江川 祐哉 (エガワ ユウヤ)

EGAWA Yuya

写真a

職名

准教授

研究分野・キーワード

超分子化学、シクロデキストリン、ボロン酸

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年03月

    東北大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    東北大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(薬学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   准教授  

  • 2008年04月
    -
    2013年03月

    城西大学   薬学部   助教  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2008年04月

      東北大学   助教

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

      日研化学㈱   研究員

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本薬学会

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    日本薬剤学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    シクロデキストリン学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • インプリントポリマーおよび基板表面に固定化されたシクロデキストリンの機能に関する研究

    江川 祐哉

      2006年01月

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Sugar-Responsive Layer-by-Layer Film Composed of Phenylboronic Acid-Appended Insulin and Poly(vinyl alcohol)

    Chihiro Takei, Yui Ohno, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa

    Chemical and Pharmaceutical Bulletin ( 日本薬学会 )  66   368 - 374   2018年04月  [査読有り]

    共著

  • Glucose Responsive Rheological Change and Drug Release from a Novel Worm-like Micelle Gel Formed in Cetyltrimethylammonium Bromide/Phenylboronic Acid/Water System

    Ryotaro Miki, Chihiro Takei, Yasushi Ohtani, Kosuke Kawashima, Ayaka Yoshida, Yu Kojima, Yuya Egawa, Toshinobu Seki, Daisuke Iohara, Makoto Anraku, Fumitoshi Hirayama, Kaneto Uekama

    Molecular Pharmaceutics ( ACS Publications )  15 ( 3 ) 1097 - 1104   2018年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A study on an in vitro changeable pH dissolution/permeation system that reflects pH shifts of the gastrointestinal tract: a case of a poorly soluble basic drug

    Ryotaro Miki, Yuuichi Hara, Nahomi Imai, Masahiro Sugino, Yuya Egawa, Osamu Hosoya, Kazuhiko Juni, Toshinobu Seki

    Alternatives to Animal Testing and Experimentation ( 日本動物実験代替法学会 )  22 ( 1 ) 107 - 114   2017年12月  [査読有り]

    共著

  • A polyrotaxane gel using boronic acid-appended γ-cyclodextrin as a hybrid cross-linker

    Wataru Uchida, Maiki Yoshikawa, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Takashi Fujihara, Yoshihiro Ishimaru, Yuya Egawa

    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry ( springer )  89 ( 3-4 ) 281 - 288   2017年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Preclinical study of tacrolimus ointment for prevention of its systemic absorption in atopic dermatitis model mice according to their skin conditions

    Yutaro Hazama, Wataru Uchida, Toshihisa Maekawa,Ryotaro Miki, Shinji Oshima, Yuya Egawa, Osamu Hosoya, Toshinobu Seki

    Japanese Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences ( NPC 日本印刷株式会社 )  43 ( 9 ) 477 - 491   2017年09月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds

    Yuya Egawa, Toshinobu Seki (担当: 共著 , 担当範囲: Related Topic: Cyclodextrin, pp.233–239 )

    Springer Japan  2017年12月 ISBN: 978-4-431-56526-0

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 糖応答性分子マシンによるインスリンコントロールドリリース

    江川祐哉

    薬剤学   77   242 - 247   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Colorimetric sugar sensing using boronic acid-substituted azobenzenes

    Yuya Egawa, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki

    Materials     2014年02月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 糖応答性インスリンリリースシステムを指向した超分子ナノマシン

    江川 祐哉, 関 俊暢

    薬学雑誌   133   1287 - 1295   2013年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Electrochemical and optical sugar sensors based on phenylboronic acid and its derivatives

    Yuya Egawa, Toshinobu Seki, Shigehiro Takahashi, Jun-ichi Anzai

    Mater. Sci. Eng. C   31   1257 - 1264   2011年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 皮下動態制御可能なインスリン分子マシンの開発とハイブリッド人工膵臓への展開

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月 

  • 分子ネックレス構造による人工膵臓分子マシン

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 糖応答性紐状ミセルゲルからのグルコース依存的薬物放出性

    三木 涼太郎、吉田 綾華、武井 千弥、江川 祐哉、関 俊暢

    第24回創剤フォーラム若手研究会  (神戸)  2018年09月  -  2018年09月    創剤フォーラム

  • 生理的 pH における糖応答性紐状ミセルの調製およびレオロジー特性の評価

    三木 涼太郎、川嶋 康介、塩野 さやか、江川祐哉、関 俊暢

    日本油化学会第57回年会  (神戸学院大学 有瀬キャンパス)  2018年09月  -  2018年09月    日本油化学会

  • フェニルボロン酸修飾γ-CyD とポリビニルアルコールからなるグルコースオキシダーゼ含有糖応答性ハイドロゲル

    江川 祐哉、内田 亘、三木 涼太郎、関 俊暢

    第35回シクロデキストリンシンポジウム  (甲府)  2018年09月  -  2018年09月    シクロデキストリン学会

  • ビニル基修飾CyDと各種ビニルモノマーの共重合による機能性ゲルのワンポット調製とその物性評価

    小林 由希、江川 祐哉、三木 涼太郎、関 俊暢

    第35回シクロデキストリンシンポジウム  (甲府)  2018年09月  -  2018年09月    シクロデキストリン学会

  • グルコースモニタリングに向けたボリン酸誘導体蛍光モノマーの合成と高分子材料への導入

    鈴木 貴大、三木 涼太郎、江川 祐哉、関 俊暢

    次世代を担う若手のためのフィジカル・ファーマフォーラム  (三浦)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子化学計算によるボロン酸糖センサ化合物の解析

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

    物理化学B

  • 2012年09月
    -
    継続中

    物理化学演習

  • 2012年04月
    -
    継続中

    化学A演習

  • 2009年09月
    -
    継続中

    分析化学B

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

    授業ノート評価

  • 2015年04月
    -
    継続中

    PRACTICAL基礎化学

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    ファルマシア委員会   ファルマシア委員

  • 2009年10月
     
     

    日本薬学会   日本薬学会関東支部若手シンポジウム実行委員