中村 俊子 (ナカムラ トシコ)

NAKAMURA Toshiko

写真a

特記事項

荻原 俊子(オギワラ トシコ)

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    お茶の水女子大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    東京大学  数理科学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    1993年03月

    お茶の水女子大学  理学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(数理科学)

  • お茶の水女子大学 -  理学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    継続中

    城西大学   情報科学研究センター   所長  

  • 2016年09月
    -
    継続中

    城西大学   広報部   部長(学部長含む)  

  • 2008年04月
    -
    2018年03月

    城西大学   理学部   准教授  

  • 1999年04月
    -
    2008年03月

    城西大学   理学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年07月
    -
    1999年03月

      北海道大学   講師

  • 1997年04月
    -
    1997年09月

      お茶ノ水女子大学   非常勤講師

  • 1996年04月
    -
    1998年06月

      電気通信大学   非常勤講師

  • 1996年04月
    -
    1998年06月

      明治大学   非常勤講師

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    日本数学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本応用数理学会

  • 2013年08月
    -
    継続中
     

    日本数理生物学会

  • 2002年11月
    -
    2012年03月
     

    日本人事試験研究センター

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 数学基礎・応用数学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭専修免許状(数学)、高等学校教諭専修免許状(数学)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 不変量を持つ順序保存力学系における定性的理論の研究

    共同研究  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • 生物分子モーターモデルの数理解析

    共同研究  

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月

  • 結晶成長モデルおよび関連する界面運動の数理解析

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2006年04月  -  2009年03月

  • 周期関数を非線形項に持つ非線形拡散方程式における伝播メカニズムの解析

    その他の研究制度  

    研究期間: 2005年04月  -  2006年03月

  • 空間非一様な反応拡散方程式におけるフロント波の最小速度選択原理に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2004年04月  -  2005年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Stability and uniqueness of traveling waves for a discrete bistable 3-species competition system

    J.-S. Guo, K.-I. Nakamura, T. Ogiwara, C.-C. Wu

    J. Math. Anal. Appl.   472 ( 2 )   2019年  [査読有り]

    共著

  • On the behavior of solutions for Lanchester square-law models with time-dependent coefficients

    Toshiko Ogiwara, Hiroyuki Usami

    Josai Mathematics Monograghs   11   15 - 26   2018年  [査読有り]

    共著

  • Convergence results in order-preserving dynamical systems and applications to a molecular motor system

    Toshiko Ogiwara

    RIMS Kôkyûroku     2014年04月  [招待有り]

    単著

  • Periodically growing solutions in a class of strongly monotone semiflows

    Ken-Ichi Nakamura, Toshiko Ogiwara

    Networks and Heterogeneous Media     2012年  [査読有り]  [招待有り]

    共著

  • 多安定型反応拡散方程式におけるフロントの相互作用

    荻原俊子

    Partial Differential Equations and Phenomena in Miyazaki 2009 報告集     50 - 57   2010年05月

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 結晶表面におけるステップダイナミクスの数理解析・数値解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  継続中 

  • 非周期環境における界面ダイナミクスの数理的研究とその応用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

  • 結晶成長モデルおよび関連する界面運動の数理解析

    若手研究(B)

    研究期間:  2006年04月  -  2009年03月 

    炭化ケイ素や食塩などの結晶が成長していく際、結晶の表面に一定の波形・速度で進む進行波や回転するスパイラル波がしばしば観察される。これは、はじめは一様であった結晶の表面に圧力や電荷等の影響により段差ができ(転位がおこり)、 溶液中の結晶分子がこの段差部分で結晶と結合し、段差が前進あるいは渦巻きながら結晶が成長していくためである。こうした結晶成長を記述する反応拡散方程式モデル、あるいはその特異極限として得られる転位の時間発展の本質を記述する界面方程式の解の定性的性質を調べることにより, 進行波やスパイラル波発生のメカニズムおよび界面(転位)ダイナミクスを明らかにし, 結晶の成長現象を数学的に説明することが本研究の目的である。

  • 空間非一様な反応拡散方程式におけるフロント波の最小速度選択原理に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    生物種の侵入・伝播や神経興奮の伝達を記述する方程式において, 物理的に自然な初期値から出発した解のフロント波の速度は最も遅い速度で進む進行波の速度に漸近することが知られている. 異なる速度の進行波が存在し得るときにどの速度の進行波が最も出現しやすいかという速度選択の問題は, 自然現象のメカニズムを理解する上で欠かすことができない. 空間非一様性を持つ広いクラスの単安定型方程式もしくは燃焼方程式に対し, 不安定領域へのフロント波の伝播における(最小)平均速度選択原理を明らかにし, 非線形伝播現象を説明することが本研究の目的である.

  • 螺旋転位による結晶成長モデルにおける空間的非一様性の影響に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2001年04月  -  2003年03月 

    鉱物の結晶が成長していく際, 結晶表面に鉱物分子スケールのスパイラル模様がしばしば観察される. これは, 螺旋転位による結晶成長と呼ばれ, 結晶化学の分野では基本的な成長機構の1つとしてよく知られた現象である. こうした螺旋転位による結晶成長の数理モデルとして提案された, 2次元領域上の空間的に一様でない非線形性をもつ反応拡散方程式(以下, モデル方程式と呼ぶ)に現れる螺旋状解の定性的性質を調べることが本研究の目的である. 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 不均質環境における生物競争の数理解析

    提供機関:    国内共同研究

    研究期間:  2008年04月  -  2012年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Stability of traveling waves for a 3-component competition model on a lattice

    荻原俊子

    研究会「数理で解き明かす森羅万象」  (広島大学)  2016年08月  -  2016年08月   

  • Stability of traveling waves for cooperative systems on a lattice

    荻原俊子

    草津セミナー  (国立大学法人等共同利用施設 草津セミナーハウス)  2016年08月  -  2016年08月   

  • 時間に依存した係数を持つあるランチェスタ型モデルの解の漸近挙動

    伊藤貴啓, 荻原俊子

    2015年度応用数学合同研究集会  (龍谷大学)  2015年12月  -  2015年12月   

  • Convergence results in order-preserving systems and its applications to reaction-diffusion systems

    荻原俊子  [招待有り]

    The 10th AIMS Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications  (Madrid (Spain))  2014年07月  -  2014年07月   

  • 結晶成長におけるスパイラルパターンについて

    荻原俊子  [招待有り]

    数学協働プログラム主催ワークショップ「表面微細構造の学理の探求:低環境負荷材料の創造に向けて」  (北海道大学)  2014年02月  -  2014年02月   

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
     
     

    Mapleを活用した数学の授業と教材の紹介

  • 2008年03月
     
     

    数式処理ソフトMapleを活用した数学教材の作成

  • 2006年04月
    -
    継続中

    モノクロ

  • 2003年12月
     
     

    「マルチメディア活用ディジタルムービー教材の開発と研究」

  • 2003年01月
    -
    継続中

    Maple 入門(Web教材)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    日本応用数理学会   編集委員

  • 2002年11月
    -
    2012年03月

    日本人事試験研究センター   試験委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 埼玉県「大学によるリカレント教育(開放型授業講座)」

    2014年09月
    -
    2015年03月

    「数式処理による解析(実習含む)」受講生受け入れ

  • 大学出張講義(桐生南高校)

    2010年11月
     
     

    「身近な変分問題‐最短経路をみつけよう」講師

  • 教員免許状更新講習講師

    2010年08月
     
     

  • 教員免許状更新講習講師

    2009年08月
     
     

  • SPP(講座型学習活動)(西武台高校)

    2009年07月
     
     

    「実験を通して学ぶ身近な数学の楽しさ」講師

全件表示 >>