小林 順 (コバヤシ ジュン)

KOBAYASHI Jun

写真a

職名

教授

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1

研究分野・キーワード

小児科学, 一酸化窒素、亜硝酸、硝酸、循環器病学、栄養学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

049-271-7223

研究室FAX

049-271-7223

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    浜松医科大学   医学部   卒業

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年07月
    -
    1994年03月

    トロント小児病院 心血管研究所   Reserch Fellow

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 浜松医科大学 -  医学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本栄養食糧学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本NO学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 1994年07月
    -
    継続中
     

    日本循環器学会

  • 1981年04月
    -
    継続中
     

    日本小児科学会

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dietary nitrite attenuates elastase-induced pulmonary emphysema in a mouse model.

    Sonoda K, Ohtake K, Tagiri M, Hirata M, Tamada H, Uchida H, Ito Junta, Kobayashi J.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   41 ( 12 ) 1818 - 1823   2018年12月  [査読有り]

    共著

    Pulmonary emphysema (PE) is a major pathological feature of chronic obstructive pulmonary disease (COPD) and is characterized by proteolytic destruction of the alveolar structure and subsequent inflammation of the respiratory tract. We hypothesized that nitrite attenuates the development of PE via anti-inflammatory actions. PE was induced by intratracheal instillation of porcine pancreas elastase (PPE) in mice. Dietary nitrite dose-dependently (50 and 150 mg/L in drinking water) attenuated emphysematous development and macrophage accumulation in the alveolar parenchyma 21 d after PPE treatment. The present study shows that dietary nitrite might be a possible nutritional strategy in preventing the development of PE in mice.

  • Effects of diet and gut environment on the gastrointestinal formation of N-nitroso compounds: a review.

    Kobayashi J

    Nitric Oxide   73   66 - 73   2018年02月  [査読有り]

    単著

  • Nitrite as a pharmacological intervention for the successful treatment of crush syndrome

    Jun Kobayashi and Isamu Murata

    Physiological Reports   6 ( 5 )   2018年  [査読有り]  [招待有り]

    共著

  • L-NAME誘発性高血圧ラットの血圧に対する亜硝酸塩とニフェジピンの相互作用

    薗田邦博、大竹一男、内田博之、玉田葉月、小林順

    金城学院大学大学院人間生活学研究科論集     2018年  [査読有り]

    共著

  • A novel method to assess the severity and prognosis in crush syndrome by assessment of skin damage in hairless rats

    Murata I, Kawanishi R, Inoue S, Iwata M, Kobayashi J, Inoue Y, Kanamoto I

    European Journal of Trauma and Emergency Surgery     2018年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 管理栄養士国家試験模擬テスト応用問題

    小林順、江端みどり (担当: 共著 )

    食生活Vol.101,NO.10   2007年10月

  • 管理栄養士国試の手引き「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」

    日比野康英、小林 順、岡崎真理、内田博之 (担当: 共著 )

    医歯薬出版株式会社「臨床栄養」 109巻No.2   2006年08月

  • 管理栄養士国試の手引き「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」

    日比野康英、小林 順、岡崎真理、内田博之 (担当: 共著 )

    医歯薬出版株式会社「臨床栄養」107巻 No.1  2005年07月

  • Pharmacotherapy

    吉田正、亀井淳三編集 (担当: 共著 )

    ネオメディカル  2005年02月

  • 食品-医薬品相互作用ハンドブック

    城西大学薬学部医療栄養学科 (担当: 共著 )

    丸善株式会社  2005年02月

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第34回日本小児循環器学会 肺高血圧症シンポジウム

    1998年07月24日   日本小児循環器学会  

    受賞者:  小林順

  • 第44回日本心臓病学会学術集会 主演題 優秀賞

    1996年09月25日   日本心臓病学会  

    受賞者:  小林順

  • The Award of Medical Research Council of Canada Fellowship.

    1991年07月01日   カナダ政府  

    受賞者:  Jun Kobayashi

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肺動脈選択性一酸化窒素供与体による実験的肺高血圧症治療への応用

    提供機関:  母子健康協会  母子健康協会第11回医学助成研究

    研究期間: 1999年04月  -  2000年03月 

    原発性肺高血圧症の治療は静注用プロスタグランデン製剤が中心となっているが、高価なこと副作用の点から、NO製剤の期待がある。しかし吸入用NOは、その毒性から医薬品として認められておらず、在宅などでの使用に制限がある。我々は静注用NOドナーとしてのGSNOの有効性を他のNOドナーと比較し、実験的肺高血圧症モデルを使って、証明した。さらに肺で選択的にガス状一酸化窒素を放出するメカニズムについても検討した。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 静電霧化微粒子水の生体へのNO作用に関する寄付金

    寄附者名称:松下電工株式会社 2009年04月

  • ニトロソ化蛋白検出法の確立のための寄付金

    寄附者名称:日産化学工業株式会社 2007年04月

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2003年02月
     
     

    日本小児肺循環研究会   会長