櫛部 静二 (クシベ セイジ)

KUSHIBE Seiji

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

運動生理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    早稲田大学   人間科学部   スポーツ科学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    日本体育大学  保健体育研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 日本体育大学 -  修士(体育学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年05月
    -
    継続中

    城西大学   経営学部   マネジメント総合学科   准教授  

  • 2004年04月
    -
    2010年04月

    城西大学   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2001年04月

      ヱスビー食品株式会社   職員(その他)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    ランニング学会

  • 2006年11月
     
     
     

    やまぐち国体スポーツ強化教室(ジュニア陸上競技長距離)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 常圧低酸素環境化におけるトレーニングの効果

    その他の研究制度  

    研究期間: 2004年04月  -  継続中

    常圧低酸素環境を利用した持久的種目のトレーニングの検討

論文 【 表示 / 非表示

  • The effects of collagen peptide supplementation on knee joint health : a double-blind, placebo-controlled, randomized trial in healthy university students belonging to a running club

    Yoshifumi Kimira, Masafumi Saito, Seiji Kushibe, Kaho Nomura, Yoshihiro Osawa, Yusuke Sekiguchi, Jun Shimizu, Sachie Nakatani, Seiko Koizumi, Naoki Inoue, Yoshihisa Mori, Jun Kobayashi, Hiroshi Mano

    薬理と治療 ( ライフサイエンス出版 )    2019年09月  [査読有り]

    共著

  • Molecular regulation of skeletal muscle mass and the contribution of nitric oxide

    Jun Kobayashi Hiroyuki Uchida Ayaka Kofuji Junta Ito Maki Shimizu Hyounju Kim Yusuke Sekiguchi Seiji Kushibe

    FASEB BioAdvances ( FASEB )    2019年06月  [査読有り]

    共著

    A variety of internal and external factors such as exercise, nutrition, inflammation, and cancer‐associated cachexia affect the regulation of skeletal muscle mass. Because skeletal muscle functions as a crucial regulator of whole body metabolism, rather than just as a motor for locomotion, the enhancement and maintenance of muscle mass and function are required to maintain health and reduce the morbidity and mortality associated with diseases involving muscle wasting. Recent studies in this field have made tremendous progress; therefore, identification of the mechanisms that regulate skeletal muscle mass is necessary for the physical and nutritional management of both athletes and patients with muscle wasting disease. In this review, we present an overall picture of the interactions regulating skeletal muscle mass, particularly focusing on the insulin‐like growth factor‐I (IGF‐I)/insulin‐Akt‐mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway, skeletal muscle inactivity, and endurance and resistance exercise. We also discuss the contribution of nitric oxide (NO) to the regulation of skeletal muscle mass based on the current knowledge of the novel role of NO in these processes.

  • 大学男子駅伝選手の常圧下低酸素環境を利用したトレーニングにおける魚油製剤摂取の効果

    櫛部 静二、小林 悟、竹之内 康広、大竹 一男、加園 恵三 他 

    脂質栄養学 ( 日本脂質栄養学会 )  25 ( 1 )   2016年04月  [査読有り]

    共著

    大学男子駅伝選手の常圧低酸素下トレーニングでの魚油製剤摂取の有効性を報告する。本トレーニングによる成績向上は著しいが,一方,赤血球数増加による心肺系への負担増などが知られ,その軽減策として魚油製剤服用を試みた。大学選手16名を8名ずつ服用群,非服用群として,4週間の試験を行ったところ,服用群では,血中EPA濃度が上昇し,Hb値,RBC値は,非服用群では低酸素利用後に増加傾向であったの対し,変わらなかった。また,服用群は非服用群に比べ,早い走行速度で乳酸値が下がっていた。魚油製剤服用が,デメリットを減じつつ,持久力向上に寄与できる可能性を示した。

    JURA Repository

  • 主観的運動強度に基づく活動記録法によるトレーニング中のエネルギー消費量評価の妥当性

    吉田明日美、高田和子、鈴木尚人、櫛部静二、礒繁雄、田口素子、田中茂穂、樋口満

    体力科学 ( 体力医学会 )  64 ( 1 )   2015年01月

    共著

  • 最大スプリント走時の走速度,ピッチ・スライド,接地・滞空時間の相互関係と,競技力向上への

    土江 寛裕、櫛部 静二、平塚 潤

    城西大学研究年報 自然科学編 ( 城西大学 )    2010年03月

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎からわかる!中長距離走トレーニング

    櫛部静二 (担当: 単著 )

    ベースボールマガジン社  2015年08月

芸術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • バンコクユニバーシアード

    2007年08月
     
     

    タイ・バンコク

  • 第83回東京箱根間往復駅伝競走

    2007年01月
     
     

    東京-箱根

  • 世界ジュニア陸上選手権大会

    2006年08月
     
     

    北京

  • 第82回東京箱根間往復駅伝競走

    2006年01月
     
     

    東京-箱根

  • トルコユニバーシアード

    2005年08月
     
     

    トルコ

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • としま健康づくり大学 

    2007年06月
     
     

    講演 「スポーツと健康」