松崎 広和 (マツザキ ヒロカズ)

MATSUZAKI Hirokazu

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

神経薬理、行動薬理

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    北海道医療大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    北海道医療大学  薬学研究科  修士課程  修了

  •  
    -
    2010年03月

    北海道大学  医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(医学)

  • 北海道医療大学 -  修士(薬学)

  • 北海道医療大学 -  学士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   助教  

  • 2010年04月
    -
    2018年03月

    城西大学   薬学部   薬学科   助手  

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Perfluorododecanoic Acid Induces Cognitive Deficit in Adult Rats

    Kohei Kawabata, Hirokazu Matsuzaki, Sahoko Nukui, Mari Okazaki, Ayako Sakai, Yoichi Kawashima and Naomi Kudo

    Toxicological sciences   157 ( 2 ) 421 - 428   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Protective Effects of Ferulic Acid against Chronic Cerebral Hypoperfusion-Induced Swallowing Dysfunction in Rats

    Takashi Asano, Hirokazu Matsuzaki, Naohiro Iwata, Meiyan Xuan, Shinya Kamiuchi, Yasuhide Hibino, Takeshi Sakamoto and Mari Okazaki

    International journal of molecular sciences   18 ( 3 ) 550   2017年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Effects of Etanercept against Transient Cerebral Ischemia in Diabetic Rats

    Naohiro Iwata, Hiroko Takayama, Meiyan Xuan, Shinya Kamiuchi, Hirokazu Matsuzaki, Mari Okazaki, and Yasuhide Hibino

    BioMed research international   2015   189292   2015年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Chronic Treatment with a Water-Soluble Extract from the Culture Medium of Ganoderma lucidum Mycelia Prevents Apoptosis and Necroptosis in Hypoxia/Ischemia-Induced Injury of Type 2 Diabetic Mouse Brain

    Meiyan Xuan, Mari Okazaki, Naohiro Iwata, Satoshi Asano, Shinya Kamiuchi, Hirokazu Matsuzaki, Takeshi Sakamoto, Yoshiyuki Miyano, Hiroshi Iizuka, Yasuhide Hibino

    Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine     2015年  [査読有り]

    共著

  • Orally administrated ascorbic acid suppresses neuronal damage and modifies expression of SVCT2 and GLUT1 in the brain of diabetic rats with cerebral ischemia-reperfusion.

    Iwata N, Okazaki M, Xuan M, Kamiuchi S, Matsuzaki H, Hibino Y

    Nutrients   6   1554 - 1577   2014年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 抗うつ作用を有するフェルラ酸誘導体の探索

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • FAD012, a ferulic acid derivative, improves cerebral blood flow and enhances swallowing reflux in a rat chronic cerebral hypoperfusion model

    Hirokazu Matsuzaki, Takashi Asano, Yosuke Kato, Kosuke Hayashi, Meiyan Xuan, Naohiro Iwata, Jun Takayama, Takeshi Sakamoto, Yasuhide Hibino, Mari Okazaki

    18th World congress of basic and clinical pharmacology  (Kyoto)  2018年07月  -  2018年07月   

  • FAD012, a ferulic acid derivative, protects against middle cerebral artery occlusion (MCAO)-induced ischemic stroke by preserving cerebral blood flow in rats

    Takashi Asano, Ryo Endo, Kosuke Hayashi, Yosuke Kato, Naohiro Iwata, Hirokazu Matsuzaki, Takeshi Sakamoto, Yasuhide Hibino, Mari Okazaki

    18th World congress of basic and clinical pharmacology  (Kyoto)  2018年07月  -  2018年07月   

  • 慢性拘束ストレス負荷マウスの回腸における炎症性反応と収縮機能異常に対するクルクミンの予防的投与の効果

    松﨑 広和, 矢崎 渉, 坂本 武史, 日比野 康英, 岡﨑 真理

    日本薬学会第138年会  (金沢)  2018年03月  -  2018年03月   

  • フェルラ酸誘導体 FAD012の予防的投与によるラット中大脳動脈閉塞時の脳血流維持作用

    浅野 昂志, 遠藤 諒, 林 浩輔, 岩田 直洋, 松﨑 広和, 坂本 武史, 日比野 康英, 岡﨑 真理

    日本薬学会第138年会  (金沢)  2018年03月  -  2018年03月   

  • 慢性脳低灌流ラットにおいてフェルラ酸誘導体FAD012は黒質線条体ドパミン神経系を保護し嚥下反射機能を改善する

    浅野 昂志, 松崎 広和, 岩田 直洋, 林 浩輔, 玄 美燕, 坂本 武史, 日比野 康英, 岡崎 真理

    日本薬学会第137年会  (仙台)  2017年03月  -  2017年03月   

全件表示 >>

 

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 幸手看護専門学校   薬理学

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    薬学総合演習A、Bにおけるルーブック作成および能動学習のサポート