
    現在

  • 厚生労働省薬事・食品衛生審議会専門委員(動物用医薬品残留問題調査会)

    2015年09月
    -
    現在

    動物用医薬品残留問題調査会

  • 日本中央競馬会禁止薬物再検査制度立会人

    2003年04月
    -
    現在