基本情報

写真a

木村 哲

KIMURA Tetsu


職名

助教

研究分野・キーワード

出席管理システム

ホームページ

http://www.josai.ac.jp/~facpharm/pharma6/yy/department_of_promotion_for_pharmaceutical_training_program.html

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 明治薬科大学  薬学部  衛生薬学科

    大学,1972年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北里大学  薬学研究科  微生物化学専攻

    修士課程,1975年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 薬学修士,生物系薬学,北里大学,課程,1975年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 薬学部 薬学科,助手,1976年04月 ~ 2009年03月

  • 城西大学 薬学部 薬学科,助教,2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会,1973年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,1973年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用微生物学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 出席管理システム導入による学生対応の効率化,2004年03月 ~ 継続中

    カードリーダー、出席管理、講義、欠席、遅刻,その他,機関内共同研究,一般別枠研究

    学生個人の学生証をカードリーダーに投入する事で講義への出欠席状況が把握でき、データを一元管理することで躓き始めた学生の早期発見と早期対応、更に継続対応が可能となるなど大きな教育的効果がみられた。また教員へのアンケート結果からは事務処理の軽減化や連続欠席者の把握とともに保護者との懇談時の提示資料としても有効活用されるなど、学生に対する早期対応が可能となり有効活用されていることが明白となった。今後更に教員負担を少なくし、より一層効果的な教育環境整備の一ツールにする方法として、メール配信システムを構築することで、教員間でも学生に関する情報の共有化をはかれるよう検討している。

  • カビが生産する酵素阻害剤について,1976年04月 ~ 2003年04月

    セファロスポリウム属、トリプシン阻害剤、蛋白分解酵素、プロヒジン,機能生物化学,形態・構造,機関内共同研究,一般別枠研究

    天然培地でセファロスポリウム属のカビを培養すると菌体増殖に連動して培養液中に酵素阻害剤を生産した。主にセリンプロテアーゼやチオールプロテアーゼを阻害する分子量600前後のペプチドであり、C末端はアルギニンのアルデヒド体であることが酵素阻害活性維持に必須であった。これらを抽出精製し構造活性を調べる事と同時に何故培養中にこのような阻害剤を生産するのか、その生産メカニズムを解明する事を目的としている。

  • 好アルカリ性放線菌の生産するアルカリプロテアーゼ遺伝子のクローニング,1994年04月 ~ 2004年12月

    クローニング、 アルカリプロテアーゼ、 遺伝子,遺伝・染色体動態,機関内共同研究,一般別枠研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Production of Trypsin Inhibitor by a Cephalosporium sp.,Applied and Environmental Microbiology,35巻 4号 (頁 631 ~ ) ,1978年06月,Katsumi Tsuchiya, Tetsu Kimura

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Growth kinetics under adenine-limiting conditions of Bacillus subtilis KYA741, an adenine-requiring strain.,Biotechnology and Bioengineering ,22巻 (頁 401 ~ ) ,1980年09月,Katsumi Tsuchiya, Tetsu Kimura

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Characteristics of Protease Production by Cephalosporium sp.,Applied and Environmental Microbiology,43巻 3号 (頁 654 ~ ) ,1982年09月,Katsumi Tsuchiya, Tetsu Kimura

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Kinetics of Substrate Utilization in Adenine-limited chemostat culture of Bacillus subtilis KYA741, an adenine requiring strain.,Applied and Environmental Microbiology,43巻 4号 (頁 7941 ~ ) ,1982年09月,Katsumi Tsuchiya, Tetsu Kimura

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Decrease in Protease Activity by the addition of Glucose to the Culture of Cephalosporium sp,Journal of Fermentation Technology,62巻 1号 (頁 35 ~ ) ,1984年05月,Katsumi Tsuchiya, Tetsu Kimura

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会,国内会議,1977年04月,横浜市,Cephalosporium sp. KM388株によるタンパク質分解酵素阻害物質生産の動力学

  • 日本農芸化学会,国内会議,1978年04月,名古屋市,Cephalosporium sp. によるトリプシンインヒビターの生産

  • 日本薬学会,国内会議,1978年04月 ~ 1979年04月,Cephalosporium sp. によるProteaseの生産(1)

  • 日本薬学会,国内会議,1979年08月,アデニン要求株Bacillus subtilis KYA-741のα-アミラーゼ生産能の安定性

  • 日本農芸化学会,国内会議,1983年03月,Cephalosporium sp.KM388 によるProteaseの生産(2) ―Glucose添加によるProtease Activityの減少―

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 学生出欠管理システムのソフト開発,京葉システム技研株式会社,2012年12月

  • 学生出欠管理システムのソフト開発,京葉システム技研株式会社,2013年12月

  • 学生出欠管理システムのソフト開発 ,京葉システム株式会社 (2015年6月1日より社名変更),2014年12月

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 長期実務実習担当教員として,2010年05月 ~ 継続中

  • 薬学実習教育推進室 実習コーディネーターとして,2007年04月 ~ 継続中

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 薬学実習教育推進室委員,2004年04月 ~ 継続中

  • YY教育評価委員会,2007年04月 ~ 継続中

  • YY共通機器・設備管理委員会,2007年04月 ~ 継続中