武内 智春 (タケウチ トモハル)

TAKEUCHI Tomoharu

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

糖鎖生物学、生化学、免疫学

メールアドレス

メールアドレス

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    北海道大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年03月

    北海道大学  薬学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(薬学)

  • 北海道大学 -  修士(薬学)

  • 北海道大学 -  学士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2010年04月
    -
    2018年03月

    城西大学   薬学部   薬学科   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

      帝京大学薬学部   助教

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      帝京大学薬学部   助手

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    継続中
     

    日本寄生虫学会

  • 2006年06月
    -
    継続中
     

    日本糖質学会

  • 2004年11月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2004年10月
    -
    継続中
     

    日本分子生物学会

  • 2004年05月
    -
    継続中
     

    日本生化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造生物化学

  • 機能生物化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年09月
     
     

    認定実務実習指導薬剤師ワークショップ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural mechanisms for the S-nitrosylation-derived protection of mouse galectin-2 from oxidation-induced inactivation revealed by NMR

    Sakakura M, Tamura M, Fujii N, Takeuchi T, Hatanaka T, Kishimoto S, Arata Y, Takahashi H.

    The FEBS Journal   285 ( 6 ) 1129 - 1145   2018年03月  [査読有り]

    共著

  • Identification of galectin-2-mucin interaction and possible formation of a high molecular weight lattice

    Tamura M, Sato D, Nakaijma M, Saito M, Sasaki T, Tanaka T, Hatanaka T, Takeuchi T, Arata Y

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   40 ( 10 ) 1789 - 1795   2017年10月  [査読有り]

    共著

  • Glucosamine suppresses osteoclast differentiation through the modulation of glycosylation including O-GlcNAcylation

    Takeuchi T, Sugimoto A, Imazato N, Tamura M, Nakatani S, Kobata K, Arata Y

    Biological and Pharmaceutical Bulletin   40 ( 3 ) 352 - 356   2017年  [査読有り]

    共著

  • N-acetylglucosamine suppresses osteoclastogenesis in part through the promotion of O-GlcNAcylation

    Takeuchi T., Nagasaka M., Shimizu M., Tamura M., Arata Y.

    Bone Reports   5   15 - 21   2016年  [査読有り]

    共著

  • Identification of the cysteine residue responsible for oxidative inactivation of mouse galectin-2

    Tamura M, Sasai A, Ozawa R, Saito M, Yamamoto K, Takeuchi T, Ohtake K, Tateno H, Hirabayashi J, Kobayashi J, Arata Y

    J Biochem.   160 ( 4 ) 233 - 241   2016年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Detection and analysis of protein ISGylation

    Takeuchi T, Yokosawa H (担当: 共著 )

    Methods Mol Biol. 2008;446:139-49 (Humana Press)  2008年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Galectins in invertebrates with a focus on Caenorhabditis elegans

    Takeuchi T.

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   30 ( 172 ) SE67 - SE74   2018年01月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 線虫などの無脊椎動物のガレクチン

    武内智春

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   30 ( 172 ) SJ25 - SJ32   2018年01月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 寄生性線虫の糖鎖エピトープとガレクチン

    武内智春、荒田洋一郎

    BIO Clinica   32 ( 4 ) 68 - 70   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Galactoseβ1-4fucose: A unique disaccharide unit found in N-glycans of invertebrates including nematodes

    Takeuchi T, Arata Y, Kasai KI

    Proteomics   16 ( 24 ) 3137 - 3147   2016年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 結核菌感染によるマクロファージのサイクリックAMP中毒

    武内智春

    ファルマシア ( 日本薬学会 )    2010年03月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生物種間相互作用におけるガレクチン-GalFucユニット間相互作用の役割

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  武内智春

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 糖鎖とその認識のしくみはどのように共進化したのか?

    提供機関:  民間財団等  平成23年度笹川科学研究助成

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ガレクチン-2の酸化的失活からの防御に関与するS-ニトロソ化部位の同定

    田村真由美、藤井智彦、坂倉正義、武内智春、畑中朋美、高橋栄夫、岸本成史、荒田洋一郎

    第37回日本糖質学会年会  2018年08月  -  2018年08月   

  • ガレクチン-2が線虫に与える影響

    武内智春、田村真由美、石渡賢治、濱崎めぐみ、濱野真二郎、荒田洋一郎、畑中朋美

    第37回日本糖質学会年会  2018年08月  -  2018年08月   

  • ガレクチン-1とガレクチン-3の熱安定性の比較

    中村沙綾、田村真由美、佐々木啓晴、武内智春、荒田洋一郎、畑中朋美

    2018年度日本生化学会関東支部例会  (埼玉大学)  2018年06月  -  2018年06月   

  • ラットガレクチン-2の弱酸性条件における糖鎖結合特性の解析

    齋藤佳那、田村真由美、佐々木啓晴、武内智春、荒田洋一郎、畑中朋美

    2018年度日本生化学会関東支部例会  (埼玉大学)  2018年06月  -  2018年06月   

  • マウスマクロファージ様細胞株RAW264細胞のRANKL依存的な破骨細胞様細胞への分化がO-GlcNAcase特異的阻害剤Thiamet Gにより抑制される

    高橋果歩、武内智春、田村真由美、荒田洋一郎、畑中朋美

    2018年度日本生化学会関東支部例会  (埼玉大学)  2018年06月  -  2018年06月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    薬学実習F

  • 2017年04月
    -
    継続中

    生体防御特論演習

  • 2017年04月
    -
    継続中

    生化学C

  • 2016年04月
    -
    継続中

    免疫学

  • 2016年04月
    -
    2017年03月

    薬学実習C(コンピュータ活用含む)

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 帝京大学大学院薬学研究科   生体高分子学

  • 帝京大学薬学部   薬学実習1

  • 帝京大学薬学部   薬学実習4

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    YYアドバンスト教育委員会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    薬学部入試実施委員会

  • 2010年04月
    -
    継続中

    授業評価への対応

  • 2010年04月
    -
    継続中

    担任学生受け持ち

  • 2010年04月
    -
    継続中

    YY入試広報委員会

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 出張講義

    学校法人武陽学園 西武台高校 

    2017年11月
     
     

  • 出張講義

    埼玉県立所沢中央高等学校 

    2017年02月
     
     

  • 出張講義

    久喜北陽高等学校 

    2016年11月
     
     

  • 出張講義

    筑波大学附属坂戸高等学校 

    2016年07月
     
     

  • 出張講義

    埼玉県立所沢西高等学校 

    2015年11月
     
     

全件表示 >>