北村 雅史 (キタムラ マサシ)

KITAMURA Masashi

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

薬用植物、生薬

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    金沢大学   薬学部   薬学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    金沢大学  薬学系研究科  博士課程  修了

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    京都大学  薬学研究科  生命薬科学専攻  博士課程  中退

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    京都大学  薬学研究科  生命薬科学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学 -  博士(創薬科学)

  • 京都大学 -  修士(薬学)

  • 金沢大学 -  学士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬科学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2018年03月

      石川県警察本部科学捜査研究所   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2015年11月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2015年05月
    -
    継続中
     

    日本生薬学会

  • 2007年09月
    -
    継続中
     

    日本DNA多型学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生薬学

  • 生物系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Authentication of Shan-Dou-Gen Based on DNA Analysis

    Kitamura Masashi, Muramatsu Naoki, Suzuki Ryuichiro, Shirataki Yoshiaki

    Natural Product Communications     2019年  [査読有り]

    共著

  • Development of simple and accurate detection systems for Cannabis sativa using DNA chromatography.

    Yamamuro Tadashi, Miyamoto Shigehiko, Kitamura Masashi, Muro Tomonori, Iwata Yuko T, Segawa Hiroki, Kuwayama Kenji, Tsujikawa Kenji, Kanamori Tatsuyuki, Inoue Hiroyuki

    Forensic Sci Int   291   68 - 75   2018年10月

    共著

    DOI PubMed

  • Improved On-Site Protocol for the DNA-Based Species Identification of Cannabis sativa by Loop-Mediated Isothermal Amplification.

    Kitamura Masashi, Aragane Masako, Nakamura Kou, Adachi Tatsushi, Watanabe Kazuhito, Sasaki Yohei

    Biol Pharm Bull   41 ( 8 ) 1303 - 1306   2018年05月

    共著

    DOI PubMed

  • Rapid screening method for male DNA by using the loop-mediated isothermal amplification assay.

    Kitamura Masashi, Kubo Seiji, Tanaka Jin, Adachi Tatsushi

    Int J Legal Med   132 ( 4 ) 975 - 981   2018年07月

    共著

    DOI PubMed

  • Morphological and genetic differences between Coptis japonica var. anemonifolia H. Ohba and Coptis japonica var. major Satake in Hokuriku area.

    Kitamura Masashi, Ando Hirokazu, Sasaki Yohei

    Journal of Natural Medicines   72 ( 2 ) 514 - 522   2018年03月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • DNA型検査による個人識別

    北村雅史

    薬学雑誌     2019年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 七味唐辛子について

    北村雅史

    New Food Industry   61 ( 3 ) 217 - 218   2019年03月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • International Conferencre on DNA technology for authentication quality control and conservation of herbal material (Best Poster Presentation Award)

    2016年12月   International Conferencre on DNA technology for authentication quality control and conservation of herbal material   Development of Loop-mediated isothermal amplification (LAMP) assay for rapid identification of Cannabis sativa  

    受賞者:  Masashi Kitamura

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 有毒植物トリカブトのオンサイト同定法及び個体識別法の開発

    奨励研究

    研究期間:  2017年04月  -  2018年03月 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 薬用植物の鑑別法に関する研究

    提供機関:  科学警察研究所  国内共同研究

    研究期間:  2018年06月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • LAMP法によるトリカブト属の迅速鑑別法の開発

    北村雅史,風戸 祥, 安藤広和,佐々木陽平,鈴木龍一郎, 白瀧義明

    日本薬学会 第139年会(千葉)  (千葉)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 規制対象植物であり、薬用資源植物である大麻草

    北村雅史  [招待有り]

    日本臨床カンナビノイド学会  (東京)  2019年03月  -  2019年03月   

  • 法科学における核酸検出とLAMP法の応用可能性について

    北村雅史

    第11回 LAMP研究会  (東京)  2019年02月  -  2019年02月   

  • キクバオウレンとセリバオウレンのアルカロイド組成比に関する検討

    荒砥はるか,北村雅史,安藤広和, 佐々木陽平,鈴木龍一郎,白瀧義明

    日本生薬学会第65回年会  (広島)  2018年09月  -  2018年09月   

  • DNA型検査による個人識別

    北村雅史

    日本薬学会 第138年会  (石川)  2018年03月  -  2018年03月   

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成30年度彩の国大学コンソーシアム公開講座

    2018年09月