近藤 誠一 (コンドウ セイイチ)

KONDO Seiichi

写真a

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1973年03月

    高知大学   農学部   農芸化   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1975年03月

    徳島大学  栄養学研究科  栄養衛生学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  薬学博士

  • 徳島大学 -  栄養学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   教授  

  • 1996年04月
    -
    2006年03月

    城西大学   薬学部   助教授  

  • 1989年04月
    -
    1996年03月

    城西大学   薬学部   講師  

  • 1975年04月
    -
    1989年03月

    城西大学   薬学部   助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1974年04月
    -
    継続中
     

    日本細菌学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 1976年04月
    -
    継続中
     

    毒素シンポジウム

  • 1975年04月
    -
    継続中
     

    腸炎ビブリオシンポジウム

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

  • 免疫学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 細菌細胞表層多糖抗原の免疫科学

    その他の研究制度  

    研究期間: 1975年04月  -  継続中

  • 抗菌活性を有する天然香料の検索

    その他の研究制度  

    研究期間: 2003年04月  -  継続中

  • 環境常在細菌の薬剤耐性動向調査

    その他の研究制度  

    研究期間: 2006年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Fragrance Ingredients on the Uptake of Legionella pneumophila into Acanthamoeba castellanii.

    Harue NOMURA, Sakiko TAKAHASHI, Yuki TOHARA, Yaunori ISSHAKI, Keisuke SAKUDA, Katsuya SAKUMA, Seiichi KONDO

    Biocontrol Science ( 日本防菌防黴学会 )  23 ( 4 )   2018年  [査読有り]

    共著

  • Effect of g-cyclodextrin derivative complexation on the physicochemical properties and antimicrobial activity of hinokithiol

    Rina Suzuki, Yutaka Inoue, Yuina Tsunoda, Isamu Murata, Yasunori Isshiki, Seiichi Kondo, Ikuo Kanamoto

    Journal of Inclusion Phemonmena and Macrocyclic Chemistry ( Springer )  23 ( 4 ) 177 - 186   2015年08月  [査読有り]

    共著

  • Effects of Oakmoss and its Components on Acanthamoeba castellanii ATCC 30234 and the Uptake of Legionella pneumophila JCM 7571 (ATCC 33152) into A. castellanii

    HARUE NOMURA, YASUNORI ISSHIKI, KEISUKE SAKUDA, KATSUYA SAKUMA and SEIICHI KONDO

    Bioscience Control ( Bioscience Control )  20 ( 1 ) 59 - 65   2015年01月  [査読有り]

    共著

    Acanthamoeba castellanii, a ubiquitous organism in water environments, is pathogenic toward humans and also is a host for bacteria of the genus Legionella, a causative agent of legionellosis. Oakmoss, a natural fragrance ingredient, and its components are antibacterial agents specifically against the genus Legionella. In the present study, oakmoss and its components were investigated for their amoebicidal activity against A. castellanii ATCC 30234 and the inhibitory effect on the uptake of L. pneumophila JCM 7571 (ATCC 33153) into A. castellanii. The oakmoss and its components 3-hydroxy-5-methylphenyl 2,4-dihydroxy-6-methylbenzoate (5), and 6,8-dihydroxy-3-pentyl-1H-isochromen-1-one (12) exhibited high amoebicidal activity (IC50 values; 10.5  2.3, 16.3  4.0 and 17.5  2.8 g/mL, respectively) after 48 h of treatment, which were equivalent to that of the reference compound, chlorhexidine gluconate. Pretreatment of L. pneumophila with sub-minimal inhibitory concentration of oakmoss, compound 5, 3-hydroxy-5-methylphenyl 2-hydroxy-4-methoxy-6-methylbenzoate (10) and 8-(2,4-dihydroxy-6-pentylphenoxy)-6-hydroxy-3-pentyl-1H-isochromen-1-one (14) obviously reduced the uptake of L. pneumophila into A. castellanii (p  0.05). The inhibitory effect of compound 5 on the uptake of L. pneumophila was almost equivalent to that of ampicillin used as a reference. Thus, the oakmoss and its components were considered to be good candidates for disinfectants against not only Legionella but also A. castellanii.

  • 希釈調製した0.5%ポビドンヨード液の安定性および各種ポビドンヨード製剤の比較

    内田昌希、裏山玲菜、一色恭徳、八巻努、前野拓也、上田秀雄、近藤誠一、夏目秀視

    医療薬学 ( 日本医療薬学会 )  40 ( 2 ) 109 - 116   2014年01月  [査読有り]

    単著

    ポビドンヨードは、グラム陽性菌、グラム陰性菌、結核菌、真菌、ウイルスなど広範囲の微生物に作用を示す殺菌消毒剤であり、刺激性や組織障害性が低いことから慰労機関において手術部位、創傷部位および熱傷部位などの皮膚・粘膜の消毒などん広く用いられている。ポビドンヨード液は10倍以上に希釈すると、組織障害性が減弱するため、希釈して用いられることがある。目や耳にも希釈した点眼液や点耳駅が使用されている。さらに、ポビドンヨード液の原液あるいは高濃度のポビドンヨード液よりも、希釈したポビドンヨード駅液のほうが殺菌力が高いと報告されており、一部の医療機関では0.5%ポビドンヨード液を膣等の粘膜の洗浄および消毒にしようしている。0.5%ポビドンヨード液は、製剤の採算性や安定性などの問題から市販されていないため、各医療機関で市販製剤の10%ポビドンヨード液から院内製剤として希釈調製されているが、その調整過程において微生物汚染を受けることが問題となっている。また、ポビドンヨード製剤は高圧蒸気滅菌を行う手、有効ヨウ素の含量の低下およびpHも低下による刺激性の増加などの問題もあるため、生体に汎用される0.5%ポビドンヨード液については、薬剤師が無菌的に調製する必要がある。一方、院内製剤の調製後の安定性については、製剤の有効保存期間を設定する上で重要であるにもかかわらず、詳細に検討されていないのが現状である。したがって院内製剤の有効保存期間は、各医療機関の責任下で過去の類似した研究結果や試薬企業の所有する単一な情報などから予想して設定されている。これまでに、ポビドンヨード製剤の希釈液については、調製後の安定性や殺菌効果が検討されており、希釈倍率、保存温度および保存容器などがこれらび影響することが報告されている。しかしながら、これらの報告ではポビドンヨード製剤に含嗽用の製剤を使用していたり、希釈する溶媒に生理食塩液などを使用しているなど、本研究における0.5%ポビドンヨード液と組成が異なっていること、さらに、ポビドンヨードの安定性に関与していると考えられる希釈倍率や保存する容器も本研究における製剤と異なっていることから、本研究で希釈調製した0.5%ポビドンヨード液の調製後の安定性を新たに検討する必要がある。また、診断群別包括支払制度の導入により、10%ポビドンヨード液の先発医薬品であるイソジン液10%から後発医薬品に切り替える医療機関がみられるようになった。後発医薬品の中には、先発医薬品と品質が異なることが指摘されており、ポビドンヨード製剤も各医療機関で品質などに差がある可能性がある。特に、消毒薬における各製剤間の品質などを比較した円球は少なく、さらに0.5%ポビドンヨードの安定性に関して各製剤間で比較した研究はほとんどない。そこで本研究では、種々市販製剤の10%ポビドンヨード液を用いて、0.5%ポビドンヨード液を無菌的に調製し、種々保存条件下での製剤中の有効ヨウ素の安定性について評価し、さらに種々の市販製剤間での比較も行った。

  • Effects of oakmoss and its components on biofilm formation of Legionella pneumophila and antibacterial activity against L. pneumophila residing in biofilm

    Harue NOMURA, Yasunori ISSHIKI, Keisuke SAKUDA, Katsuya SAKUMA

    Biol. Pharm. Bull. ( 日本薬学会 )  36 ( 5 ) 833 - 837   2013年02月  [査読有り]

    共著

    Oakmoss and its components are known as antibacterial agents specifically against Legionella pneumophila. In the present study, we investigated the effects of oakmoss and its components (phenol derivatives, didepside derivatives and isochromen derivatives) on biofilm formation of L. pneumophila and their bactericidal activity (minimum bactericidalconcentration, MBC) against the bacterial cells residing in the biofilm. Among 20 compounds tested, two didepside derivatives and four phenol derivatives showed reduction of the biofilm formation to less than 50% compared with that of control at the concentration of their respective 1/2MIC (minimum inhibitory concentration). The reduction activities of these compounds were equivalent to or higher than that of clarithromycin used as a reference. Isochromen derivatives did not affect on the biofilm formation. Analysis of bactericidal activity of didedpside and isochromen derivatives revealed that three of four didepside derivatives and one of four isochromen derivatives exhibited high bactericidal activity (MBC: 32.0 – 74.7µg/ml) against L. pneumophila residing in the biofilm after 24h or 48h co-incubation; the antibacterial activities of these compounds were almost equivalent to those of clarithromycin and chlorhexidine gluconate (MBC: 42.7– 64.0µg/ml) used as references. It is therefore suggested that didepside derivatives can be candidates for disinfectants against L. pneumophila on account of their anti-biofilm forming and bactericidal activities.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 腸炎ビブリオ第Ⅳ集

    近藤誠一、一色恭徳 (担当: 共著 )

    近代出版  2013年06月

  • Bacterial Endotoxin

    Hisatsune, K., Sondo, S., Isshiki, Y., Iguchi, T., Kawamata, Y., Sano, Y., Shimada, T. (担当: 共著 , 担当範囲: 化学的性状部分の執筆 )

    Johon Wiley & Sons, Inc., Publication, London  1994年04月

    新型コレラ菌O139のエンドトキシンの免疫化学的性状を紹介した。

  • エンドトキシンの機器分析法 -糖鎖の解析-

    河西信彦 他 (担当: 共著 , 担当範囲: エンドトキシン糖鎖部分の解析法を紹介 )

    菜根出版  1991年04月

    グラム陰性細菌のエンドトキシンの機器分析法を紹介した。

  • 腸炎ビブリオ第Ⅲ集

    近藤誠一 (担当: 共著 , 担当範囲: 腸炎ビブリオリポ多糖の化学的血清学的性状 )

    近代出版  1990年04月

    腸炎ビブリオリポ多糖の化学的、血清学的性状の紹介

  • Bacterial Endotoxin

    Hisatsune, K., Kondo, S., Ibudhi, T., Yamamoto, F., Inaguma, M., Kokubo, S., Arai, A. (担当: 共著 , 担当範囲: 化学的性状 )

    Verlag Chemie, Basel  1984年04月

    ビブリオ科細菌のエンドトキシンの特徴を紹介

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会黒屋奨学賞

    1990年04月   日本細菌学会  

    受賞者:  近藤誠一

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 天然香料又はその主要成分の抗菌薬との併用によるMRSA の抗菌薬感受性に及ぼす影響

    若島果穂、 喜多村幸、野村陽恵、一色恭徳、作田圭亮、佐久間克也、近藤誠一

    第62回日本日薬学会関東支部大会  (東京)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会

  • 香料と抗菌薬との併用による MRSA の抗菌薬感受性に及ぼす影響

    石崎美香、喜多村幸、野村陽恵、一色恭徳、作田圭亮、佐久間克也、近藤誠一

    第62回日本薬学会関東支部大会  (東京)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会

  • ヒノキチオール銅錯体/シクロデキストリン複合体における抗菌活性の評価

    鈴木莉奈, 村田勇, 井上裕, 野村陽恵, 一色恭徳, 橋本雅司, 近藤誠一, 金本郁男

    第35回 シクロデキストリンシンポジウム  (甲府)  2018年09月  -  2018年09月    シクロデキストリンシンポジウム

  • Evaluation of antimicrobial activity of hinokitiol with cyclodextrins

    Rina Suzuki, Isamu Murata, Yutaka Inoue, Harue Nomura, Yasunori Isshiki, Seiichi Kondo and Ikuo Kanamoto

    The 19th International Cyclodextrin Symposium (ICS 2018  (Tokyo)  2018年04月  -  2018年04月    International Cyclodextrin Symposium

  • 腸炎ビブリオ O7 リポ多糖の多糖部構造解析

    一色恭徳、天野瑞恵、石川恵美、松島茉莉子、野村陽恵、近藤誠一

    第91回日本細菌学会総会  (福岡)  2018年03月  -  2018年03月    日本細菌学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    継続中

    微生物学

  • 2016年09月
    -
    継続中

    薬理学Ⅲ

  • 2016年09月
    -
    継続中

    薬理学Ⅲ

  • 2016年04月
    -
    継続中

    病原微生物学

  • 2016年04月
    -
    継続中

    病原微生物学

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 日本医療科学大学   微生物学

  • 日本医療科学大学   病原微生物学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    1年次生~3年次生クラス担任