基本情報

写真a

神崎 直美

KANZAKI Naomi


職名

教授

研究分野・キーワード

日本史

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 中央大学  文学部  史学科国史学専攻

    大学,1987年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 中央大学  文学研究科  国史学専攻

    修士課程,1989年03月,修了,日本国

  • 中央大学  文学研究科  国史学専攻

    博士課程,1992年03月,単位取得満期退学,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(史学),史学一般,中央大学,論文,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 経済学部,講師,2002年04月 ~ 2010年03月

  • 城西大学 経済学部 経済学科,准教授,2010年04月 ~ 2017年03月

  • 城西大学 経済学部,教授,2017年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 中央大学通信教育部(法学部),補助教員,1992年04月 ~ 1995年03月

  • 國學院大學日本文化研究所,研究員(嘱託),1993年04月 ~ 1994年03月

  • 國學院大學日本文化研究所,兼任講師,1994年04月 ~ 2001年03月

  • 東洋大学通信教育部(法学部),インストラクター,1996年04月 ~ 1997年03月

  • 中央大学文学部,兼任講師,1996年04月 ~ 2003年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 法制史学会,1989年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本古文書学会,1993年04月 ~ 継続中,日本国

  • 中央史学会,2000年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本史

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 近世農民の罪と罰ー近世村法研究序説ー,中央史学13号 (頁 58 ~ 92) ,1990年03月,神崎直美

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 相模国の村法,大和市史研究16号 (頁 21 ~ 38) ,1990年03月,神崎直美

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 上野国の村法,群馬文化225号 (頁 39 ~ 57) ,1991年01月,神崎直美

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 領主法と村法ー領主の村法認をめぐってー,大学院研究年報 (中央大学 文学研究科)20号 (頁 87 ~ 99) ,1991年03月,神崎直美

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 武蔵国の村法,多摩のあゆみ65号 (頁 79 ~ 97) ,1991年11月,神崎直美

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本史広辞典,山川出版社,1997年10月,日本史広事典編集委員会

    事典・辞書,共著

  • 近世日本の法と刑罰,巌南堂書店,1998年12月,神崎直美

    単行本(学術書),単著

  • 日本歴史大事典,小学館,2000年04月,日本歴史大事典編纂委員会

    事典・辞書,共著

  • 日本史事典,朝倉書店,2001年10月,藤野保 他

    事典・辞書,共著

  • 事典 調べる江戸時代,柏書房,2001年10月,佐藤孝之 他

    事典・辞書,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 村定之事 亜墨利加使節参府ニ付仰出書付,NHK学園・三省堂,古文書を読む2003年度版実践解読コース 解説ノート12号 ,2003年04月,神崎直美

    総説・解説(商業誌),単著

  • 人足寄場之儀ニ付御尋之趣申上候書付 藤森恭助呈書仕方書,NHK学園・三省堂,古文書を読む2004年度版実践解読コース 解説ノート13号 ,2004年04月,神崎直美

    総説・解説(商業誌),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 法制史学会 153回東京部会,国内会議,1991年01月,近世村法の制裁規定について

  • 社会文化史学会 月例研究会,国内会議,1991年03月,近世村法における制裁規定

  • 法制史学会 44回総会,国内会議,1992年04月,領主法と村法

  • 日本古文書学会 26回学術大会,国内会議,1993年10月,「慶安御触書」再考

  • 法制史学会 164回東京部会,国内会議,1994年07月,慶安御触書と六諭衍義大意

全件表示 >>

 
 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 中央史学会,評議員,2000年06月 ~ 継続中

  • 中央史学会,編集委員,2005年06月 ~ 継続中