野村 陽恵 (ノムラ ハルエ)

NOMURA Harue

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

微生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    帝京大学   理工学部   バイオサイエンス学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    北里大学  感染制御科学府  感染制御科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  博士(薬科学)

  • 北里大学 -  修士(生命科学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   助教  

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

    城西大学   薬学部   薬学科   助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2014年05月
    -
    継続中
     

    日本防菌防黴学会

  • 2007年12月
    -
    継続中
     

    日本細菌学会

  • 2006年01月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭専修免許

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of fragrance ingredients on the uptake of Legionella pneumophila into Acanthamoeba castellanii

    Nomura Harue, Isshiki Yasunori, Sakuda Keisuke, Sakuma Kastuya, Kondo Seiichi

    Biocontrol Science ( 日本防菌防黴学会 )  23 ( 4 )   2018年  [査読有り]

    共著

    Acanthamoeba castellanii, a ubiquitous organism in water environments, is pathogenic toward humans and also is a host for bacteria of the genus Legionella, a causative agent of legionellosis. Fragrance ingredients were investigated for their antibacterial activity against planktonic Legionella pneumophila, amoebicidal activity against A. castellanii, and inhibitory effect against L. pneumophila uptake into A. castellanii. Helional® exhibited relatively high antibacterial activity [minimum inhibitory concentration (MIC), 32.0μg/mL]. Anis aldehyde, canthoxal, helional® and vanillin exhibited amoebicidal activity (IC50 values, 58.4 ± 2.0, 71.2 ± 14.7, 66.8 ± 8.3 and 49.1 ± 2.5 μg/mL, respectively). L. pneumophila pretreatment with sub-MICs (0.25× MIC) of anis aldehyde, canthoxal, cortex aldehyde® 50 percent or vanillin evidently reduced L. pneumophila uptake into A. castellanii (p  0.01). Thus, fragrance ingredients were good candidates for disinfectant against L. pneumophila and A. castellanii.

  • Effects of Oakmoss and its Components on Acanthamoeba castellanii ATCC 30234 and the Uptake of Legionella pneumophila JCM 7571 (ATCC 33152) into A. castellanii

    Nomura Harue, Isshiki Yasunori, Sakuda Keisuke, Sakuma Kastuya, Kondo Seiichi

    Biocontrol Science ( 日本防菌防黴学会 )  20 ( 1 ) 59 - 65   2015年  [査読有り]

    共著

    Acanthamoeba castellanii, a ubiquitous organism in water environments, is pathogenic toward humans and also is a host for bacteria of the genus Legionella, a causative agent of legionellosis. Oakmoss, a natural fragrance ingredient, and its components are antibacterial agents specifically against the genus Legionella. In the present study, oakmoss and its components were investigated for their amoebicidal activity against A. castellanii ATCC 30234 and the inhibitory effect on the uptake of L. pneumophila JCM 7571 (ATCC 33152) into A. castellanii. The oakmoss and its components 3-hydroxy-5-methylphenyl 2,4-dihydroxy-6-methylbenzoate(5), and 6,8-dihydroxy-3-pentyl-1H-isochromen-1-one (12) exhibited high amoebicidal activity (IC50 values; 10.5 ± 2.3, 16.3 ± 4.0 and 17.5 ± 2.8 μg/mL, respectively) after 48 h of treatment, which were equivalent to that of the reference compound, chlorhexidine gluconate. Pretreatment of L. pneumophila with sub-minimal inhibitory concentration of oakmoss, compound 5, 3-hydroxy-5-methylphenyl 2-hydroxy-4-methoxy-6-methylbenzoate (10) and 8-(2,4-dihydroxy-6-pentylphenoxy)-6-hydroxy-3-pentyl-1H-isochromen-1-one (14) obviously reduced the uptake of L. pneumophila into A.castellanii (p < 0.05).The inhibitory effect of compound 5 on the uptake of L. pneumophila was almost equivalent to that of ampicillin used as a reference. Thus, the oakmoss and its components were considered to be good candidates for disinfectants against not only genus Legionella but also A. castellanii.

  • Effects of Oakmoss and its Components on Biofilm Formation of Legionella pneumophila

    Harue Nomura, Yasunori Isshiki, Keisuke Sakuda, Katsuya Sakuma, Seiichi Kondo

    Biological & Pharmaceutical Bulletin ( 日本薬学会 )  36 ( 5 ) 833 - 837   2013年  [査読有り]

    共著

    Oakmoss and its components are known as antibacterial agents, specifically against Legionella pneumophila. In the present study, we investigated the effects of oakmoss and its components (phenol, didepside and isochromen derivatives) on L. pneumophila biofilm formation, with particular reference to the bactericidal activity (minimum bactericidal concentration, MBC) of these components against the bacterial cells in the biofilm. Of the 20 compounds tested, two didepside derivatives and four phenol derivatives reduced biofilm formation by more than 50% of that observed for the control at their respective minimum inhibitory concentrations (1/2×MIC). The inhibitory activities of these compounds were either equivalent to or greater than that of the clarithromycin reference. Isochromen derivatives had no effect on biofilm formation. Analysis of bactericidal activity of didepside and isochromen derivatives revealed that three of four didepside derivatives and one of four isochromen derivatives exhibited high bactericidal activity (MBC: 32.0–74.7 µg/mL) against the L. pneumophila in the biofilm after 24 h or 48 h of co-incubation; the antibacterial activities of these compounds were almost equivalent to clarithromycin and chlorhexidine gluconate (MBC: 42.7–64.0 µg/mL) that were used as references. Thus, based on their anti-biofilm forming and bactericidal activities, didepside derivatives are considered to be good candidates for disinfectants against L. pneumophila.

  • The Antibacterial Activity of Compounds Isolated from Oakmoss against Legionella pneumophila and Other Legionella spa.

    Harue Nomura, Yasunori Isshiki, Keisuke Sakuda, Katsuya Sakuma, Seiichi Kondo

    Biological & Pharmaceutical Bulletin ( 日本薬学会 )  35 ( 9 ) 1560 - 1567   2012年  [査読有り]

    共著

    Oakmoss is a natural fragrance ingredient exhibiting highly specific, potent antibacterial activity against Legionella pneumophila, a causative agent of severe water-bone pneumonia. In the present study, the antibacterial activity of individual compounds isolated from oakmoss was investigated against L. pneumophila and other Legionella spp. A total of 18 known compounds and two minor novel compounds (i.e., 3-methoxy-5-methylphenyl-2,4-dihydroxy-6-methylbenzoate (compound 9) and 8-(2,4-dihydroxy-6-(2-oxoheptyl)-phenoxy)-6-hydroxy-3-pentyl-1H-isochromen-1-one (compound 20)) were purified from oakmoss. The minimum inhibitory concentrations (MICs) against clinical and environmental isolates of L. pneumophila, L. bozemanii, L. micdadei, L. longbeachae, and L. dumoffii for 11 of the 20 compounds were less than 100 µg/ml (range 0.8–64.0 µg/ml). Novel compounds 9 and 20 exhibited potent antibacterial activity against L. pneumophila strains (MIC ranges of 1.3–8.0 µg/ml and 3.3–13.3 µg/ml, respectively) and also against four other Legionella species (MIC ranges of 0.8–8.0 µg/ml and 3.3–21.3 µg/ml, respectively). Time-kill assays indicated that compounds 9 and 20 kill bacteria at a concentration equivalent to 2× MIC after 1 h and 6 h co-incubations, respectively. While oakmoss and the purified components exhibited antibacterial activity against Legionella spp., they were not active against other Gram-negative and -positive bacteria such as Escherichia coli, Pseudomonas aeruginosa, Bacillus subtilis and Staphylococcus aureus.

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の対する抗生物質と香料との併用効果

    若林真弘, 一色恭徳, 野村陽恵, 作田圭亮, 佐久間克也, 近藤誠一

    AROMA RESEARCH ( フレグランスジャーナル社 )  12 ( 2 ) 54 - 60   2011年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 天然香料又はその主要成分の抗菌薬との併用によるMRSA の抗菌薬感受性に及ぼす影響

    若島果穂, 喜多村幸, 野村陽恵, 一色恭徳, 作田圭亮, 佐久間克也, 近藤誠一

    第62回日本薬学会関東支部大会  (東京)  2018年09月  -  2018年09月   

    【目的】メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) は、多剤耐性を示すことから使用可能な薬剤は限られており、それらの更なる耐性化が懸念されている。その対策として、感受性の低下した薬剤の再利用が期待されており、本研究では、天然香料とその主要成分について、MRSA の抗菌薬感受性に及ぼす効果を評価した。
    【方法】菌株は、Staphylococcus aureus ATCC 43300 (MRSA) を用いた。天然香料 4 種類と主要成分 6 種類について β-ラクタム系 (ABPC、CET、CAZ)、キノロン系 (NFLX)、アミノグリコシド系 (KM) 抗菌薬との併用による効果を checkerboard 法を用いて解析した。
    【結果】全ての香料が、何れかの抗菌薬との併用により相乗効果を示した。その中で、Clove bud oil に含まれる Caryophyllene と Litsea cubeba oil に含まれる Limonene は、β-ラクタム系抗菌薬との併用でのみ高い相乗効果を示した。
    【考察】全ての香料が、1 つ又は複数の抗菌薬との併用により MRSA の抗菌薬感受性に対する増強効果を示した。特に、細胞膜への作用が知られている Caryophyllene と Limonene は、β-ラクタム系抗菌薬との併用でのみ高い相乗効果を示した。従って、これらの香料は、MRSA の細胞膜に作用することで β-ラクタム系抗菌薬の主な耐性機構である PBP2’の局在を変化させたこと考えられた。また、CET や KM との併用により相乗効果を示した Thyme white oil に含まれる Thymol や Carvacrol も、細胞膜への作用が報告されている。このことから、Caryophyllene や Limonene と同様に PBP2’の局在に影響、更に KM の細胞膜透過性に影響を与えたことが考えられた。これらのことから、香料と抗菌薬との併用は、新たな MRSA 感染症治療法への応用に有用であることが示唆された。

  • 香料と抗菌薬との併用による MRSA の抗菌薬感受性に及ぼす影響

    石崎美香、喜多村幸、野村陽恵、一色恭徳、作田圭亮、佐久間克也、近藤誠一

    第62回日本薬学会関東支部大会  (東京)  2018年09月  -  2018年09月   

  • 腸炎ビブリオO7リポ多糖の多糖部構造解析

    一色恭徳、天野瑞恵、石川恵美、松島茉莉子、野村陽恵、近藤誠一

    第91回日本細菌学会総会  (福岡)  2018年03月  -  2018年03月    日本細菌学会

  • 緑膿菌の抗菌薬感受性に及ぼす香料の影響

    野村陽恵, 一色恭徳, 作田圭亮, 佐久間克也, 近藤誠一

    日本薬学会第138年会  (金沢)  2018年03月  -  2018年03月   

    【目的】緑膿菌 (Pseudomonas aeruginosa) は、抗菌薬に対して自然耐性と獲得耐 性の両方を示す。このことから、感染症治療において使用可能な抗菌薬は限られ、 かつこれらの反復使用による更なる耐性化が懸念されている。そこで、緑膿菌の 薬剤耐性機構の 1 つである薬剤排出ポンプに着目し、香料の薬剤排出ポンプへの 影響を指標としたスクリーニングを行ってきた。今回は、スクリーニングにより 選択された香料について、詳細な併用効果を評価したので報告する。 【方法】評価には、P. aeruginosa JCM 6119、PAO1 と PAO1 由来変異株を用いた。 香料は、小川香料株式会社より分与された香料を用いた。併用効果は、checkerboard 法を改良した変法により評価した。
    【結果・考察】807 種類の香料の中からスクリーニングにより選択された 7 香料 について、P. aeruginosa に対する抗菌薬感受性増強効果を評価した。その結果、JCM 6119 株では 3 香料が quinolone 系又は β-lactam 系抗菌薬に対する感受性増強効 果を示した。また、PAO1 株を用いて ofloxacin と cefsulodin による選択により薬 剤排出ポンプの高発現株 (PAO1-OCR、PAO1-OR) を作成した。PAO1-OCR 株は、 quinolone 系と第 3 世代 cephem 系抗菌薬に対して耐性を示し、PAO1-OR 株は quinolone 系抗菌薬に対して耐性を示す。これらの菌株に対する香料と抗菌薬の併 用による効果を評価した結果、それぞれ 1 及び 2 種類の香料が quinolone 系抗菌 薬に対する感受性増強効果を示した。PAO1 株に対しては、全ての香料が感受性増 強効果を示さなかった。香料が耐性株に対して感受性増強効果を示したことから、 P. aeruginosa の薬剤排出ポンプを阻害することで抗菌薬感受性を増強し、耐性を 克服することが明らかとなった。

  • シクロデキストリン誘導体を用いたヒノキチオール固体分散体における抗菌活性の評価

    鈴木莉奈、村田 勇、井上 裕、野村陽恵、一色恭徳、近藤誠一、金本郁男

    第34回シクロデキストリンシンポジウム  (愛知)  2017年08月  -  2017年08月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年12月
    -
    2019年01月

    微生物学

  • 2018年11月
    -
    2018年12月

    薬学実習B

  • 2018年09月
    -
    2018年12月

    薬学総合演習A

  • 2018年09月
    -
    2018年12月

    薬学総合演習B

  • 2018年09月
    -
    2018年10月

    薬学実習F

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    確認小テスト

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
      薬学部入試実施委員会   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      科学啓発運動委員会   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      卒業研究委員会   (部局内委員会)