藤堂 浩明 (トウドウ ヒロアキ)

TODO Hiroaki

写真a

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    名城大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    名城大学  薬学研究科  薬学  博士課程  修了

  •  
    -
    2001年03月

    名城大学  薬学研究科  薬学  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名城大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    城西大学   薬学部   助教  

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    城西大学   薬学部   助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    継続中
     

    日本薬物動態学会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本動物実験代替法学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本DDS学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本香粧品学会

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Formulation of Tetracycline nano-emulsion

    Fadli A., Nizam A. G., Ibrahim A. , Nurulnadiah A. K., Jiyauddin K., Samer A. D., S. Budiasih, M. Kaleemullah, Jawad A., Rasha S., Todo H., Sugibayashi K. and Eddy Y.

    WJPR     2015年  [査読有り]

    共著

  • Determination of permeation of pathway of Gentamicin into pig’s ear skin

    Fadli A., Jiyauddin K., Siti Nur S. J., Samer A. D., S. Budiasih, Jawad A., M. Kaleemullah, Rasha S., Mohammad Nizam A. G., Ibrahim A., Todo H., Sugibayashi K. and Eddy Y.

    IRJP     2015年  [査読有り]

    共著

  • Preparation and evaluation of liquid-crystal formulations with skin permeation-enhancing abilities for entrapped drug

    Keisuke Yamada, Jun Yamashita, Keiko Miyamoto, Satoru Hashimoto, Yoshihiro Tokudome, Fumie Hashimoto and Kenji Sugibayashi

    Journal of Oleo Science     2010年12月  [査読有り]

    共著

  • Utilization of reconstructed cultured human skin models as an alternative skin for permeation studies of chemical compounds

    Kano S., Sugie K., Fujimoto H., Nakada K., Tokudome Y., Hashimoto F., Sugibayashi K.

    AATEX   15 ( 2 ) 61 - 70   2010年12月  [査読有り]

    共著

    JURA Repository

  • Macromolecular delivery into skin using hollow microneedles

    Wonglertnirant N., Opanasopit P., Ngawhirunpat T., Sugibayashi K

    Biological & Pharmaceutical Bulletin     2010年12月  [査読有り]

    共著

    JURA Repository

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • ナノ粒子の皮膚浸透性と安全性

    木村 恵理子、藤堂 浩明、杉林 堅次 (担当: 共著 , 担当範囲: 319-325 )

    YAKUGAKU ZASSHI  2012年

  • 各種経皮吸収改善法による難吸収性薬物の経皮吸収性の改善

    河野友美、藤堂浩明、杉林堅次 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版  2012年

  • 経皮吸収性・透過性試験の実験手法、最新 動物実験代替法の技法ノウハウ

    藤堂浩明 (担当: 単著 , 担当範囲: 245-259 )

    (株)技術情報協会  2011年

  • In vivo/in vitro/in silico実験とその解析の評価

    押坂勇志、藤堂浩明 (担当: 共著 , 担当範囲: 48-57 )

    シーエムシー出版  2011年

  • 3次元培養ヒト皮膚モデルを用いた試験とその有用性

    藤堂浩明、杉林堅次 (担当: 共著 , 担当範囲: 58-66 )

    シーエムシー出版  2011年

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 藤堂浩明、杉林堅次

    藤堂浩明、杉林堅次

    臨床皮膚科     2011年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 化粧品の新しい経皮吸収研究の展望―化粧品の経皮吸収および皮膚中濃度の評価は如何にあるべきか―

    杉林堅次、押坂勇志、藤堂浩明

    Fragrance journal ( フレグランスジャーナル社 )    2010年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 杉林堅次、押坂勇志、藤堂浩明

    杉林堅次、押坂勇志、藤堂浩明

    Fragrance journal ( フレグランスジャーナル社 )    2010年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 杉林堅次、Keshu Yan、藤堂 浩明、薬物の皮膚透過促進技術

    杉林堅次、Keshu Yan、藤堂 浩明

    Progress in drug delivery system XVIII     2009年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 培養皮膚を用いた新規DDSの構築

    羽田乃武子、藤堂浩明、杉林堅次

    Drug Delivery System ( 日本医学館 )    2007年07月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • The APSTJ Global Education Seminar Presentation Award 2006受賞

    2006年04月   日本薬剤学会  

    受賞者:  藤堂 浩明

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年05月
    -
    継続中

    日本薬剤学会   評議員

  • 2013年01月
    -
    2014年12月

    日本動物実験代替法学会   理事

  • 2011年01月
    -
    2012年12月

    日本動物実験代替法学会   理事