岩舘 怜子 (イワダテ レイコ)

IWADATE Reiko

写真a

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年06月
    -
    継続中
     

    日本産科婦人科学会

  • 2011年06月
    -
    継続中
     

    日本人類遺伝学会

  • 2011年06月
    -
    継続中
     

    日本癌学会

  • 2011年03月
    -
    継続中
     

    日本臨床薬理学会

  • 2009年06月
    -
    2012年01月
     

    日本時間生物学会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • p62/SQSTM1タンパク質の高発現と婦人科癌の悪性形質および不良な予後との関連

    (選択しない)  

    研究期間: 2013年06月  -  2015年03月

  • オートファジー障害を持つ癌細胞株における化合物スクリーニング

    (選択しない)  

    研究期間: 2012年04月  -  2014年03月

  • 子宮体癌細胞株における抗癌剤耐性の誘導

    (選択しない)  

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月

  • ヘム代謝異常マウスの概日リズム解析

    (選択しない)  

    研究期間: 2008年12月  -  2011年03月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • High Expression of SQSTM1/p62 Protein Is Associated with Poor Prognosis in Epithelial Ovarian Cancer.

    Reiko Iwadate, Jun Inoue, Hitoshi Tsuda, Masashi Takano, Kenichi Furuya, Akira Hirasawa, Daisuke Aoki, and Johji Inazawa

    Acta histochemica et cytochemica.  47 ( 6 ) 295 - 301   2015年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   共著

    PubMed

論文 【 表示 / 非表示

  • High Expression of p62 Protein Is Associated with Poor Prognosis and Aggressive Phenotypes in Endometrial Cancer.

    Reiko Iwadate, Jun Inoue, Hitoshi Tsuda, Masashi Takano, Kenichi Furuya, Akira Hirasawa, Daisuke Aoki, and Johji Inazawa

    The American journal of pathology.   185 ( 9 ) 2523 - 2533   2015年09月  [査読有り]

    共著

    PubMed

  • High Expression of SQSTM1/p62 Protein Is Associated with Poor Prognosis in Epithelial Ovarian Cancer.

    Reiko Iwadate, Jun Inoue, Hitoshi Tsuda, Masashi Takano, Kenichi Furuya, Akira Hirasawa, Daisuke Aoki, and Johji Inazawa

    Acta histochemica et cytochemica.   47 ( 6 ) 295 - 301   2014年12月  [査読有り]

    共著

    PubMed

  • Impairment of heme biosynthesis induces short circadian period in body temperature rhythms in mice.

    Reiko Iwadate, Yoko Satoh, Yukino Watanabe, Hiroshi Kawai, Naomi Kudo, Yoichi Kawashima, Tadahiko Mashino, Atsushi Mitsumoto.

    American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology.   303 ( 1 ) R8 - R18   2012年07月  [査読有り]

    共著

    PubMed

  • Manifestation of psychiatric behaviors in a mouse model of griseofulvin-induced hepatic porphyria.

    Yoko Satoh, Reiko Iwadate, Yukino Watanabe, Hiroshi Kawai, Naomi Kudo, Yoichi Kawashima, Atsushi Mitsumoto.

    The Journal of Toxicological Sciences.   33 ( 5 ) 599 - 608   2008年12月  [査読有り]

    共著

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
     
     

    2018年第3回薬学研究科FD

  • 2018年07月
     
     

    2018年度城西大学全学FD研修会(第二回)

  • 2018年05月
     
     

    2018年度城西大学全学FD研修会(第一回)

  • 2018年05月
     
     

    2018年第1回薬学科教育委員会FD

  • 2018年04月
    -
    継続中

    卒業研究・論文抄読指導

全件表示 >>