基本情報

写真a

井沼 学

INUMA Manabu


研究分野・キーワード

表現論, 組合せ論, 情報セキュリティ, バイオメトリクス

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  第一学群  自然学類

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  数理科学研究科

    博士課程,1998年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(数理科学),組合せ論と表現論,東京大学大学院数理科学研究科,論文,1998年03月

  • 修士(数理科学),代数学,東京大学大学院数理科学研究科,課程,1885年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人 産業技術総合研究所 情報セキュリティ研究センター,研究員,2007年09月 ~ 2012年03月

  • 中央大学 研究開発機構,客員研究員,2008年10月 ~ 継続中

  • 独立行政法人 産業技術総合研究所 情報技術部門,研究員,2012年04月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

  • 電子情報通信学会,2013年04月 ~ 継続中,日本国

  • 一般社団法人 情報処理学会 情報規格調査会 SC37/WG5 小委員会,2013年05月 ~ 2017年05月,日本国

  • 電子情報通信学会 バイオメトリクス研究専門委員会,2014年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本数学教育学会,2017年04月 ~ 2018年03月,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 組合せ論と表現論

  • バイオメトリクス、符号理論、暗号理論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A duality of the twisted group algebra of the symmetric group and a Lie superalgebra,Journal of Algebra,222巻 (頁 301 ~ 327) ,1999年12月,Manabu Inuma

    研究論文(学術雑誌),単著

  • A duality of a twisted group algebra of the hyperoctahedral group and the queer Lie superalgebra,Advanced Studies in Pure Mathematics,28巻 (頁 401 ~ 422) ,2000年12月,Manabu Inuma

    研究論文(学術雑誌),単著

  • Theoretical framework for constructing matching algorithms in biometric authentication systems,Proceedings of the Third IAPR/IEEE International Conference on Biometrics (頁 293 ~ 300) ,2009年09月,Manabu Inuma, Akira Otsuka, Hideki Imai

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Wolf fingerprints against minutiae count matching systems,IEICE Electronics Express,7巻 10号 (頁 738 ~ 744) ,2010年05月,Hyunho Kang, Shoko Yonezawa, Manabu Inuma, Akira Otsuka, Hideki Imai

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Lattice path enumeration for 321-avoiding permutations with further restrictions,Proceedings of 7th International Conference on Lattice Path Combinatorics and Applications (頁 177 ~ 182) ,2010年07月,Manabu Hagiwara, Manabu Inuma, Masaya Tomie

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The 8th International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis,国際会議,2013年08月,A duality of two queer Lie superalgebras and plethysms of Schur's Q-functions

  • The IEEE 6th International Conference on Biometrics, Theory, Applications and Systems,国際会議,2013年09月 ~ 2013年10月,Relations among Security Metrics for Template Protection Algorithms

  • 第3回誤り訂正符号のワークショップ,国内会議,2014年09月,バイオメトリクスのセキュリティと誤り訂正符号

  • 37th IEEE Symposium on Security and Privacy,国際会議,2016年05月,the Fairmont Hotel, San Jose, CA,Security evaluation of a finger vein authentication algorithm against wolf attack

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2000年04月 ~ 2001年03月,Weyl 群のねじれ群環と超Lie 代数の双対関係の定式化

  • 基盤研究(A),2013年04月 ~ 2014年03月,複数主体のバイオメトリクスデータベース管理と評価技術の研究

    バイオメトリクスは、入国管理、銀行ATM、ビル入退出管理などで使われ、市場規模、成長率ともに大きい(世界約 7000億円/年、20%)。これまで、バイオメトリクスは、組織単体での採用がほとんどであった。今後、組織間連携など利用が広がるにつれ、登録データと採取データをある組織単体の現場で照合するのでなく、複数の組織での連携した認証が増えることが予想される。しかし、従来のデータベース管理技術のそのままの適用では、プライバシ保護や生体情報取得時の精度のばらつき等バイオメトリクス特有の問題がある。バイオメトリクスが安心して使えるコモディティとなる前に、この問題を解決するため、本研究では、そのためのキー技術として、信頼できるバイオメトリクス性能評価技術および関連するデータベース構築手法の研究を行う。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新世代情報セキュリティ研究開発事業,2008年10月 ~ 2010年03月,証明可能な安全性をもつキャンセラブル・バイオメトリクス認証技術の構築とそれを利用した個人認証インフラストラクチャ実現に向けた研究開発

    バイオメトリック情報は、オリジナルのバイオメトリック情報を容易に復元できないかたちで変換されデータベースに保存されなければならない。なおかつ、漏洩の危機に備えて、保存されたテンプレートや認証用の鍵が十分な回数更新できることが必要となる。このような問題を想定して設計されたバイオメトリクス認証技術をキャンセラブル・バイオメトリクス認証技術と呼ぶ。本研究では、キャンセラブル・バイオメトリクス認証技術に関して、以下の4つのテーマについての研究開発を行う。
    (1) キャンセラブル・バイオメトリクス認証技術における、安全性評価基準の理論的な枠組みの構築
    (2) 証明可能な安全性をもつキャンセラブル・バイオメトリクス認証技術の研究開発
    (3) 各モダリティやアルゴリズムごとの条件に応じた最適な安全性をもつキャンセラブル・バイオメトリクス認証応用技術の研究開発
    (4) キャンセラブル・バイオメトリクス認証を組込んだID 連携認証技術のプロトタイプの構築

    経済産業省

  • 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE),2010年08月 ~ 2013年03月,バイオメトリクス認証システムのウルフ攻撃に対する安全性評価技術に関する研究

    バイオメトリクス認証に対する強い成りすまし攻撃であるウルフ攻撃とその安全性評価尺度であるウルフ攻撃確率の理論を、生態検知システムやマルチモーダル認証システムなどのより高度で実用的なシステムにも応用可能な形に発展させて理論全体を体系化し、種々のバイオメトリクス認証システムやあらゆる強度のなりすまし攻撃を網羅するような評価理論を構築する。また、理論を裏付けするための評価実験を行い、評価技術の基盤となるデータや知見を蓄積する。これらの理論にもとづいて強いなりすまし攻撃に対して安全でかつ高性能な照合アルゴリズムを開発する。

    総務省

  • METI戦略的国際標準化推進事業/国際標準共同研究開発事業,2010年11月 ~ 2013年03月,バイオメトリクス認証におけるテンプレート保護技術に関する標準化

    バイオメトリクス認証におけるテンプレート保護技術は、システム内に蓄積されたテンプレート(特定の個人情報と関連付けられた生体情報)をシステム外からの攻撃に対して保護すること、および、バイオメトリクス認証を行う際の認証結果からテンプレートの内容を推測復元されることを防止することなどを目的としている。近年、国内外において、様々なテンプレート保護方式が提案・開発され、一部、実用化されているものもある。しかしながら、これら種々のテンプレート保護技術を客観的に評価可能な明確な安全性評価基準は未だ確立していない。本事業では、種々のテンプレート保護技術の安全性と認証精度の安全性評価基準を確立し、本質的な認証精度と安全性を目指した国内の技術や製品が、他の国際標準規格提案によって不利益を被る状況にならないよう、事業内で確立した適切な安全性評価基準を盛り込んだ国際規格案を作成し、制定を図る。

    経済産業省

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,代数学基礎(演習含む),2016年04月 ~ 2016年08月,専任

  • 2016年度,応用数学特論Ⅱ,2016年04月 ~ 2016年08月,専任

  • 2016年度,符号理論,2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,教育実習Ⅰ(数学),2016年04月 ~ 2017年03月,専任

  • 2016年度,教育実習Ⅱ(数学),2016年04月 ~ 2017年03月,専任

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 教員免許状更新講習講師,2017年08月

 

学内委員会等 【 表示 / 非表示

  • 教職課程センター所員,2017年04月 ~ 継続中