井上 直子 (イノウエ ナオコ)

INOUE Naoko

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

イギリス及びアルプス周辺地域(伊仏瑞独)の繊維・ アパレル産業史、EU地域政策、国境問題

ホームページ

http://lccg.tokyo

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    京都大学   経済学部   経済学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2011年03月

    東京大学  経済学研究科  比較経済史  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    2008年04月

    トリエステ大学  国境政策  博士課程  修了

  •  
    -
    2003年03月

    東京大学  総合文化研究科  地域文化研究  修士課程  修了

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    城西大学   経済学部   経済学科   准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    新しい世界史

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    糸・布・衣の循環史研究会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    経済空間史研究会

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    政治経済学・経済史学会

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Le industrie goriziane e l’Istituto per il Promovimento delle Industrie in Gorizia 1902-1914

    Naoko Inoue

      2008年04月  [査読有り]

    学位論文(その他)   単著

著書 【 表示 / 非表示

  • Transformations of Use and Value, c.1700-2000

    Renate Pieper, Takeshi Fushimi, Anne McCants, Miki Sugiura, Izumi Takeda, Beverly Lemire, Giorgio Riello, Takako Morinaga, Masachika Shiotani, Irina Potkina, Naoko Inoue, Emi Goto, Keiko Suzuki (担当: 共著 , 担当範囲: Silk Waste, Spun Silk, and Meisen Kimono: Technological Transfer and Emergence of New Industry in Japan from the late 19th Century to the 1930s )

    Hosei University Publishing  2019年03月 ISBN: 978-4-9910044-0-7

  • 持続可能な未来の探求:「3.11」を超えて-グローバリゼーションによる社会経済システム・文化変容とシステム・サステイナビリティ

    ラドヴィッチ ダルコ (担当: 共訳 , 担当範囲: 急進的現実主義へ:エコ・アーバニティの観点から )

    御茶の水書房  2014年03月 ISBN: 9784275010681

  • 30日で話せるイタリア語

    井上 直子,コッポラ アレッシオ (担当: 共著 )

    ナツメ出版  2009年03月 ISBN: 4816346856

  • ヨーロッパ統合と国際関係

    木畑 洋一、フリダンソン パトリック、藤田 憲、柴崎 祐典,小川 有美、岡部 みどり、井上 直子、上原 良子、森井 裕一、岡田 晃枝 (担当: 共著 , 担当範囲: 国境を挟む協力:イタリア・スロヴェニア国境の町ゴリツィアの事例 )

    日本経済評論社  2005年12月 ISBN: 9784818817982

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「世界史の中の秩父銘仙 1873-1940: 地域と人びとの声」

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月  代表者:  井上直子

  • 「18世紀〜20世紀の糸・布・衣の廉価化をめぐる世界史」

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  杉浦未樹

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「世界史からみる銘仙:デジタルアーカイブ 化と国際発信」

    提供機関:  城西大学、日本私立学校振興・共済事業団  日本私立学校振興・共済事業団学術研究振興資金

    研究期間: 2019年04月  -  継続中  代表者:  井上直子

  • 「民衆文化のデジタルアーカイブ化と多言語発信による大学・地域の価値創造」

    提供機関:  城西大学  城西大学学長所管研究奨励金

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月  代表者:  井上直子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「奢侈と半奢侈:1870-1930年代絹紡糸・レーヨンによる絹の代替から」

    井上直子  [招待有り]

    糸・布・衣の循環史研究会ワークショップ「奢侈/半奢侈とファッション」  (東洋大学)  2019年06月  -  2019年06月    Linking Cloth-Clothing Globally

  • Meisen kimono dans l’histoire globale: fil de soie qui connecte le Japon et l’Europe

    Naoko Inoue

    Écrire l’histoire au temps du global: rencontre franco-japonaise d’histoire  (日仏会館)  2019年04月  -  2019年04月    École des hautes études en sciences sociales (EHESS)

  • 「絹らしさとは何か:1870-1930年代絹紡糸とレーヨンの代替性から考える」

    井上直子  [招待有り]

    日本家政学会(服飾史・服飾美学部会)  (共立女子大学)  2019年03月  -  2019年03月    日本家政学会(服飾史・服飾美学部会)

  • Redefining Rayon in 20th-Century Europe, U.S. and Japan: Towards Unlimited Varieties of Mixing

    Naoko Inoue  [招待有り]

    Symposium Textiles and Materiality: Mixing Fibres between East and West, 16th-20th Centuries  (University of Warwick in Venice)  2019年03月  -  2019年03月    JSPS, Global History and Culture Centre, University of Warwick and Leverhulme Trust

  • Spun Silk to Artificial Silk: the 19th and 20th Centuries Accessible Luxury Brought by the Development of Spinning Technology and Synthetic Fibers

    Naoko Inoue

    World Economic History Conference (WEHC) BOSTON 2018  (Massachusetts Institute of Technology (MIT))  2018年07月  -  2018年07月    World Economic History Conference (WEHC)

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    継続中
      23号館建設会議   (全学委員会)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      学生委員会   (全学委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      入試検討委員会   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      図書館選書委員会   (全学委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      JURA運営委員会   (全学委員会)

全件表示 >>