高尾 浩一 (タカオ コウイチ)

TAKAO Koichi

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

分析化学、生物有機化学、生化学、細胞生理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    城西大学   薬学部   製薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    城西大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1996年03月

    城西大学  薬学研究科  薬学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年09月
    -
    2001年03月

    ルンド大学医学部   博士研究員

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬科学科   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2017年03月

    城西大学   薬学部   助教  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    城西大学   薬学部   助手  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年09月
    -
    2001年03月

      ルンド大学医学部   博士研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本ポリアミン学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本栄養食糧学会

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理系薬学

  • 生物系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 天然物をシードとした誘導体合成と生物活性の評価

    経常研究  

    研究期間: 2012年04月  -  継続中

  • 蛍光性基質を用いる新規ポリアミン酸化酵素活性測定法の開発

    その他の研究制度  

    研究期間: 2007年  -  2008年

  • 食餌由来ポリアミンの糖尿病病態に与える影響

    経常研究  

    研究期間: 2005年04月  -  2012年03月

  • 食餌由来ポリアミンにより変動する遺伝子発現の網羅的解析

    経常研究  

    研究期間: 2004年04月  -  2012年03月

  • 蛍光標識ポリアミンを用いたポリアミントレーサー法の開発

    その他の研究制度  

    研究期間: 2003年  -  2004年

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • HPLCによるアルギニル転移酵素活性測定法の開発とその応用

    高尾 浩一

      1999年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Design, synthesis and evaluation of 2-(indolylmethylidene)-2,3-dihydro-1-benzofuran-3-one and 2-(indolyl)-4H-chromen-4-one derivatives as novel monoamine oxidases inhibitors.

    Koichi Takao, Shiori U, Hitoshi Kamauchi, Yoshiaki Sugita

    Bioorganic Chemistry     2019年06月  [査読有り]

    共著

  • Synthesis and biological evaluation of pyrano[4,3-b][1]benzopyranone derivatives as monoamine oxidase and cholinesterase inhibitors.

    Koichi Takao, Yuka Kubota, Hitoshi Kamauchi and Yoshiaki Sugita

    Bioorganic Chemistry     2019年03月  [査読有り]

    共著

  • Extracellular spermine activates DNA methyltransferase 3A and 3B.

    Taro Fukui, Kuniyasu Soda, Koichi Takao, Toshiki Rikiyama

    Int. J. Mol. Sci.     2019年03月  [査読有り]

    共著

  • Evaluation of the molecular state of piperine in cyclodextrin complexes by near-infrared spectroscopy and solid-state fluorescence measurements

    Toshinari Ezawa, Yutaka Inoue, Isamu Murata, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita, Ikuo Kanamoto

    International Journal of Medicinal Chemistry ( Hindawi )    2019年02月  [査読有り]

    共著

  • Protective Effects of Brain Infarction by N-Acetylcysteine Derivatives

    Takeshi Uemura, Kenta Watanabe, Kyohei Higashi, Noriyuki Kogure, Mariko Kitajima, Hiromitsu Takayama, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita, Akihiko Sakamoto, Yusuke Terui, Toshihiko Toida, Keiko Kashiwagi, and Kazuei Igarashi

    Stroke   49 ( 7 ) 1727 - 1733   2018年07月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 保険・医療・福祉のための専門職連携教育プログラムー地域包括ケアを担うためのヒントー

    柴崎智美、米岡裕美、古屋牧子[編著] (担当: 共著 , 担当範囲: 第3部E )

    ミネルヴァ書房  2019年06月 ISBN: 978-4-623-08553-8

  • Methods Mol. Biol. : Polyamines Methods and Protocols

    Koichi Takao, Yoshiaki Sugita (担当: 共著 , 担当範囲: Pentamine as a substrate for measuring spermine oxidase activity )

    Human Press  2018年

  • Methods Mol. Biol. : Protein arginylation

    Koichi Takao (担当: 単著 , 担当範囲: Assay of arginyltransferase activity by a fluorescent HPLC method. )

    Human Press  2015年

  • 食品-医薬品相互作用ハンドブック 第2版

    城西大学薬学部医療栄養学科 訳 (担当: 共訳 )

    丸善株式会社  2011年12月

  • Methods Mol. Biol. : Polyamines Methods and Protocols

    Koichi Takao and Akira Shirahata (担当: 共著 , 担当範囲: Fluorescent substrates for polyamine catabolic enzymes and transport )

    Human Press  2011年02月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 城西大学薬学部における専門職連携教育ー彩の国連携力育成プロジェクトー

    古屋牧子、細谷治、上田秀雄、大島繁、古畑賢二、高尾浩一、他

    城西大学教職課程センター紀要 ( 城西大学教職課程センター )    2019年03月  [査読有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • クロモン誘導体の新規抗癌剤としての可能性 Looking back our recent publications of the tumor-specificity of chromone derivatives

    坂上 宏、史 海霞、永井 純子、植沢 芳広、高尾 浩一、杉田 義昭

    New Food Industry   61 ( 1 ) 11 - 18   2019年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Recent Progress of Basic Studies of Natural Products and Their Dental Application

    Hiroshi Sakagami, TaiheiWatanabe, Tomonori Hoshino, Naoto Suda, Kazumasa Mori, Toshikazu Yasui, Naoki Yamauchi, Harutsugu Kashiwagi, Tsuneaki Gomi, Takaaki Oizumi, Junko Nagai, Yoshihiro Uesawa, Koichi Takao, Yoshiaki Sugita

    Medicines   6 ( 1 )   2018年12月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Search for new type of anticancer drugs with high tumor specificity and less keratinocyte toxicity (Review)

    Yoshiaki Sugita, Koichi Takao, Yoshihiro Uesawa, Hiroshi Sakagami

    Anticancer Res.     2017年11月  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • HPLCを用いたポリアミン分析 その② ダンシル誘導体化によるポリアミンのHPLC分析

    高尾 浩一

    ポリアミン ( ポリアミン学会 )  3 ( 2 ) 47 - 56   2016年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規3-スチリルクロモン誘導体の口腔癌治療薬としての可能性に関する基礎研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年  -  2018年  代表者:  坂上 宏

  • タンパク質のコンホメーション変化を指標にするプロテオーム解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年  -  2006年  代表者:  白幡 晶