基本情報

写真a

飯尾 唯紀

IIO Tadaki


職名

准教授

研究分野・キーワード

西洋史

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  文学部

    大学,1993年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  文学研究科

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学),ヨーロッパ史・アメリカ史,北海道大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 語学教育センター,助教,2011年04月 ~ 2012年03月

  • 城西大学 ハンガリー文化センター,主任研究員,2011年10月 ~ 2013年03月

  • 城西大学 現代政策学部,助教,2012年04月 ~ 2013年03月

  • 城西大学 現代政策学部,准教授,2013年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 札幌学院大学,非常勤講師,2002年09月 ~ 2003年03月

  • 日本学術振興会特別研究員,日本学術振興会特別研究員,2003年04月 ~ 2006年03月

  • ハンガリー科学アカデミー歴史学研究所,研究員,2003年09月 ~ 2004年02月

  • オックスフォード大学,研究員,2004年10月 ~ 2005年06月

  • 北海道大学スラヴ研究センター,研究員,2006年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本西洋史学会,1997年06月 ~ 継続中,日本国

  • 東欧史研究会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • ハプスブルク史研究会,2002年06月 ~ 継続中,日本国

  • 歴史学研究会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

  • 西洋史研究会,2011年04月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ史・アメリカ史

  • 地域研究

 

論文 【 表示 / 非表示

  • トランシルヴァニア公国の宗教自由法令について ,北大史学37号 (頁 1 ~ 24) ,1997年11月,飯尾唯紀

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 近世ハンガリー王国における「信教の自由」 : 1608年法令第1条の解釈をめぐって ,スラヴ研究48号 (頁 95 ~ 112) ,2001年03月,飯尾唯紀

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 近世ハンガリーの教区秩序と村落・市場町--北東部ゼムプレーン州の教区運営の事例から ,西洋史学212号 (頁 1 ~ 22) ,2004年03月,飯尾唯紀

    研究論文(学術雑誌),単著

  • ハンガリー王国北東部の領主裁判と村落・市場町,東欧史研究27号 (頁 26 ~ 45) ,2005年03月,飯尾唯紀

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 近世ハンガリー王国再統合期における所領と教会(2011年度大会共通論大報告 ヨーロッパ・日本・アフリカの農村社会:近世史と人類学),西洋史研究41号 (頁 192 ~ 203) ,2012年11月,飯尾唯紀

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 近世ハンガリー農村社会の研究--宗教と社会秩序,北海道大学出版会,2008年02月,飯尾唯紀

    単行本(学術書),単著

  • 総覧 東欧ロシア史学史,東欧ロシア史学史研究会,2012年03月,家田修, 渡邊昭子ほか

    単行本(学術書),ポーランド史学史,共訳

  • 映像の中の冷戦後世界 - ロシア・ドイツ・東欧研究とフィルム・アーカイブ,山形大学出版会,2013年10月,高橋和・中村唯史・山崎彰

    単行本(一般書),ハンガリーのドキュメンタリー映画にみる「お国柄」−体制転換後の記憶と視点の変容,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • フォーラム ブランデンブルク近世史と東西ヨーロッパー山崎彰著『ドイツ近世的権力と土地貴族』の合評と著者の応答,日本西洋史学会,西洋史学,228巻 ,2008年03月,鈴木直志他

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • フォーラム:東欧ロシアの史学史,日本西洋史学会,西洋史学,249巻 ,2013年06月,渡邊昭子他

    総説・解説(学術雑誌),共著

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 小山哲『ワルシャワ連盟協約(一五七三年)』、白木太一『一七九一年五月三日憲法』(ポーランド史史料叢書1,2、東洋書店、2013年)、『週間読書人』,2014年02月

    書評

  • 新刊紹介「大津留厚ほか編『ハプスブルク史研究入門』(昭和堂、2013年)」『東欧史研究』36号,2014年03月

    その他

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員推奨費,2003年04月 ~ 2006年03月,近世ハンガリー農村社会における宗教的・社会的秩序に関する研究

           

  • 研究成果公開促進費・学術図書,2007年04月 ~ 2008年04月,近世ハンガリー農村社会の研究

         

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,ハプスブルク君主国における宗教の地域形成機能に関する研究

        

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 継続中,近世カルパチア盆地における河川生態系と政治統合

  • 基盤研究(A),2008年04月 ~ 2012年03月,東欧ロシア史学史研究の総合

    研究分担者(ポーランド史学史の担当)    

全件表示 >>