若林 俊英 (ワカバヤシ トシヒデ)

WAKABAYASHI Toshihide

写真a

職名

教授

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1976年03月

    都留文科大学   文学部   国文学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    東海大学  文学研究科  日本文学専攻  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    1978年03月

    東海大学  文学研究科  日本文学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東海大学 -  文学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

    城西大学   語学教育センター   教授  

  • 2004年04月
    -
    2009年03月

    城西大学   語学教育センター   准教授  

  • 1995年04月
    -
    2004年03月

    城西大学   女子短期大学部   助教授  

  • 1990年07月
    -
    1995年03月

    城西大学   女子短期大学部   講師  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2010年03月

      東海大学   講師

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

      都留文科大学   講師

  • 1986年04月
    -
    1990年03月

      目白学園女子短期大学   講師

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    継続中
     

    中世文学会

  • 1996年06月
    -
    継続中
     

    中古文学会

  • 1990年12月
    -
    継続中
     

    全国大学国語国文学会

  • 1976年04月
    -
    継続中
     

    解釈学会

  • 1975年01月
    -
    継続中
     

    日本語学会(国語学会)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 『拾遺抄』の「詞書」の語彙について

    若林俊英

    『解釈』   64 ( 11・12 ) 23 - 34   2018年12月  [査読有り]

    単著

  • 『玉葉和歌集』の「詞書」の語彙について

    若林俊英

    文学・語学 ( 全国大学国語国文学会 )  ( 219 ) 134 - 147   2017年05月  [招待有り]

    単著

  • 「詞書」からわかること

    若林 俊英

    城西大学語学教育センター研究年報。 ( 城西大学語学教育センター )  ( 9 ) 1(150) - 17(134)   2016年03月

    単著

  • 三代集と二条家三代集の「詞書」の語彙

    若林俊英

    『湘南文学』   ( 49 ) 163 - 178   2014年11月

    単著

  • 『新後撰和歌集』の「詞書」の語彙ーいくつかの特徴的使用語の使用実態についてー 

    若林 俊英

    国際文化研究所紀要 ( 城西大学 )  ( 19 )   2014年03月

    単著

    JURA Repository

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 詞書の語彙論

    若林俊英 (担当: 単著 )

    笠間書院  2008年11月 ISBN: 4-305-70377-4

  • 「詞書」の語彙―三代集を中心に―

    若林俊英 (担当: 単著 )

    城西大学女子短期大学部  1996年12月

  • 彰考館本『中務内侍日記』総索引

    若林俊英,小久保崇明 (担当: 共著 , 担当範囲: 共編のため抽出不可能 )

    新典社  1988年06月 ISBN: 4-7879-6004-0

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 『完訳用例古語辞典』

    その他 

    1997年04月
    -
    1998年07月
     

    『完訳用例古語辞典』(1999年4月、学習研究社)の本文執筆。

  • 『新明解古語辞典 第3版』

    その他 

    1991年04月
    -
    1994年03月
     

    『新明解古語辞典 第2版』の改訂に当たり、重要形容詞・形容動詞、およびコラムに関して執筆。『新明解古語辞典 第3版』は、1995年1月、三省堂より発行。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 『続千載和歌集』の「詞書」の語彙について

    若林俊英

    日中言語・文化研究国際学術共同シンポジウム2018  (中国・南京大学外国語学院)  2018年08月  -  2018年08月    解釈学会・南京大学外国語学院

     『続千載和歌集』の「詞書」の語彙に関して、総体論的な観点からの考察や、二条派と京極派における用語の相違等について類似度D´や順位相関係数を用いて具体的に指摘した。

  • 『拾遺抄』の「詞書」の語彙

    若林俊英

    日中言語・文化研究国際学術共同シンポジウム2016  (中国・南京大学)  2016年08月  -  2016年08月    解釈学会・南京大学外国語学院

     本発表で扱った公任撰の『拾遺抄』に関しては、平安後期の『俊頼髄脳』などの歌学書の記述、『金葉和歌集』の部立てなどから考えると、『拾遺和歌集』よりも『拾遺抄』の方が重視されており、『古今和歌集』『後撰和歌集』とともに三代集の一つとみなされていた点、『拾遺抄』を増補して『拾遺和歌集』が成立したのか、『拾遺和歌集』を精選した形で『拾遺抄』が成立したのかという成立論を巡る論争があった点など、様々な問題がある。
     本発表では、このような『拾遺抄』の「詞書」の語彙について、
    1)総体論的観点、
    2)特徴的な個別の使用語の観点、
    の二点からいささかふれた。前者に関しては、品詞別・語種別構成比率、類似度D´などの点から考えた。後者に関しては、「かた(形)」「この(此)」「わか(和歌)」などの具体的な使用語の実態についてふれた。

  • 『新後撰和歌集』の詞書の語彙

    若林 俊英

    日中韓言語・文化国際学術共同シンポジウム2011  (中国・西安・陝西師範大学)  2011年08月  -  2011年08月    解釈学会、陝西師範大学

    第13代の勅撰集である『新後撰和歌集』の「詞書」に関して総体論的観点から、その自立語語彙の性格を分析すると同時に、他作品との比較によって語彙の特色を明らかにした。

  • 続拾遺和歌集の詞書の語彙

    若林俊英

    日中言語文化研究国際共同シンポジウム2009   (南京大学)  2009年08月  -  2009年08月    解釈学会,南京大学外国語学院,中国社会科学院(北京)

  • 二条家三代集の詞書の語彙

    若林俊英

    日中言語文化研究国際共同シンポジウム   (中国社会科学院(北京))  2006年08月  -  2006年08月    解釈学会,中国社会科学院(北京)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2004年09月
    -
    継続中

    解釈学会   常任委員