木村 光利 (キムラ ミツトシ)

KIMURA Mitsutoshi

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

薬理学

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    城西大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年03月

    城西大学  薬学研究科  薬学科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    城西大学   生命科学研究センター   研究員  

  • 2015年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2010年04月
    -
    継続中

    城西大学   情報科学研究センター   研究員  

  • 2007年04月
    -
    2015年03月

    城西大学   薬学部   助教  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    城西大学   薬学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      城西医療専門学校   大学等非常勤研究員

  • 2004年04月
    -
    2005年03月

      秩父看護専門学校   大学等非常勤研究員

  • 1990年04月
    -
    1992年09月

      日研化学株式会社 大宮研究所   職員(医療系)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年06月
    -
    継続中
     

    日本実験動物学会

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    日本実験動物技術者協会

  • 2015年10月
    -
    継続中
     

    公私立大学実験動物施設協議会

  • 2003年03月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2003年03月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 中学校教諭免許(専修・1種・2種)

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

  • 認定薬剤師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ラット初代培養肝細胞の増殖におよぼす因子とその調節機構

    木村 光利

      1998年09月

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of selective serotonin (5-HT)2B receptor agonist BW723C86 on epidermal growth factor/transforming growth factor-α receptor tyrosine kinase and ribosomal p70 S6 kinase activities in primary cultures of adult rat hepatocytes

    Kota Naito, Kazuki Kurihara, Hajime Moteki, Mitsutoshi Kimura, Hideshi Natsume, Msahiko Ogihara

    Biological and Pharmaceutical Bulletin     2019年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Enhancement Effect of Poly-L-ornithine on the Nasal Absorption of Water-Soluble Macromolecules in Rats

    higehiro Omori, Yusuke Kamiya, Tsutomu Yamaki, Masaki Uchida, Kazuo Ohtake, Mitsutoshi Kimura, Hideshi Natsume

    ( Biological and Pharmaceutical Bulletin )  42 ( 1 ) 144 - 148   2019年01月

    共著

    DOI

  • Improved Intranasal Retentivity and Transnasal Absorption Enhancement by PEGylated Poly-l-ornithine.

    Kamiya Y, Yamaki T, Omori S, Uchida M, Ohtake K, Kimura M, Yamazaki H, Natsume H.

    Pharmaceuticals (Basel).     2018年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • リウマトレックスによる間質性肺炎を例にした重篤な副作用の情報提供に対する非関節リウマチ患者の意識調査

    茂木 肇、遠藤 栞、木村 光利、小松 由美子、荻原 政彦

    薬局薬学   9   150 - 158   2017年06月  [査読有り]

    共著

  • Preparation and Evaluation of PEGylated Poly-L-ornithine Complex as a Novel Absorption Enhancer.

    Kamiya Y, Yamaki T, Uchida M, Hatanaka T, Kimura M, Ogihara M, Morimoto Y, Natsume H

    Biol. Pharm. Bull.   40   205 - 211   2017年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 医療薬学 最新薬理学 第10版

    岡崎真理、荻原政彦、尾﨑昌宣、川原浩一、木村光利、篠塚和正、他 (担当: 分担執筆 )

    廣川書店  2016年09月 ISBN: 978-4-567-49058-0

  • 医療薬学 最新薬理学 第9版

    長友 孝文、国友 勝、荻原 政彦、武田 弘志、木村 光利 (担当: 共著 )

    廣川書店  2013年09月 ISBN: 978-4-567-49057-3

  • ファーマシューティカルノート第2版

    百瀬 弥寿徳 他 (担当: 共訳 )

    医学評論社  2008年02月

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • DRUG HAVING EFFECT OF PROMOTING HEPATOCYTE GROWTH

    特願 JP2008/001606   特開 WO/2008/155920  

    OGIHARA Masahiko, KIMURA Mitsutoshi, ISHIBASHI Naoto, KOJIMA Jun

  • 肝細胞増殖促進作用を有する医薬

    特願 JP2008/001606 

    木村光利、荻原政彦、柳田真悟、石橋直人

  • 肝実質細胞再生促進剤

    特願 P2007-231570  特開 P2009-62322A 

    村松 良則,岩田 進,木村 光利,荻原 政彦,井上 秀雄,佐藤 俊次

  • 肝細胞再生促進剤、アラニンアミノトランスフェラーゼ低下剤及びアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ低下剤

    特願 特願2005-353363  特開 特開2007-153829 

    木村 光利, 荻原 政彦, 井上 秀雄, 佐藤 俊次

  • 肝実質細胞増殖促進剤及び肝疾患治療薬

    特願 特願2004-38414  特開 特開2005-225836 

    井上 秀雄, 荻原 政彦, 木村 光利, 佐藤 俊次, 松本 広淳

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ラット初代培養肝実質細胞における葉酸の細胞増殖抑制作用に関する検討

    中西航汰、田中彰太、関口祐、栗原一樹、内藤浩太、茂木肇、荻原政彦、木村光利

    第62回日本薬学会関東支部大会  (帝京平成大学)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会関東支部

  • ミグリトール-シクロデキストリン包接化合物の血糖上昇抑制効果に関する検討

    田中優弥、栗原一樹、内藤浩太、茂木肇、荻原政彦、木村光利

    第62回日本薬学会関東支部大会  (帝京平成大学)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会関東支部

  • 健康サポート薬局における健康相談会の有用性に関する調査研究

    山本雅人、茂木肇、荻原政彦、臼井達洋、木村光利

    埼玉医療薬学懇話会第 38 回学術研究講演会  (日本薬科大学)  2018年07月  -  2018年07月    埼玉医療薬学懇話会

  • Signal Transduction Mechanism for 5-HT2B Receptor-Stimulated Autocrine Secretion of Transforming Growth Factor-α in Primary Cultures of Adult Rat Hepatocytes.

    Hajime Moteki, Kota Naito, Mitsutoshi Kimura, Masahiko Ogihara.

    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology  (Kyoto)  2018年07月  -  2018年07月    IUPHAR

  • Serotonin-induced DNA synthesis and proliferation are mediated by autocrine secretion of transforming growth factor-α in primary cultures of adult rat hepatocytes

    Kota Naito, Hajime Moteki, Mitsutoshi Kimura, Masahiko Ogihara

    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology  (Kyoto)  2018年07月  -  2018年07月    IUPHAR

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    生物学入門

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 日本医療科学大学   薬理学

  • 日本医療科学大学   臨床薬理学

  • 城西医療専門学校   生化学

  • 城西医療専門学校   生理学

  • 秩父看護専門学校   薬理学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    1コマ講義内容ダイジェスト評価

  • 2016年09月
    -
    継続中

    医療薬学 最新薬理学第10版

  • 2013年09月
    -
    2016年08月

    医療薬学 最新薬理学 第9版

  • 2010年10月
    -
    継続中

    模擬患者養成講座の有用性および服薬指導に及ぼす実務実習の効果

  • 2008年02月
    -
    継続中

    ファーマシューティカルノート第2版

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
      人を対象とする医学系研究倫理審査委員会 副委員長   (全学委員会)

  • 2017年04月
    -
    継続中
      国家試験対策支援委員会   (部局内委員会)

  • 2011年04月
    -
    継続中
      教科委員会   (専攻内委員会)

  • 2010年04月
    -
    継続中
      動物実験委員会   (全学委員会)

  • 2010年04月
    -
    継続中
      共用試験委員会   (部局内委員会)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2015年10月
    -
    継続中

    公私立大学実験動物施設協議会   代議員

  • 2008年04月
    -
    継続中

    日本薬理学会   学術評議委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度 県立熊谷女子高等学校「スーパーサイエンスハイスクール」城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」

    2014年10月
     
     

    テーマ1.薬剤師業務を体験しよう-軟膏剤混合調製を中心として-
    テーマ2.血液中のブドウ糖濃度をコントロールしよう!

  • 平成25年度 県立熊谷女子高等学校「スーパーサイエンスハイスクール」城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」

    2013年10月
     
     

    テーマ1.薬剤師業務を体験しよう-注射剤混合を中心として-
    テーマ2.摘出回腸の運動に影響を及ぼす薬物の働きを観察しよう!

  • 平成24年度 県立熊谷女子高等学校「スーパーサイエンスハイスクール」城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」

    2012年10月
     
     

    テーマ1.もっと薬剤師の仕事を知ろう-漢方薬を体験しよう-
    テーマ2.薬物の吸収過程と腸管の運動に影響を及ぼすくすりの効果を観察しよう!

  • 平成23年度 県立熊谷女子高等学校サイエンスアカデミー城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」

    2011年10月
     
     

  • 平成22年度 県立熊谷女子高等学校「研究機関等体験事業」城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」

    2010年10月
     
     

全件表示 >>