石黒 直哉 (イシグロ ナオヤ)

ISHIGURO Naoya

写真a

研究分野・キーワード

生物多様性 保全生物 分子系統

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    福井県立大学   生物資源学部   海洋生物資源学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 福井県立大学 -  博士(生物資源学)

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

      福井工業大学   工学部環境生命化学科   准教授

  • 2009年04月
    -
    2009年09月

      福井県立大学   海洋生物資源学部海洋生物資源学科   准教授

  • 2006年04月
    -
    2009年03月

      福井工業大学   工学部環境・生命未来工学科   講師

  • 2003年10月
    -
    2006年03月

      東京大学大学院   農学生命科学研究科   研究員

  • 2003年04月
    -
    2003年09月

      東京大学海洋研究所   海洋生命科学部門分子海洋科学分野   職員(技術系)

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年07月
    -
    継続中
     

    環境DNA学会

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本陸水学会

  • 2014年10月
    -
    継続中
     

    DNA鑑定学会

  • 2014年03月
    -
    継続中
     

    応用生態工学会

  • 2011年09月
    -
    継続中
     

    日本DNA多型学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 川越市「小・中・大学連携理科ふれあい事業」への取り組み

    宇和田 貴之,石黒 直哉,北川 浩子

    城西大学教職課程センター紀要 ( 城西大学教職課程センター )  ( 3 ) 85 - 90   2019年03月  [査読有り]

    共著

    川越市が市内の小・中学生の理科に対する興味・関心や知的好奇心,探究心を醸成するため毎年度開催している川越市「小・中・大学連携理科ふれあい事業」では,川越市近隣大学の教員および学生を小・中学校に招き,理科に関する実験・実習を行っている。本学理学部化学科の教員は本事業に継続的に参加し貢献している。本稿では2016~2017年度の我々の本事業への取り組み内容を報告し,理学部教員としての地域への貢献のあり方を考察する。

  • Habitat of a native freshwater shrimp Paratya improvisa in Iruma River system in Saitama Prefecture and the invasion status of alien species, Neocaridina spp.

    Naoya Ishiguro, Naoki Tamura, Manami Ohkashiwa

    DNA鑑定 ( DNA鑑定学会 )  10 ( 1 ) 51 - 57   2018年11月  [査読有り]

    共著

    Paratya improvisa is a freshwater shrimp species indigenous to eastern Japan. Originally, no species of the genus Neocaridina inhabited this region ; however, invasion by Neocaridina species has been confirmed in Shiga, Kanagawa, Chiba, Miyagi Prefectures and Hokkaido. In this study, the mitochondrial DNA analysis of cytochrome oxidase subunit I gene demonstrated that Neocaridina species have invaded almost all areas within Saitama Prefecture. The presence of indigenous P. improvisa was observed in only two areas in the upper river basins. Our findings indicate that the prevalence of Neocaridina species increases further downstream within the same river system. In addition, Neocaridina species have also adapted to irrigation canals and other environments containing less water.

  • mtDNA COII遺伝子領域の解析によるゲンジボタルの養殖個体と野生個体の地域個体群の判定

    齊藤 達也, 石黒 直哉, 佐藤太一郎

    DNA多型 ( 日本DNA多型学会 )  26 ( 1 ) 64 - 68   2018年07月

    共著

  • Rapid and effective isolation of candidate sequences for development of microsatellite markers in 30 fish species facilitated by kit-based target capturing and massively multiplexed parallel sequencing

    1. Takeshima, H., N. Muto, Y. Sakai, N. Ishiguro, K. Iguchi, S. Ishikawa, M. Nishida

    Conservation Genetics Resources ( Springer )  9   479 - 490   2017年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 核DNAマーカーによるドジョウとカラドジョウの判別

    石黒直哉・小谷舞・日和佳政・田原大輔

    DNA多型   23 ( 1 ) 100 - 102   2015年07月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • サケ・マスの生態と進化

    前川光司 編 (担当: 分担執筆 )

    文一総合出版  2004年05月 ISBN: 4-8299-2184-6