袁 博 (エン パク)

Yuan Bo

写真a

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    2000年03月

    東京薬科大学  薬学研究科  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
    -
    2010年07月

    University of California, San Francisco   Visiting Assistant Professor

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京薬科大学 -  博士(薬)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The protection of indolealkylamines from LPS-induced inflammation in zebrafish.

    Zhang Yu, Takagi Norio, Yuan Bo, Zhou Yanyan, Si Nan, Wang Hongjie, Yang Jian, Wei Xiaolu, Zhao Haiyu, Bian Baolin.

    J Ethnopharmacol.     112122   2019年07月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • Arsenic Disulfide Combined with L-Buthionine-(S, R)-Sulfoximine Induces Synergistic Antitumor Effects in Two-Dimensional and Three-Dimensional Models of MCF-7 Breast Carcinoma Cells.

    Zhao Yuxue, Tanaka Sachiko, Yuan Bo, Sugiyama Kentaro, Onda Kenji, Kiyomi Anna, Takagi Norio, Sugiura Munetoshi, Hirano Toshihiko.

    Am J Chin Med.   47 ( 5 ) 1 - 22   2019年07月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • ヒ素化合物とテトランドリン併用の乳癌治療応用への可能性

    袁 博,清海 杏奈,平野 俊彦

    メディカル・サイエンス・ダイジェスト ( (株)ニューサイエンス社 )  45 ( 8 ) 424 - 426   2019年07月  [招待有り]

    共著

  • Involvement of PI3-K/Akt-Dependent GSK-3β Signaling in Proliferation of Neural Progenitor Cells After Hypoxic Exposure.

    Kisoh Keishi, Hayashi Hideki, Arai Miho, Orita Mayiko, Yuan Bo, Takagi Norio.

    Mol Neurobiol.   56 ( 3 ) 1946 - 1956   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • The anti-tumor effects of arsenic disulfide on breast cancer cells: effects on cell survival, migration ability, apoptosis and autophagy.

    Zhao Yuxue, Onda Kenji, Sugiyama Kentaro, Yuan Bo, Tanaka Sachiko, Takagi Norio, Hirano Toshihiko.

    Oncol Rep.   41 ( 1 ) 27 - 42   2019年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヒト乳がん組織に対するヒ素化合物とテトランドリン併用の抗腫瘍活性に関する基盤研究

    日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  袁 博

  • ヒ素化合物とテトランドリン併用の乳がん治療への応用に関する基盤的研究

    日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  袁 博

  • The research of regulation function about arsenical combined with tetrandrine on triple-negative breast cancer strain and stem cell microsphere

    中国 国家自然科学基金委員会

    研究期間:  2014年01月  -  2018年12月  代表者:  裴 晓华

  • フラボノイド併用による三酸化ヒ素の新規抗がん作用に関する基盤研究

    公益財団法人 日中医学協会

    研究期間:  2012年04月  -  2013年03月  代表者:  袁 博