茂木 肇 (モテキ ハジメ)

MOTEKI Hajime

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

肝再生

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    城西大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    城西大学  薬学研究科  医療薬学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    日本薬理学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年12月
     
     

    OSCE評価者養成講習会

  • 2010年10月
     
     

    第11回関東地区調整機構認定業務実習指導薬剤師養成ワークショップ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • グリチルリチンの肝再生促進機構に関する組織化学的研究

    その他の研究制度  

    研究期間: 2005年04月  -  2007年03月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Signal transduction pathway for L-ascorbic acid- and L-ascorbic acid 2-glucoside-induced DNA synthesis and cell proliferation in primary cultures of adult rat hepatocytes.

    Moteki H, Shimamura Y, Kimura M, Ogihara M.

    European Journal of Pharmacology  683 ( 1-3 ) 276 - 284   2014年03月  [査読有り]

    学位論文(その他)   共著

    We examined the effects of L-ascorbic acid and its analogues on DNA synthesis and cell proliferation. We also investigated the signal transduction pathways involved in the induction of mitogenesis by L-ascorbic acid and its analogues using primary cultures of adult rat hepatocytes. Following a 4-h serum-free cultivation, both L-ascorbic acid and its stable analogue, L-ascorbic acid 2-glucoside, time- and dose-dependently stimulated hepatocyte DNA synthesis and cell proliferation, with EC50 values of 6.46×10−8 M and 3.34×10−8 M, respectively. Dehydroascorbic acid (10−6 M–10−5 M) weakly stimulated hepatocyte mitogenesis,whereas isoascorbic acid (10−9 M–10−5 M) had no effect. Hepatocyte mitogenesis induced by L-ascorbic acid or L-ascorbic acid 2-glucosidewas dose-dependently abolished by treatmentwith monoclonal antibodies against insulin-like growth factor (IGF)-I receptor, but not by treatmentwithmonoclonal antibodies against insulin receptor or IGF-II receptor. Western blot analysis showed that both L-ascorbic acid and L-ascorbic acid 2-glucoside significantly stimulated IFG-I receptor tyrosine kinase activity within 3 min, and mitogen-activated protein (MAP) kinase activity within 5 min. These results demonstrate that both L-ascorbic acid and L-ascorbic acid 2-glucoside induce DNA synthesis and cell proliferation in primary cultures of adult rat hepatocytes by interacting with the IGF-I receptor site and by activating the receptor tyrosine kinase/MAP kinase pathway.

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of selective serotonin (5-HT)2B receptor agonist BW723C86 on epidermal growth factor/transforming growth factor-α receptor tyrosine kinase and ribosomal p70 S6 kinase activities in primary cultures of adult rat hepatocytes.

    Naito K, Kurihara K, Moteki H, Kimura M, Natsume H, Ogihara M.

    Biological and Pharmaceutical Bulletin     2019年02月  [査読有り]

    共著

    Serotonin (5-hydroxytryptamine; 5-HT) can induce hepatocyte DNA synthesis and proliferation by autocrine secretion of transforming growth factor (TGF)-α through 5-HT2B receptor/phospholipase C (PLC)/Ca2+ and a signaling pathway involving epidermal growth factor (EGF)/TGF-α receptor tyrosine kinase (RTK)/extracellular signal-regulated kinase 2 (ERK2)/mammalian target of rapamycin (mTOR). In the present study, we investigated whether 5-HT or a selective 5-HT2B receptor agonist BW723C86, would stimulate phosphorylation of TGF-α RTK and ribosomal p70 S6 kinase (p70S6K) in primary cultures of adult rat hepatocytes. Western blotting analysis was used to detect 5-HT- or BW723C86 (10-6 M)-induced phosphorylation of EGF/TGF-α RTK and p70S6K. Our results showed that 5-HT- or BW723C86 (10-6 M)-induced phosphorylation of EGF/TGF-α RTK peaked at between 5 and 10 min. On the other hand, 5-HT- or BW723C86 (10-6 M)-induced phosphorylation of p70S6K peaked at about 30 min. Furthermore, a selective 5-HT2B receptor antagonist LY272015, a specific PLC inhibitor U-73122, a membrane-permeable Ca2+ chelator BAPTA/AM, an L-type Ca2+ channel blocker verapamil, somatostatin, and a specific p70S6K inhibitor LY2584702 completely abolished the phosphorylation of p70S6K induced by both 5-HT and BW723C86. These results indicate that phosphorylation of p70S6K is dependent on the 5-HT2B-receptor-mediated autocrine secretion of TGF-α. In addition, these results demonstrate that the hepatocyte proliferating action of 5-HT and BW723C86 are mediated by phosphorylation of p70S6K, a downstream element of the EGF/TGF-α RTK signaling pathway.

  • リウマトレックス®による間質性肺炎を例にした重篤な副作用の情報提供に対する非関節リウマチ患者の意識調査

    茂木 肇、遠藤 栞、木村 光利、小松 由美子、荻原 政彦

    薬局薬学 ( 日本薬局学会 )    2017年  [査読有り]

    単著

    本研究では、リウマトレックス®による間質性肺炎を例に、重篤な副作用の説明を受けた患者の意識やコンプライアンスがどのように変化するのかについて、年代別にアンケート調査を行った。間質性肺炎の説明を受けた後の薬を服用することに対する患者の意識の変化として、20-30歳代は、「しっかりとしたデータがあるので安心して服用する」が38.0%、60歳代以上は「心配なのでできれば服用したくない」が35.3%とそれぞれ他の年代と比較して有意に多かったことから、年代が上がるにつれてコンプライアンスの低下を示す傾向が認められた。また、消極的な意見を示した60歳代以上の患者は、「しっかりとしたデータがあっても副作用は怖い」という意見が51.1%と多かった。すなわち、60歳以上の患者は、加齢による処方薬剤数の増加や薬物動態学的変化により副作用を経験することが多くなるため、副作用に対する警戒心が若年者より高いと考えられる。

  • Effects of oxethazaine and gamma-cyclodextrin complex formation on intestinal contractions

    Yutaka Inoue, Rina Suzuki, Misa Horage, Mio Togano, Hajime Moteki, Mitsutoshi Kimura, Masahiko Ogihara, Shigeru Ando, Junko Kikuchi, Isamu Murata, Ikuo Kanamoto

    World Journal of Pharmaceutical Sciences   4 ( 9 ) 269 - 280   2016年08月  [査読有り]

    単著

    The aims of this study were to prepare ground mixtures (GMs) and a coprecipitate (CP) of oxethazaine (OXZ) and γ-cyclodextrin (γCD) and to assess the physicochemical properties of those inclusion complexes. of OXZ and γCD. Assessment of the physical properties of complexes in a solid state and in solution suggested that inclusion complexes were formed in a GM and the CP when the molar ratio of OXZ/γCD was 1/2. The formation of OXZ/γCD=1/2 inclusion complexes resulted in increased solubility, and small amounts of those complexes were found to promptly inhibit ileal contractions. In addition, the CP was the only preparation that significantly inhibited the contraction of smooth muscle in response to Ba2+ and acetylcholine (ACh). Thus, a CP of OXZ/γCD would be highly useful in treating intestinal spasms as an inhibitor of the contraction of smooth muscle in the ileum.

  • カルシウム拮抗薬とグレープフルーツジュースの相互作用に関するパンフレット配布による教育効果の検討

    茂木 肇、中村 梨絵、木村 光利、白石 卓也、荻原 政彦

    薬局薬学 ( 薬局学会 )  8 ( 1 ) 114 - 120   2016年04月  [査読有り]

    単著

    薬剤師は、患者に医薬品や疾患に関する知識を付けてもらうために、パンフレットなどを用いた啓発活動を行っている。この方法は、患者に様々な情報を効率的に提供できるが、一方的な提供法であるが故に患者が勘違いをせず、正しい知識を得られているのか疑問が残る。そこで、Ca拮抗薬とグレープフルーツジュース(GJ)の相互作用を題材としたパンフレットを作成し、Ca拮抗薬を服用している患者に配布し、パンフレットによる教育効果を検討した。対象者は、パンフレットの配布前と後の比較では、GJ併用により引き起こされるCa拮抗薬の降圧作用の増強に関する問題、GJと同様に注意を要する柑橘類に関する問題、GJの効果持続時間に関する問題において、有意な正答率の上昇を示した。しかし、患者が誤った先入観を有している場合は、パンフレットによる教育効果が乏しい傾向にあり、パンフレット作成時は、予め患者の先入観を把握する必要がある。

  • Serotonin 5-HT2B Receptor-Stimulated DNA Synthesis and Proliferation Are Mediated by Autocrine Secretion of Transforming Growth Factor-α in Primary Cultures of Adult Rat Hepatocytes.

    Naito K, Moteki H, Kimura M, Natsume H, Ogihara M

    Biological and Pharmaceutical Bulletin     2016年01月  [査読有り]

    共著

    The mechanism of serotonin 5-HT2 receptor subtype-stimulated DNA synthesis and proliferation was investigated in primary cultures of adult rat hepatocytes to elucidate the intracellular signal transduction pathways. DNA synthesis and proliferation were detected in hepatocyte parenchymal cells grown in serum-free, defined medium containing 5-HT (10-6 M) or the selective 5-HT2B receptor agonist BW723C86 (10-6 M). In addition, exogenous transforming growth factor (TGF)-α (1.0 ng/ml) significantly increased hepatocyte DNA synthesis and proliferation, which reached plateau after 4 h of culture. Use of blocking monoclonal antibodies demonstrated that TGF-α, but not insulin-like growth factor-I, was involved in hepatocyte proliferation mediated by 5-HT or BW723C86. TGF-α levels in the culture medium increased significantly versus baseline within 5 min in response to 5-HT (10-6 M) or BW723C86 (10-6 M), and the maximum TGF-α level (30 pg/ml) was reached 10 min after 5-HT or BW723C86 stimulation. Secretion of TGF-α into the culture medium was inhibited by addition of the selective phospholipase C (PLC) inhibitor, U-73122 (10-6 M), or somatostatin (10-7 M). These results indicate that the proliferative mechanism of action of 5-HT is mediated mainly through a 5-HT2B receptor/Gq/PLC-stimulated increase in autocrine secretion of TGF-α from primary cultured hepatocytes.

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ラット初代培養肝実質細胞における葉酸の細胞増殖抑制作用に関する検討

    中西航汰、田中彰太、関口祐、栗原一樹、内藤浩太、茂木肇、荻原政彦、木村光利

    第62回日本薬学会関東支部大会  (帝京平成大学)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会関東支部

    【目的】当研究室では、肝再生現象のin vitroモデルとして、初代培養肝実質細胞実験系を独自に開発し、いくつかの増殖因子やサイトカインなどの肝実質細胞増殖促進作用や抑制作用について、その詳細なメカニズムを研究してきた。一連の研究の中で、我々は、水溶性ビタミンの一種である葉酸(以下、FAと略す)に着目した。FAは、DNAの生合成や細胞増殖に必須なビタミンであるが、一方で、結腸がん細胞の増殖抑制や肝再生抑制作用などの細胞増殖抑制作用も報告もされている。そこで、本研究では、上皮増殖因子(以下、EGFと略す)により誘発したラット初代培養肝実質細胞の増殖促進作用に対して、FAがどのような影響を及ぼすのかを検討した。
    【方法】In situコラゲナーゼ還流法により、成熟ラットから肝実質細胞を単離・精製し、初代培養を行った。細胞接着後、無血清培地に交換し、種々の濃度のEGFまたはFAを添加した。一定時間培養後、肝実質細胞の核数を計測した。また、western bolt解析法用いて、MAPキナーゼリン酸化活性も測定した。
    【結果および考察】FAは、単独では、肝実質細胞の増殖促進作用および抑制作用を示さなかったが、EGF誘発肝実質細胞増殖促進作用に対しては、その用量に依存して細胞増殖抑作用が認められた。一方、EGFによるMAPキナーゼリン酸化活性は影響を及ぼさなかった。上記の結果から、FAは、MAPキナーゼよりも下流の増殖シグナルを抑制することにより、EGF誘発肝実質細胞増殖促進作用を抑制したと考えられる。

  • ミグリトール-シクロデキストリン包接化合物の血糖上昇抑制効果に関する検討

    田中優弥、栗原一樹、内藤浩太、茂木肇、荻原政彦、木村光利

    第62回日本薬学会関東支部大会  (帝京平成大学)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会関東支部

    【背景・目的】臨床では、血糖上昇抑制薬としてα-グルコシダーゼ阻害薬のミグリトール(miglitol : 以下MTと略す)が、主に食後高血糖を改善する目的で用いられる。投与されたMTの大部分は小腸上部で吸収されるため、小腸下部でのα-グルコシダーゼ阻害作用は減弱する。そのため、食後血糖値推移のピークが現れる時間を遅らせるという特徴を持つ。
    シクロデキストリン(cyclodextrin、以下CDと略す)は、複数のグルコースがα-1,4結合した環状のオリゴ糖であり、その空洞中に様々な分子を取り込むことで包接化合物を形成することができる。CDには、結合するグルコース数の違いからα-CD、β-CD、γ-CDなどが存在し、構造の違いから消化性や水溶性などの物性が異なる。α-CDは、多糖類やオリゴ糖類による血糖上昇を抑制する作用があり、糖として腸管から吸収されることはない。一方γ-CDは、α-アミラーゼによって分解され、グルコースとして小腸から吸収されることが知られている。
    上記の背景から、本研究ではマウスに対するin vivo経口糖負荷試験を行い、α-CDおよびγ-CD単独並びに包接されたMTが糖負荷による血糖値の変動に与える影響について検討した。
    【方法】一晩絶食させたddYマウスにスクロースと各薬物(MT、α-CD、γ-CD、包接化合物)の混合液を経口投与し、投与直後から180分まで経時的に尾静脈から採血し、血糖値を測定した。
    【結果・考察】今回の研究結果では、低用量のMT(3 mg/kg)をα-CDで包接することで、高用量のMT(10 mg/kg)単独とほぼ同等な血糖上昇抑制作用が得られた。この結果から、MTの投与量が減量でき、肝、腎機能が低下している患者への投与におけるリスクを減少させることが期待できる。一方、γ-CDを用いた実験では、包接型(MT/γ-CD)は、MT単独群と同様に血糖値ピーク時間をcontrol(スクロース単独投与)群よりも後方に移動させたが、MT単独群と比較し、血糖値に明らかな差は認められなかった。このことから、包接型(MT/γ-CD)は、投与後、γ-CDが速やかに分解されることで、MTの包接による徐放効果が得られなかったのではないかと考えられる。

  • 健康サポート薬局における健康相談会の有用性に関する調査研究

    山本雅人、茂木肇、荻原政彦、臼井達洋、木村光利

    埼玉医療薬学懇話会第 38 回学術研究講演会  (日本薬科大学)  2018年07月  -  2018年07月    埼玉医療薬学懇話会

    【背景、目的】厚生労働省は、医薬分業の原点に立ち返り、日本再興戦略(平成25年6月14日閣議決定)において、「薬局を地域に密着した健康情報の拠点として、一般用医薬品等の適正な使用に関する助言や健康に関する相談、情報提供を行う等、セルフメディケーションの推進のために薬局・薬剤師の活用を促進する。」との内容が盛り込まれた「健康サポート機能を有する薬局(健康サポート薬局)」について提起した。この薬局は、地域住民が気軽に参加できる健康相談会の実施を活動の一つとしている。健康相談会では、骨密度測定、血糖値・コレステロール測定や血管年齢測定を行い、その結果に基づいて、薬剤師や栄養士が薬や健康食品・サプリメントなどの相談を行うとされているが、健康相談会の中で、具体的にどの項目が地域住民に関心があるのかは明確になっていない。そこで本研究では、健康相談会に来局した人が、どの項目に関心があるのかを調査し、どのようにすれば、健康に関する意識が高まるのかを比較検討した。
    【方法】有限会社富士薬局主催で行われた健康相談会の参加者を対象とし、研究者が来局者にアンケートを依頼した。アンケート調査は、本研究目的を説明し、理解して同意が得られた参加者に無記名で、その場で記入してもらった。アンケート内容は年代、性別、日頃気をつけていること(血糖値、血圧、コレステロール、食事や睡眠)及び実施した項目の興味深さ(0~5の6段階評価)を設けた。
    【結果、考察】本調査において、参加者48人のうち、栄養相談実施者数25人、血管年齢測定実施者数43人、骨密度測定実施者数35人となり、栄養相談の実施者数は他と比べて低い結果となった。これは、薬剤師もしくは栄養士による直接的な相談となるため来局者が相談することを躊躇してしまい、その結果、実施者数が少なくなったと考えられる。次に、各実施項目の興味深さをスコア化しその平均をとった。栄養相談のスコアは1.85点であったのに対し、血管年齢測定4.23点、骨密度測定3.25点、脂質測定3.00点となり、栄養相談のスコアは他の項目と比べて低い結果となった。これは、栄養相談を行う上での待ち時間が要因で興味深さが低くなったとも考えられる。次に、日頃気をつけていることと、相談会で実施した項目のスコアの間に関連性があるのかを調査した。血糖値を気にしている人のスコアは、血圧やコレステロールを気にしている人のスコアに比べて、栄養相談、血糖測定、脂質測定、血管年齢測定に対するスコアが高い傾向が見受けられた。これは、糖尿病治療による通院の中断率が高血圧治療、高脂血症治療による通院の中断率に比べ有意に低いことと相関しており、参加者は糖尿病に対する関心度が高いため、上記の様な結果になったと考えられる。

  • Serotonin-induced DNA synthesis and proliferation are mediated by autocrine secretion of transforming growth factor-α in primary cultures of adult rat hepatocytes

    Kota Naito, Hajime Moteki, Mitsutoshi Kimura and Masahiko Ogihara

    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology  (Kyoto International Conference Center)  2018年07月  -  2018年07月    Japanese Pharmacological Society / Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics

    Previously, we demonstrated that serotonin (5-hydroxytryotamine; 5-HT)-induced hepatocyte DNA synthesis and proliferation are mediated through 5-HT2B receptor. Moreover, 5-HT2B receptor-mediated hepatocyte mitogenesis involves activation of the Gq/phospholipase C (PLC) pathway and the epidermal growth factor (EGF)/transforming growth factor (TGF)-α receptor tyrosine kinase (RTK)/phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K)/extracellular signal-regulated kinase (ERK) 2/mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway. However, how these two signaling pathways are associated with each other remains unknown. Thus we hypothesized that 5-HT2B receptor stimulated by 5-HT induces secretion of a putative primary mitogen (e.g., TGF-α, insulin-like growth factor (IGF)-I) via the Gq/PLC pathway in primary cultured hepatocytes, followed by induction of DNA synthesis and proliferation that is mediated by the EGF/TGF-α RTK/PI3K/ERK2/mTOR pathway.
    Hepatocytes were isolated from normal livers by the two-step in situ collagenase perfusion to facilitate disaggregation of the adult rat liver. Isolated hepatocytes were plated onto collagen-coated plastic culture dishes and incubated for 3-h in Williams’ medium E supplemented with 5% newborn calf serum, 0.1 nM dexamethasone in 5% CO2 in air at 37℃ to allow attachment. The medium was changed to Williams’ medium E without serum and dexamethasone, and 5-HT with or without test substances was added.
    We investigated effects of monoclonal antibody against TGF-α (1-100 ng/ml) or IGF-I (1-100 ng/ml) on 5-HT-induced hepatocytes DNA synthesis and proliferation. The TGF-α monoclonal antibody, but not IGF-I monoclonal antibody inhibited hepatocytes DNA synthesis and proliferation induced by 5-HT in a dose-dependent manner. Next, we tested to determine autocrine secretion of TGF-α from cultured hepatocytes. 5-HT (10-6 M) significantly increased TGF-α levels in the culture medium. The maximum TGF-α concentration (30 pg/ml) peaked 10 min after addition of 5-HT. The TGF-α secretion induced by 5-HT was completely blocked by a 5-HT2B receptor antagonist (LY272015). These results suggest that the proliferative mechanism of action of 5-HT is mediated by 5-HT2B receptor, and stimulation of 5-HT2B receptor increases autocrine TGF-α secretion from primary cultured hepatocytes.
    In conclusion, our data indicate that 5-HT stimulates DNA synthesis and proliferation in primary cultures of adult rat hepatocytes by acting via autocrine secretion of TGF-α induced by the serotonin 5-HT2B receptor/Gq/PLC pathway.

  • Signal Transduction Mechanism for 5-HT2B Receptor-Stimulated Autocrine Secretion of Transforming Growth Factor-α in Primary Cultures of Adult Rat Hepatocytes.

    Hajime Moteki, Kota Naito, Mitsutoshi Kimura and Masahiko Ogihara.

    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology  (Kyoto International Conference Center)  2018年07月  -  2018年07月    Japanese Pharmacological Society / Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics

    In the past decade, we have been investigated the cellular and molecular mechanisms of action of various growth factors, cytokines and autacoids using primary culture of adult rat hepatocytes in vitro. We focused on serotonin (5-HT) in a previous study. 5-HT mediates many types of biological responses such as platelet aggregation, vascular constriction, and cell proliferation and mediates a diverse array of responses by interacting with 5-HT receptor subtype in mammals. In the previous report, we demonstrated that 5-HT-induced hepatocyte DNA synthesis and proliferation are mediated through 5-HT2B receptors. Moreover, their proliferative effects were brought about by autocrine secretion of transforming growth factor-α (TGF-α). In this study, we examined the mechanisms responsible for regulating the rapid increase in TGF-α concentrations after stimulation of 5-HT2B receptors.
    Hepatocytes were isolated from normal livers by the two-step in situ collagenase perfusion. Hepatocytes at a cell density of 3.3×104 cells/cm2 were plated and allowed to attach for 3 h. After changing medium, the hepatocyte were cultured with selective signal transducer inhibitors in the presence of 5-HT or selective 5-HT2B receptor agonist (BW723C86). TGF-α levels were determined with an ELISA kit (Calbiochem Co.).
    TGF-α levels in the culture medium increased significantly versus baseline within 5 min in response to 5-HT or BW723C86, and the maximum TGF-α level was reached 10 min after 5-HT or BW723C86 stimulation. Secretion of TGF-α into the culture medium was inhibited by addition of the selective 5-HT2B receptor antagonist (LY272015), phospholipase C (PLC) inhibitor (U-73122), intracellular Ca2+ chelator (BAPTA/AM) and somatostatin. Moreover, in addition to the above inhibitors, receptor tyrosine kinases (RTK) inhibitor (AG1478), phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) inhibitor (LY294002), mitogen-activated protein extracellular kinase (MEK) inhibitor (PD98059) and mammalian target of rapamycin (mTOR) inhibitor (rapamycin) completely inhibited the 5-HT- or BW723C86-induced hepatocyte mitogenesis without affecting culture medium TGF-α levels.
    In conclusion, our data indicate that stimulation of the serotonin 5-HT2B receptor subtype induced PLC activation, possibly via Gq protein, which increases intracellular Ca2+ levels, resulting in autocrine TGF-α secretion. The secreted TGF-α then induced hepatocyte DNA synthesis and proliferation by activating a secondary pathway, the EGF/TGF-α RTK/PI3K/ MEK/mTOR pathway.

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬学総合演習A

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬学総合演習B

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬学実習E

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬学実習B

  • 2018年04月
    -
    継続中

    薬学概論

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    入試実施委員会

  • 2010年04月
    -
    継続中

    科学啓発運動委員会

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    OSCE対策委員会

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度「スーパーサイエンスハイスクール」-城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」-

    2015年10月
     
     

    熊谷女子高等学校の1,2年生を対象に、くすりに関するテーマで体験実習を行った。平成27年度は「薬物の吸収過程と腸管の運動に影響を及ぼすくすりの効果を観察しよう」をテーマに、体験実習を行った。参加者は、マウスに、予め腸管の動きをコントロールする薬物(副交感神経作動
    薬と遮断薬)をそれぞれ投与し、そのマウスに目的となる色のついた懸
    濁薬液を飲ませ、麻酔下で開腹して、それらの消化管内の移動状態を
    観察し、消化管の運動を調節する薬と薬物の吸収過程について学習し
    てもらった。また、消化管の摘出操作(解剖)を通して、マウスの内臓
    の構造やはたらき及び生命倫理について学習してもらった。

  • 平成27年度「ひらめき☆ときめきサイエンス」-ようこそ大学の研究室へー

    2015年07月
     
     

    独立行政法人、日本学術振興会の委託を受けて、首都圏の高等学校から応募のあった高校生を対象に、「腸管の運動に影響を及ぼすくすりの効果を観察しよう!」をテーマに体験実習を行った。体験実習の参加者には、マウスの腸管平滑筋を生体の体内と同様の環境を人工的に作った装置の中で生かした条件下で、色々な薬物、特に自律神経系に作用する薬物を添加して、小腸の応答性を観察し、これらの運動が自律神経系によって調節されていることを学習してもらった。この体験実習を通して、実験動物に対する感謝を含む生命倫理について学習してもらった。

  • 平成26年度「スーパーサイエンスハイスクール」-城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」-

    2014年10月
     
     

    熊谷女子高等学校の1,2年生を対象に、くすりに関するテーマで体験実習を行った。平成26年度は「血液中のブドウ糖濃度をコントロールしよう!」をテーマに、体験実習を行った。参加者は、糖尿病誘発マウスにアドレナリンやインスリンを投与して、それぞれのマウスの血糖値を測定することにより、血糖値の調節に関係しているホルモンの作用について学習してもらった。さらに、参加者には、実験動物に対する感謝を含む生命倫理についても学習してもらった。

  • 平成26年度「ひらめき☆ときめきサイエンス」-ようこそ大学の研究室へ-

    2014年08月
     
     

    独立行政法人、日本学術振興会の委託を受けて、首都圏の高等学校から応募のあった高校生を対象に、「麻酔薬の効果と薬物相互作用を観察しようⅡ」をテーマに体験実習を行った。体験実習の参加者には、マウスに様々の用量の全身麻酔薬を投与し、その効果(睡眠に至るまでの時間など)について観察してもらった。また、この体験実習を通して、実験動物に対する感謝を含む生命倫理について学習してもらった。

  • 平成25年度「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」城西大学薬学部で学ぶ「生命と薬」

    2013年10月
     
     

    熊谷女子高等学校の1,2年生を対象に、くすりに関するテーマで体験実習を行った。平成25年度は「摘出回腸の運動に影響を及ぼす薬物の働きを観察しよう!」をテーマに、体験実習の参加者には、マウスの腸管を用いて、アドレナリンやアセチルコリンなどの自律神経系に作用する薬物の腸管に対する効果を観察してもらった。この体験実習を通して、参加者には、消化管運動とその自律神経支配の様態について、また、実験動物に対する感謝を含む生命倫理について学習してもらった。

全件表示 >>