関 俊暢 (セキ トシノブ)

SEKI Toshinobu

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

物理化学、薬剤学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

049-271-7685

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    城西大学   薬学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年03月

    城西大学  薬学研究科  博士課程  中退

  •  
    -
    1986年03月

    城西大学  薬学研究科  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 城西大学 -  薬学博士

  • 城西大学 -  薬学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    城西大学   水田記念図書館   館長  

  • 2008年04月
    -
    継続中

    城西大学   薬学部   薬学科   教授  

  • 1987年04月
    -
    2002年03月

    城西大学   薬学部   薬学科   助手  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

      北海道薬科大学   准教授

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

      北海道薬科大学   講師

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2013年09月
    -
    継続中
     

    日本シクロデキストリン学会

  • 2009年04月
    -
    継続中
     

    薬学教育協議会

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本高分子学会

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    日本DDS学会

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    日本薬剤学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理系薬学

  • 医療系薬学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 糖尿病治療システムの開発

    その他の研究制度  

    研究期間: 2010年04月  -  継続中

  • 薬物の皮膚内動態の解析

    その他の研究制度  

    研究期間: 1995年04月  -  継続中

  • 薬物の拡散の解析

    その他の研究制度  

    研究期間: 1990年04月  -  継続中

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 放出制御膜を有する経皮吸収型製剤に関する研究

    関 俊暢

      1990年09月

    学位論文(その他)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Single-step preparation of topological gels using vinyl-modified β-cyclodextrin as a figure-of-six cross-linker

    Yuki Kobayashi, Yu Kojima, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Takashi Fujihara, Yoshihiro Ishimaru, Yuya Egawa

      92   311 - 317   2018年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Sugar-responsive layer-by-layer film composed of phenylboronic acid-appended insulin and poly(vinyl alcohol)

    Chihiro Takei, Yui Ohno, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Yuya Egawa

    Chem. Pharm. Bull.   66 ( 4 ) 368 - 374   2018年04月  [査読有り]

    単著

  • A polyrotaxane gel using boronic acid-appended γ-cyclodextrin as a hybrid cross-linker

    Wataru Uchida, Maiki Yoshikawa, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki, Takashi Fujihara, Yoshihiro Ishimaru, Yuya Egawa

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.   89   281 - 288   2017年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Preclinical Study of Tacrolimus Ointment for Prevention of its Systemic Absorption in Atopic Dermatitis Model Mice According to their Skin Conditions

    Yutaro Hazama, Wataru Uchida, Toshihisa Maekawa, Ryotaro Miki, Shinji Oshima, Yuya Egawa, Osamu Hosoya, Toshinobu Seki

    Jan. J. Pharm. Health Care Sci.   43 ( 9 ) 477 - 491   2017年09月  [査読有り]

    共著

  • Polyol-responsive pseudopolyrotaxanes based on phenylboronic acid-modified polyethylene glycol and cyclodextrins

    ⋅ Yu Kojima, Tomoyuki Okano, Tomohiro Seki, Misato Namiki, Yuya Egawa, Ryotaro Miki, Kazuhiko Juni, Toshinobu Seki

    J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.   87   295 - 303   2017年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 見てわかる薬学 図解薬剤学 改訂6版

    山下伸二、関俊暢 他 (担当: 共著 )

    南山堂  2018年09月 ISBN: 978-4-525-77836-1

  • PRACTICAL基礎化学

    上田秀雄、江川祐哉、木村聡一郎、関俊暢、高山淳、田村雅史 (担当: 共著 )

    京都廣川書店  2015年03月 ISBN: 978-4-906992-52-2

  • 薬剤学実験法必携マニュアル

    関 俊暢 他 (担当: 共著 )

    南江堂  2014年04月 ISBN: 978-4-524-40306-6

  • DDS製剤の開発・評価と実用化手法

    芦澤一英他 (担当: 共著 )

    技術情報協会  2013年03月

  • みてわかる薬学 図解薬剤学

    森本雍憲、関俊暢他 (担当: 共著 )

    南山堂  2012年08月 ISBN: 978-4-525-77835-4

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Sugar-responsive smart materials based on phenylboronic acid and cyclodextrin

    Yuya Egawa, Tomohiro Seki, Ryotaro Miki, Toshinobu Seki

    Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry   94 ( 1 ) 1 - 10   2019年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Cyclodextrin.“Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds”

    Yuya Egawa, Toshinobu Sek

    Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds     233 - 239   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

  • Measurement of Diffusion Coefficient of Chemicals.“Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds”

    Toshinobu Seki, Ryotaro Miki

    Skin Permeation and Disposition of Therapeutic and Cosmeceutical Compounds     377 - 384   2017年  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   共著

  • 糖応答性インスリンリリースシステムを指向した超分子ナノマシン

    江川祐哉、関 俊暢

    YAKUGAKU ZASSHI ( 日本薬学会 )  133 ( 12 ) 1287 - 1295   2013年12月

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

  • 人工高分子膜を用いた経皮吸収の実験について

    関 俊暢

    COSME TECH JAPAN ( じほう )  3 ( 10 ) 41 - 45   2013年10月

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 薬物の溶解状態の動的変化を組み込んだ消化管吸収シミュレーションシステムの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 刺激応答性ロタキサンナノ粒子を用いたタクロリムスの皮膚内動態制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  関 俊暢

    刺激応答性ロタキサンナノ粒子を用いて、免疫抑制剤であるタクロリムスの皮膚内動態を制御する。

  • ハイブリット型人工皮膚モデルの構築とそれを用いたタクロリムスの皮膚内動態の解析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

    ハイブリット型人工皮膚モデルを構築し、それを用いてタクロリムスの皮膚内動態を解析して、タクロリムス経皮適用の適正化を行う。

  • タクロリムスの皮膚適用後の皮膚内動態と表皮構造の関係に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2008年04月  -  2011年03月 

    タクロリムスの皮膚適用後の局所濃度と全身への移行の関係と、それに影響を及ぼす皮膚環境の関係を明らかにするために、人工皮膚組織モデルの構築を行い、in vitroにおいて詳細な検討を行う。

  • 呼吸器系感染症の治療及び予防を目的とした肺細胞へのドラッグデリバリーシステム

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月 

    抗菌薬を肺組織、特に肺胞マクロファージに効率的に送達するための薬物担体としてのリポソームの有用性に関して種々の検討を行った。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ワクチンデリバリーシステムに関する研究

    提供機関:  民間財団等  伊藤医薬学術交流財団

    研究期間: 2005年04月  -  2006年03月 

  • 薬物皮膚適用後の皮内および皮下移行動態解析への定量的マイクロダイアリシスの利用

    提供機関:  民間財団等  秋山記念生命科学研究助成金

    研究期間: 2004年07月  -  2005年07月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 製剤の胃排出の制御が可能なin vitro消化管モデルの設計

    関 俊暢、塚越 良太、秋元 祐佳里、大野 由依、細谷 治

    第139回日本薬学会年会  2019年03月  -  2019年03月    回日本薬学会

  • 卒業時アンケートに基づく、学びにおける状況の確認と問題点の抽出

    関 俊暢、秋元 祐佳里、細谷 治、上田 秀雄、一色 恭徳、大嶋 繁、坂本 武史、夏目 秀視、小林 大介

    第3回日本薬学教育学会大会  (東京都品川区)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学教育学会

  • 新モデル・コアカリキュラムに従う学びの過程のルーブリックを用いた継続的な評価

    秋元 祐佳里、細谷 治、上田 秀雄、一色 恭徳、大嶋 繁、坂本 武史、夏目 秀視、小林 大介、関 俊暢

    第3回日本薬学教育学会大会  (東京都品川区)  2018年09月  -  2018年09月    日本薬学教育学会

  • ビニル基修飾 γ-シクロデキストリンと N-イソプロピルアクリルアミドを用いたスライドリング架橋ゲルの調製

    鈴木 好真、小林 由希、小島 裕、三木 涼太郎、関 俊暢、江川 祐哉

    日本薬学会第138年会  (金沢)  2018年03月  -  2018年03月   

  • ブロック共重合体とシクロデキストリンから形成される複合粒子に関する研究

    久保田 亮翔、小林 由希、江川 祐哉、三木 涼太郎、関 俊暢

    日本薬学会第138年会  (金沢)  2018年03月  -  2018年03月   

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    薬剤学演習

  • 2017年04月
    -
    継続中

    薬剤学特論

  • 2017年04月
    -
    継続中

    薬剤学特論演習

  • 2016年04月
    -
    継続中

    物理化学A

  • 2012年04月
    -
    継続中

    物理化学B

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    見てわかる薬学 図解薬剤学 改訂6版

  • 2018年09月
     
     

    新モデル・コアカリキュラムに従う学びの過程の ルーブリックを用いた継続的な評価

  • 2018年09月
     
     

    卒業時アンケートに基づく, 学びにおける状況の確認と問題点の抽出

  • 2017年04月
    -
    継続中

    ルーブリック作成指導

  • 2015年04月
    -
    継続中

    授業ノート評価

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
      水田記念図書館館長   (その他の主要活動)

  • 2019年04月
    -
    継続中
      YY教育評価委員会   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    継続中
      薬学部施設管理委員会   (部局内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      薬学教育自己点検評価委員会   (部局内委員会)

  • 2013年04月
    -
    継続中
      教務部委員会   (全学委員会)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年05月
    -
    継続中

    日本薬剤学会   代議員

  • 2009年04月
    -
    2019年03月

    薬学教育協議会   関東地区調整機構ワークショップ大学委員

  • 2009年04月
    -
    2018年03月

    薬学教育協議会   物理化学系教科担当教員会議メンバー

  • 2008年05月
    -
    2018年05月

    日本薬剤学会   評議委員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 埼玉県立小児医療センター治験審査委員会外部委員

    2018年09月
    -
    現在

  • 鶴ヶ島市図書館協議会

    2016年10月
    -
    現在