見附 孝一郎 (ミツケ コウイチロウ)

MITSUKE Koichiro

写真a

職名

教授

研究室住所

埼玉県坂戸市けやき台1-1

研究分野・キーワード

化学,物理化学

ホームページ

http://www.josai.ac.jp/~mitsuke

プロフィール

原子分子・クラスター・フラーレンを対象として、光との相互作用によるイオン化と超励起、振動緩和や解離等の動的過程を実験的に研究する。赤外レーザーから軟X線光までの光源を用いて、質量分析、電子分光、運動量画像分光、蛍光分光等の手法で、イオン、電子、光、中性種を観測する。斜入射放射光分光器、TOF質量分析器、イオン電子同時計測器、運動量画像分析器(特許)、高分解半球型または角度分解円錐型エネルギー分析器(特許)、高沸点物質用光イオン化質量分析器(特許)、正負イオン同時計測装置、気相2次元光電子分光装置、レーザー放射光同期計測装置、気相フラーレン光解析装置を開発した。
A. 高励起原子とクラスターの衝突電子付着
B. 準安定原子と分子または表面の衝突励起やイオン化
C. 真空紫外領域でのイオン対生成
D.放射光施設で波長掃引2次元光電子分光装置と発光分光装置を製作し、光電子強度と分散蛍光強度を測定した。合理的なポテンシャルエネルギー曲面を予測し、平衡構造、振動状態、自動イオン化や前期解離の寿命、反応分岐比を考察した。招待講演で発表した(VUV-XI、環太平洋化学会、ゴードン会議)。蛍光分散に関する論文は日本化学会英文誌の論文賞を受賞した。
E.モードロックレーザーと放射光を同期させて,時間分解ポンププローブ測定を遂行し、電子振動励起分子の光イオン化と光解離の動力学を研究した。レーザー誘起蛍光法により超励起状態から解離生成した断片の内部状態観測を初めて実現した。招待講演で発表し(IWP’97、ICPEAC、環太平洋化学会、米国化学会等)、米国化学会雑誌でもトピックスとして取り上げられた。
F.斜入射分光器の建設と同時計測法の開発
G.(1)絶対吸収断面積曲線から金属内包フラーレンの内殻巨大共鳴を初めて観測した。また、光解離断片の収量曲線で、「しきいhv値」がサイズと供に増加する結果を得、余剰エネルギーを全振動自由度に等分配してC2を統計的に解離していくことを実証した。中性フラーレンビームの3次元速度分布を診断する為の運動量画像観測装置を開発した。(2)気・固相フラーレンの光吸収断面積を、近赤外から極端紫外域に渡り測定し、その絶対値を振動子強度の総和則等から検証した。光吸収断面積は分極率、屈折率、反射率等の光学的物理量と結びつく重要な概念であり、多くの基本分子についてその測定がなされているが、フラーレンでは広範囲に渡って求めた例はなかった。

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    東京大学   理学部   化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    東京大学  理学系研究科  化学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  理学博士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    城西大学   理学部   化学科   主任  

  • 2012年04月
    -
    継続中

    城西大学   理学部   化学科   教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

      法政大学   生命科学部   講師

  • 1991年04月
    -
    2012年03月

      大学共同利用機関法人自然科学研究機構   分子科学研究所   准教授

  • 1986年04月
    -
    1991年03月

      東京大学   教養学部自然科学科   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1982年12月
    -
    継続中
     

    日本化学会

  • 1983年12月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 2003年09月
    -
    継続中
     

    分子科学会

  • 1989年09月
    -
    継続中
     

    放射光学会

  • 1983年04月
    -
    2008年03月
     

    原子衝突研究協会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

  • 機能物性化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 有機系太陽電池の基礎過程の研究

    (選択しない)  

    研究期間: 2008年04月  -  継続中

    各種光源を用いて、有機系太陽電池のエネルギー変換効率、光電変換効率、電子注入効率を測定し、新型色素や擬固体電解液を含む高効率電池を発明したいという応用テーマです。次世代エネルギー源として、環境負荷の少ない有機系太陽電池は多方面から注目されており、実用化に向けて、高性能の酸化還元対電解質溶液の開発、半導体負電極(TiO2,ZnO等のナノ微粒子膜)の多孔質化と大面積化、正確な電流-電圧特性評価法の確立などを目指した研究が多数行われています。中でも、広い波長範囲の太陽光を効率よく吸収する吸着有機分子の探索がエネルギー変換効率の向上の為の最優先事項と考えられています。湿式有機太陽電池としては、ルテニウム系やクマリン系の色素の可視吸収帯を利用した色素増感太陽電池がよく知られていますが、ηの最高値は約11%であり、シリコン結晶やアモルファスを母材とする太陽電池の?値の半分以下に止まっています。我々は、電子輸送機能に優れたカルボン酸フラーレンを色素にドープする事で、太陽光吸収効率と半導体電極への電子注入効率を高めた新規太陽電池の開発を目指します。

  • フラーレンの極端紫外光励起過程

    (選択しない)  

    研究期間: 2003年04月  -  継続中

    高沸点物質用質量分析装置を開発し、絶対吸収断面積曲線から各種共鳴状態を同定しました。理論でのみ予測されていた金属内包フラーレンの内殻巨大共鳴を初めて実験的に観測しました。また、C60やC70からの光解離断片C60-2nz+、 C70-2nz+ (n=1-6, z=1-3)の収量曲線で、光子エネルギーの「しきい値」がnと供に増加する結果を得ました。親イオンの内部エネルギーの実験的しきい値が、遷移状態理論による理論的しきい値と合致したことから、余剰エネルギーを全振動自由度に等分配してC2を統計的に解離していくという描像を提唱しました。このメカニズムをさらに追究する為に、中性フラーレンビームの3次元速度分布を診断する為の運動量画像観測装置を新規開発しました。

  • 真空紫外領域でのイオン対生成/光イオン化と解離のダイナミクス

    (選択しない)  

    研究期間: 1986年04月  -  継続中

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Negative-ion formation from van der Waals clusters in collision with highly-excited Rydberg atoms and slow electrons

    Koichiro Mitsuke

      1986年03月  [査読有り]

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Density functional theory study of adsorption geometries and electronic structures of azo-dye-based molecules on anatase TiO2 surface for dye-sensitized solar cell applications

    Pongthep Prajongtat, Songwut Suramitr, Somkiat Nokbin, Koichi Nakajima, Koichiro Mitsuke, Supa Hannongbua

    Journal of Molecular Graphics and Modelling ( Elsevier )  76 ( 1 ) 1 - 8   2017年09月

    共著

  • Mass-resolved velocity map imaging of doubly charged photofragments from C60

    Katayanagi, H., Mitsuke, K.

    Bull. Chem. Soc. Jpn.   88   857 - 861   2015年  [査読有り]

    共著

  • Enhancement of the solubility, thermal stability, and electronic properties of carbon nanotubes functionalized with MEH-PPV: A combined experimental and computational study

    P. Prajongtat, S. Suramitr, M. P. Gleeson, K. Mitsuke, and S. Hannongbua

    Monatshefte für Chemie   144   925 - 935   2013年  [査読有り]

    共著

  • Rearrangement and fragmentation dynamics of C60 triggered by intense near-IR laser pulses: Nanosecond simulation

    N. Niitsu, M. Kikuchi, H. Ikeda, K. Yamazaki, M. Kanno, H. Kono, K. Mitsuke, M. Toda, K. Nakai, S. Irle

    Quantum Systems in Chemistry and Physics: Progress in Methods and Applications   2012   149 - 177   2012年  [査読有り]  [招待有り]

    共著

  • Nanosecond simulations of the dynamics of C60 excited by intense nearinfrared laser pulses: Impulsive Raman excitation, rearrangement, and fragmentation

    N. Niitsu, M. Kikuchi, H. Ikeda, K. Yamazaki, M. Kanno, H. Kono, K. Mitsuke, M. Toda, K. Nakai

    J. Chem. Phys.   136   164304-1 - 164304-12   2012年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎物理化学演習 第2版

    尾崎 裕,末岡一生,宮前 博,見附孝一郎 (担当: 共著 )

    三共出版  2013年10月

  • 分子の構造とスペクトル、プラズマ原子分子過程ハンドブック、第3章

    見附孝一郎、小林かおり (担当: 共著 )

    大阪大学出版会  2011年03月

  • 原子・分子クラスター : クラスター作成法、サイズ選択法、実験化学講座(第4版)、巻8(分光Ⅲ)

    見附孝一郎 (担当: 共著 )

    日本化学会  1993年04月

  • 原子・分子クラスター : 構造 電子分光法、実験化学講座(第4版)、巻8(分光Ⅲ)

    見附孝一郎 (担当: 共著 )

    日本化学会  1993年04月

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 質量分析方法

    特願 特開 昭61-163551 

    近藤 保,見附孝一郎,朽津耕三

  • 高分解能電子エネルギー分析器

    特願 2002-52402  特開 2003-257361  特許 3665032

    見附孝一郎

  • 高沸点物質の光イオン化質量分析装置

    特願 2004-89485  特開 2005-276679  特許 4056984

    見附孝一郎,森 崇徳,江 潤卿

  • 原子/分子ビームの3次元速度分布測定方法及び装置

    特願 2008-113645 

    見附孝一郎,片柳英樹

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 原子衝突研究協会誌編集委員

    書評 

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

  • ISRN Physical Chemistry 編集委員

    書評 

    2011年04月
    -
    継続中
     

  • 大幸財団平成16年度海外学術交流研究助成対象者

    フィールドワーク 

    2004年04月
    -
    2005年03月
     

  • All Japan高輝度光源利用計画作業委員

    その他 

    2002年04月
    -
    2004年03月
     

  • 東京大学物性研究所嘱託研究員

    書評 

    2000年04月
    -
    2005年03月
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会欧文誌BCSJ賞

    2001年07月   日本化学会  

    受賞者:  見附孝一郎、水谷雅一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 電子・イオンコインシデンス測定による分子クラスターのイオン化過程の研究(代表者)

    奨励研究(A)

    研究期間:  1987年04月  -  1988年03月  代表者:  見附孝一郎

  • 光電子-光イオン同時計測法によるファンデルワールスクラスターの構造解析(代表者)

    奨励研究(A)

    研究期間:  1988年04月  -  1989年03月  代表者:  見附孝一郎

  • 溶媒和された励起状態イオンの化学反応素過程(代表者)

    一般研究(C)

    研究期間:  1989年04月  -  1990年03月  代表者:  見附孝一郎

  • 溶液化学反応素過程の遷移状態(公募研究の代表者)

    重点領域研究:溶液の非平衡

    研究期間:  1990年04月  -  1993年03月  代表者:  見附孝一郎

  • 遷移状態分光による化学反応のポテンシャルエネルギー曲面の直接決定(代表者)

    一般研究(C)

    研究期間:  1992年04月  -  1993年03月  代表者:  見附孝一郎

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • レーザーと軌道放射の同時吸収による化学結合の選択的開裂

    提供機関:  民間財団等  井上科学振興財団,井上フェロー研究奨励金(代表者、兼雇用者)

    研究期間: 1997年04月  -  2000年03月  代表者:  見附孝一郎

  • 放射光励起で生成した偏極原子のレーザー光イオン化 - 光イオン化完全実験を目指して

    提供機関:  民間財団等  松尾科学振興財団,学術研究助成(代表者)

    研究期間: 1998年04月  -  1999年04月  代表者:  見附孝一郎

  • 光ダイナミクス・反応ダイナミクスに関する国際会議開催(提案代表者)

    提供機関:  民間財団等  分子科学研究奨励森野基金

    研究期間: 1999年04月  -  2000年03月  代表者:  見附孝一郎

  • ナノ分子場中の原子と光の相互作用  金属内包フラーレンに軟X線巨大共鳴は存在するか?

    提供機関:  民間財団等  光科学技術研究振興財団,研究助成(代表者)

    研究期間: 2002年04月  -  2004年03月  代表者:  見附孝一郎

  • 新奇高沸点物質の質量分析装置の開発と実用化試験

    提供機関:  その他省庁等  独立行政法人科学技術振興機構,シーズ育成試験研究(代表者)

    研究期間: 2005年12月  -  2007年04月  代表者:  見附孝一郎

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 愛知県知の拠点重点研究プロジェクト第8研究会委員

    提供機関:    国内共同研究

    研究期間:  2008年04月  -  2010年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中

    物理化学Ⅰ

  • 2013年04月
    -
    継続中

    物理化学Ⅲ

  • 2015年04月
    -
    継続中

    物質・情報科学特論

  • 2012年04月
    -
    継続中

    自然科学概論

  • 2012年10月
    -
    2015年03月

    無機分析化学実験

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 総合研究大学院大学   数物科学研究科 講義「分子素反応動力学」 1992-2005年

  • 総合研究大学院大学   数物科学研究科演習 「気相化学反応実験1~3」, 1992-2005年

  • 総合研究大学院大学   物理科学研究科,「極端紫外光分光学」, 2007-2011年

  • 法政大学生命科学部   物理化学概論I  2014~継続中

  • 法政大学生命科学部   物理化学概論Ⅱ  2014~継続中

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2012年02月
     
     

    “Morphology, Catalytic Activities, and Electronic Structures of the Nanosystems Constituting Dye-Sensitized Solar Cells (DSSC),” The Winter School of Asian-Core Program, Beijing (China)

  • 2010年02月
     
     

    総合研究大学院大学「科学知の総合化」アジアにおける学術状況調査事業派遣者

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    総合研究大学院大学物理科学研究科 講義「極端紫外光分光学」

  • 1994年08月
     
     

    第34回分子科学夏の学校、講師

  • 1992年04月
    -
    2006年03月

    総合研究大学院大学数物科学研究科 「気相化学反応実験1~3」

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2017年03月
      就職委員   (全学委員会)

  • 2014年04月
    -
    2017年03月
      国際教育委員会   (全学委員会)

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    分子科学会   第3回分子科学討論会、実行委員

  • 2012年05月
    -
    2012年12月

    分子科学会   第6回分子科学討論会、優秀講演賞選考委員

  • 1995年04月
    -
    1996年03月

    放射光学会   第9回日本放射光学会年会、実行委員

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

    放射光学会   第12回日本放射光学会年会、組織委員およびプログラム委員

  • 2005年04月
    -
    2006年12月

    放射光学会   第19回日本放射光学会年会、組織委員、実行委員およびプログラム委員長

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員および国際事業委員会書面審査員

    2009年04月
    -
    現在

  • サイエンスパートナーシッププロジェクト連携担当機関実施責任者

    2007年04月
    -
    2010年03月

    中等教育学校 海陽学園とのSPP連携