杉田 義昭 (スギタ ヨシアキ)

SUGITA Yoshiaki

写真a

職名

教授

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1

研究分野・キーワード

生物有機化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    城西大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年03月

    東北大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1990年03月

    城西大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中

    城西大学   教授  

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    城西大学   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    城西大学   薬学部   助教  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    城西大学   薬学部   講師  

  • 1993年04月
    -
    2001年03月

    城西大学   薬学部   助手  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本ポリアミン学会

  • 2001年05月
    -
    継続中
     

    日本栄養・食糧学会

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

  • 化学系薬学

  • 生物系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
     
     

    安全教育指導者・管理者のためのスクーリング

  • 2003年12月
     
     

    教員研修(FD)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 天然由来化合物の誘導体合成および生物活性の評価

    基礎科学研究  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • 食品成分の腸管機能修飾に伴う免疫応答への影響

    経常研究  

    研究期間: 2006年04月  -  2012年04月

  • 食品成分中のポリアミンによる腸管での消化・吸収の修飾

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2002年04月  -  2006年03月

  • クロモンエノン部の反応性に着目した新規フラボノイド誘導体の合成

    基礎科学研究  

    研究期間: 1993年04月  -  2002年03月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 1,3-Dioxin-4-ones and related compounds having a chiral hydroxylated alkyl group at the non-acetal carbon: versatile intermediates for EPC synthesis

    Yoshiaki Sugita

      1993年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis and biological evaluation of pyrano[4,3-b][1]benzopyranone derivatives as monoamine oxidase and cholinesterase inhibitors

    Koichi Takao, Yuka Kubota, Hitoshi Kamauchi, Yoshiaki Sugita

    Bioorg. Chem.   83   432 - 437   2018年11月  [査読有り]

    共著

  • Quantitative structure–cytotoxicity relationship of 2-azolylchromones

    Hiroshi Sakagami, Noriyuki Okudaira, Yoshihiro Uesawa, Koichi Takao, Hajime Kagaya, Yoshiaki Sugita

    Anticancer Res.   38   763 - 770   2018年  [査読有り]

    共著

  • Quantitative structure–cytotoxicity relationship of cinnamic acid phenetyl esters

    Yoshihiro Uesawa, Hiroshi Sakagami, Noriyuki Okudaira, Kazuhiro Toda, Koichi Takao, Hajime Kagaya, Yoshiaki Sugita

    Anticancer Res.   38   763 - 770   2018年  [査読有り]

    共著

  • Characterization of the dissolution behavior of piperine/cyclodextrins iInclusion complexes

    Toshinari Ezawa, Yutaka Inoue, Isamu Murata, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita, Ikuo Kanamoto

    AAPS PharmSciTech.   19   923 - 933   2018年  [査読有り]

    共著

  • Quantitative structure–cytotoxicity relationship of furo[2,3-b]chromones

    Yoshihiro Uesawa, Hiroshi Sakagami, Maria Hirose, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita

    Anticancer Res.   38   3283 - 3290   2018年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Methods Mol. Biol.: Polyamines Methods and Protocols

    Koichi Takao,Yoshiaki Sugita (担当: 共著 , 担当範囲: Pentamine as a Substrate for Measuring Spermine Oxidase Activity )

    Human Press  2018年

  • 食品-医薬品相互作用ハンドブック(共著)

    城西大学薬学部医療栄養学科教員 (担当: 共訳 )

    丸善株式会社  2005年03月 ISBN: 4-621-07548-9

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • クロモン誘導体の新規抗癌剤としての可能性

    坂上 宏、史 海霞、永井純子、植沢芳広、高尾浩一、杉田義昭

    New Food Industry   61 ( 1 ) 11 - 18   2019年01月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Recent progress of basic studies of natural products and their dental application

    Hiroshi Sakagami, Taihei Watanabe, Tomonori Hoshino, Naoto Suda, Kazumasa Mori, Toshikazu Yasui, Naoki Yamauchi, Harutsugu Kashiwagi, Tsuneaki Gomi, Takaaki Oizumi, Junko Nagai, Yoshihiro Uesawa, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita

    Medicines   6 ( 1 )   2018年12月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Search for new type of anticancer drugs with high tumor specificity and less keratinocyte toxicity

    Yoshiaki Sugita, Koichi Takao, Yoshihiro Uesawa, Hiroshi Sakagami

    Anticancer Res.   37   4459 - 4467   2017年11月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規3-スチリルクロモン誘導体の口腔癌治療薬としての可能性に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年  -  2018年  代表者:  坂上 宏

  • タンパク質のコンホメーション変化を指標にするプロテオーム解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年  -  2006年  代表者:  白幡 晶

  • 食品成分中のポリアミンによる腸管での消化・吸収の修飾

    若手研究(B)

    研究期間:  2003年  -  2005年  代表者:  杉田 義昭

    食品成分の一つとして広範囲かつ多量に存在するポリアミンに着目し、食品成分が薬物、アレルゲンタンパク等の腸管吸収に影響を与える可能性を探る研究の一環として、ポリアミンによる高分子化合物の腸上皮細胞に対する透過の影響を検討する。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    基礎薬学特論

  • 2012年04月
    -
    継続中

    有機化学A

  • 2012年04月
    -
    継続中

    有機化学B

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2016年03月
      防災管理委員会   (全学委員会)

  • 2012年04月
    -
    継続中
      学部広報委員会   (部局内委員会)

  • 2009年04月
    -
    継続中
      教科委員会   (専攻内委員会)

  • 2008年01月
    -
    継続中
      学生支援委員会   (部局内委員会)