玄 美燕 (ゲン ビエン)

XUAN Meiyan

写真a

職名

助手

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1 城西大学 医薬品化学研究室

研究分野・キーワード

虚血性脳障害 酸化ストレス 抗酸化物

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール


言語:
英語、日本語、韓国語、中国語

取得資格・認証
・CINM(国際栄養士):2006.12
CINM(Certified International Nutrition Manager),
received by ACI(American Certification Institute),
Certificate No.Mnh18041213061532443398
・日本語一級:2012.8.25
・CET-4; College English Test Band 4:2005.6
・普通话水平测试等级证书二级乙等:2006.5

受領歴
・城西大学女性リーダー育成奨励生(水田宗子奨学金):2011.11
・私費外国人留学生奨励費(日本学生支援機構)受領生:2008.4~ 2010.3
・日本政府(文部科学省)奨学金留学生:2010.4~2013.3


出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2003年09月
    -
    2007年06月

    中国延辺大学(YANBIAN University)   薬学部   薬学科 薬学専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    城西大学  薬学研究科  薬学専攻  博士課程  修了

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    城西大学  薬学研究科  医療栄養学専攻  修士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

    日本    城西大学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   助手  

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    城西大学   薬学部   医療栄養学科   ティーチング・アシスタント  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

      埼玉医科大学国際医療センター   実験助手(技術系)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年11月
    -
    継続中
     

    日本薬理学会

  • 2008年11月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 内科学一般(含心身医学)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 国際栄養士

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Protective effects of ferulic acid against chronic cerebral hypoperfusion-induced swallowing dysfunction in rats

    Takashi Asano, Hirokazu Matsuzaki, Naohiro Iwata, Meiyan Xuan, Shinya Kamiuchi, Yasuhide Hibino, Takeshi Sakamoto and Mari Okazaki.

    International Journal of Molecular Sciences ( MDPI )  18 ( 3 ) 1 - 16   2017年03月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • Systematic Evaluation of Methyl Ester Bioisosteres in the Context of Developing Alkenyldiarylmethanes (ADAMs) as Non-nucleoside Reverse Transcriptase Inhibitors (NNRTIs) for anti-HIV-1 Chemotherapy

    Ayako Hoshi, Takeshi Sakamoto, Jun Takayama, Meiyan Xuan他

    Bioorganic & Medicinal Chemistry ( ELSEVIER )  24 ( 13 ) 3006 - 3022   2016年07月  [査読有り]

    共著

    JURA Repository DOI PubMed

  • Oxidative De-aromatic Cyclization of N-Substituted Benzanilide Derivatives: Conformational Effect of Amide Groups on the Reaction

    Kousuke Hayashi, Jun Takayama, Meiyan Xuan, Misaki Suda, Hiroyuki Teramae, Takeshi Sakamoto

    Heterocycles   92 ( 10 ) 1785 - 1786   2016年01月

    共著

    DOI

  • Effects of Etanercept against Transient Cerebral Ischemia in Diabetic Rats

    Naohiro Iwata, Hirokao Takayama, Meiyan Xuan 他

    BioMed Research International ( Hindawi )    1 - 10   2015年10月  [査読有り]

    共著

    JURA Repository DOI

  • Chronic Treatment with a Water-Soluble Extract from the Culture Medium of Ganoderma lucidum Mycelia Prevents apoptosis and Necroptosis in Hypoxia/Ischemia-Induced Injury of Type 2 Diabetic Mouse Brain

    Meiyan Xuan, Mari Okazaki, Naohiro Iwata, Satoshi Asano, Shinya Kamiuchi, Hirokazu Matsuzaki, Takeshi Sakamoto, Yoshiyuki Miyano, Hiroshi Iizuka, Yasuhide Hibino

    Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine     1 - 16   2015年  [査読有り]

    共著

    Type 2 diabetes mellitus has been known to increase systemic oxidative stress by chronic hyperglycemia and visceral obesity and aggravate cerebral ischemic injury. On the basis of our previous study regarding a water-soluble extract from the culture medium of Ganoderma lucidum mycelia (designed as MAK), which exerts antioxidative and neuroprotective effects, the present study was conducted to evaluate the preventive effects of MAK on apoptosis and necroptosis (a programmed necrosis) induced by hypoxia/ischemia (H/I) in type 2 diabetic KKAy mice. H/I was induced by a combination of unilateral common carotid artery ligation with hypoxia (8% O2 for 20 min) and subsequent reoxygenation. Pretreatment with MAK (1 g/kg, p.o.) for a week significantly reduced H/I-induced neurological deficits and brain infarction volume assessed at 24 h of reoxygenation. Histochemical analysis showed that MAK significantly suppressed superoxide production, neuronal cell death, and vacuolation in the ischemic penumbra, which was accompanied by a decrease in the numbers of TUNEL- or cleaved caspase-3-positive cells. Furthermore, MAK decreased the expression of receptor-interacting protein kinase 3 mRNA and protein, a key molecule for necroptosis. These results suggest that MAK confers resistance to apoptotic and necroptotic cell death and relieves H/I-induced cerebral ischemic injury in type 2 diabetic mice.

    DOI PubMed

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 脳保護剤

    特願 特願2013-035943  特開 特開2014-162768 

    日比野 康英、岡崎 真理、玄 美燕、飯塚 博

    J-GLOBAL

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規フェルラ酸誘導体FAD012の虚血性脳障害抑制メカニズムに関する基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  岡崎 真理

    基盤研究(C)No. 16K09255、研究代表者 岡崎真理、H28-H30; 玄美燕は、研究代表者の分担としてエフォート25%の内容を実施した。 「新規フェルラ酸誘導体FAD012の虚血性脳障害抑制メカニズムに関する基層的研究」において、FAD012の作用メカニズムの解析に取り組んだ。主に酸化ストレス関連カスケードに関して、FAD012の調節経路を探索した。また、FAD012と類似した化合物を同時に評価することにより、構造活性相関に関する検討を実施した。その結果は、本研究組織の合成チームにフィードバックされ、現在、さらに優れた化合物の設計・合成に取り込んでいる。

  • 新規フェルラ酸誘導体の脳虚血性嚥下反応障害に対する予防・改善効果に関する基礎研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  岡崎 真理

    基盤研究(C)No. 25460910、研究代表者 岡崎真理、H25-H27;
    玄美燕は、研究代表者の分担としてエフォート20%の内容を実施した。研究内容:「新規フェルラ酸誘導体の脳虚血性嚥下反射障害に対する予防・改善効果に関する基礎研究」において 、虚血性嚥下反射障害に対おける数十種類のFADを用いてスクリーニングを行った。その結果、安全性が高く、リード化合物であるFAより優れたFAD012を見出した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • PC12細胞におけるフェルラ酸誘導体FAD012の酸化ストレス障害抑制メカニズムの検討

    玄 美燕、中村 梨花、林 浩輔、加藤 洋介、高山 淳、坂本 武史、松崎 広和、岡崎 真理

    日本薬学会第137回  (仙台)  2017年03月  -  2017年03月    日本薬学会

  • PC12細胞の酸化ストレス障害に対する新規フェルラ酸誘導体FAD024の保護メカニズムの検討

    玄 美燕、木下 智史、荒野 舞、加藤 洋介、高山 淳、坂本 武史、松崎 広和、岡崎 真理

    第60回日本薬学会関東支部  (東京)  2016年09月  -  2016年09月    日本薬学会関東支部

  • PC12細胞における新規フェルラ酸誘導体FAD024の酸化ストレス障害抑制メカニズムの検討

    玄 美燕、加藤洋介、荒野 舞、木下 智史、高山 淳、坂本 武史、日比野 康英、松崎 広和、岡崎 真理

    日本薬学会第136回  (横浜)  2016年03月  -  2016年03月    日本薬学会

  • 酸化ストレス障害に対するフェルラ酸誘導体の細胞保護作用メカニズムの解析

    玄美燕「他」

    第59回日本薬学会関東支部大会  (千葉 日本大学薬学部)  2015年09月  -  2015年09月    日本薬学会関東支部

  • KKAyマウスの低酸素脳虚血障害における霊芝菌糸体培養培地抽出物のネクロトーシス抑制効果

    玄美燕「他」

    日本薬学会第135年会  (神戸)  2015年03月  -  2015年03月    日本薬学会

全件表示 >>

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    2016年12月

    薬学実習 B

  • 2014年06月
    -
    2016年07月

    薬学実習 A

  • 2013年06月
    -
    継続中

    薬学実習 E

  • 2013年04月
    -
    継続中

    薬学実習 F